メインメニューを開く

牧村(まきむら)は、かつて岐阜県安八郡に存在したである。

牧村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 安八町大垣市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
安八郡
面積 2.13km2.
総人口 1,530
(1955年)
隣接自治体 岐阜県大垣市
安八郡名森村輪之内町
牧村役場
所在地 岐阜県安八郡牧村牧字善根分1720-22
 表示 ウィキプロジェクト

村内に揖斐川が流れている。西岸が馬瀬地区(現・大垣市馬の瀬町)、東岸が牧地区(現・安八町牧)であり、両地区は牧の渡しで結ばれていた。

歴史編集

  • 江戸時代末期、美濃国安八郡牧村は犬山藩領であった。
  • 1884年(明治17年) - 牧村と馬瀬村で組合役場を開設。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制により、牧村が発足。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 牧村、馬瀬村と合併し、牧村が発足。
  • 1948年(昭和23年)9月7日 - 牧地区と馬瀬地区とで境界線を変更。揖斐川の中央が両地区の境界線となる。
  • 1948年(昭和23年)10月1日 - 馬瀬地区が大垣市に編入される。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 名森村結村と合併し、安八村が発足。同日牧村廃止。

学校編集

関連項目編集