メインメニューを開く

牧野儀成

牧野 儀成(まきの のりなり、慶長11年(1606年) - 万治3年3月5日1660年4月14日))は、江戸時代旗本牧野康成の三男。石高5000石。成儀とも伝わる。通称は帯刀。官位は従五位下、美濃守。のちに越中守。兄に牧野忠成(長兄)・牧野秀成(次兄)。姉妹に昌泉院(長姉、福島正則継室)・永昌院(次姉、松浦隆信正室)・慶台院(妹、家臣・牧野正行室)・馨香院(末妹、家臣・牧野正成室)。室は朝倉在重の娘。子に成長成貞重成成次松前泰広室・永井正元室・筒井政勝室。

寛永5年(1628年書院番となり、寛永18年(1641年小姓組頭、寛永21年(1644年)書院番頭となる。遺領は没後、長男成長が3000石を継ぎ、二男成貞が2000石の分知をうけた。成長はやがて罪を得て絶家した。しかし成貞は、館林藩徳川綱吉の家老となり知行3000石となり、綱吉が5代将軍に就任すると加増されて諸侯に列した。