牛荘作戦

日清戦争の戦闘

牛荘作戦(ぎゅうそうさくせん)は、日清戦争の戦闘である。

牛荘作戦
Battle of Niuzhuang.jpg
右田年英浮世絵
戦争日清戦争
年月日1895年3月4日
場所遼寧省牛荘(現在の営口
結果:大日本帝国陸軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 Flag of China (1889–1912).svg
指導者・指揮官
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 野津道貫 Flag of the Qing Dynasty (1889-1912).svg 劉坤一
戦力
19000人 60000人
損害
戦死105人 戦死1,880人、捕虜698人
日清戦争

概要編集

野津道貫第1軍司令官は、遼陽平原の清国軍の掃討作戦実施を大本営に具申した。当初は認められなかったが、その許可が与えられた。第1軍は牛荘に進出し営口占領を計画した。

1895年3月2日、第5師団第3師団鞍山站に到着し体勢を整えた。

3月4日、第3師団は耿家庄子から、第5師団は三道崗から牛荘を攻撃した。清国軍は激しく抵抗し、牛荘城内での市街戦が行われた[1]。午後5時頃に戦闘が終結し、3月6日、牛荘は日本軍によって占領された[1]

なお、牛荘は日清戦争において市街戦の行われた唯一の町である[1]

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

  • 海野福寿 『集英社版 日本の歴史18 日清・日露戦争』集英社、1992年11月。ISBN 4-08-195018-0 
  • 原田敬一『日清戦争』戦争の日本史19、吉川弘文館、2008年。
  • 檜山幸夫『日清戦争 - 秘蔵写真が明かす真実 』講談社、1997年。