メインメニューを開く

狩野 孝信(かのう たかのぶ、元亀2年11月25日1571年12月11日) - 元和4年8月30日1618年10月18日))は、安土桃山時代狩野派の絵師。通称右近。狩野永徳の次男で狩野光信の弟。息子は狩野探幽狩野尚信狩野安信。確証ある遺品は少ないが、時代の転換期にあって狩野派を支えた功労者といえる。

目次

略歴編集

京都出身。幼名は宰相。織田信長の家臣・佐々成政の娘を妻に迎えたと伝える。天正18年(1590年)20歳の時、父永徳が亡くなると兄光信を補佐したが、光信が慶長13年(1608年)に亡くなると、その遺児狩野貞信を当主に据えつつ事実上狩野派の中心となって活躍した。孝信は狩野派の支持層である武士階級のみならず、朝廷の後援を得て禁裏絵師となり、右近将監従六位)に叙し絵所預に任じられた。慶長18年(1613年)の内裏造営では総帥として活躍し、この時描いた現存最古の「賢聖障子」等は現在仁和寺に伝わっており、孝信の基準作とされる。

 
後陽成院像

この時期は政権が豊臣家から徳川家に移ろうとする過渡期に当たっていた。孝信あるいはその周辺の人物は、狩野派の本拠地で朝廷のある京都は孝信自身があたり、大阪の豊臣氏には豊臣と縁故の深い門人の狩野山楽狩野内膳を配置、更に宗家の貞信と自身の長男探幽を江戸幕府へ売り込むという三方面作戦をとり、権力がどこに移っても狩野派が生き残るよう万全を期した。元和4年(1618年)48歳で没す。墓は京都妙覚寺池上本門寺、法名は円大院孝信日養。

画風は父永徳譲りの力強い筆法に加え、兄光信の華麗さ・温和さを折衷し、後の探幽様式の基礎的な線質を準備した画家であったといえる。人物の面貌描写や衣文線、岩の皴法などが彫りが深いのが特徴である。

代表作編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款 印章 文化財指定 備考
賢聖障子 絹本著色 全20面 賢聖・大:269.6x92.5(各)
賢聖・小:183.6x92.5
獅子・狛犬:195.8x94.2(各)
松:200.0x86.1(各)
仁和寺 慶長19年(1614年 重要文化財2010年指定)
牡丹図襖 紙本金地著色 4面 178.1x91.5(各) 仁和寺 慶長19年(1614年)
唐人物図屏風 紙本金地著色 二曲一隻 142.0x138.9 仁和寺 慶長19年(1614年)
後陽成院 絹本著色 1幅 107.2x60.2 泉涌寺 17世紀初め 「狩野」朱文重郭長方印・「孝信」朱文壺印 重要文化財
羅漢 絹本著色 2幅 172.8x87.8(各) 東福寺 慶長16年-元和4年(1611-1618年) 重要文化財 同じ東福寺にある伝明兆筆「五百羅漢図」の補作。軸裏の墨書銘によると、五百羅漢図はかつての戦乱で散逸、後に大半が戻ったものの2幅だけは失われたままになっていた。そこで後陽成院が孝信に命じて補わせ、寄進したという。図様は同寺所蔵の「五百羅漢図下絵」からの借用でほぼ同寸であるが、人物描写などは孝信風である。
高僧像 絹本著色 1幅 125.5x58.3 個人 「狩野」朱文重郭長方印・「孝信」朱文壺印 像主については久留米高良山第46代座主・尊能とする説もあるが確証はない[1]
洛中洛外図屏風 紙本金地著色 六曲一双 富山勝興寺 重要文化財
唐船・南蛮船図屏風 紙本金地著色 六曲一双 155.6x361.0(各) 九州国立博物館
唐船図腰屏風 紙本金地著色 二曲一隻 栃木日光東照宮 徳川家康遺愛の品と言われる
唐人物・花鳥図衝立 紙本著色 1対4面 高台寺
唐美人唐子図 襖4面 京都・光隆寺
蟠竜図 南禅寺法堂 慶長11年(1606年)
琴棋書画仙人図襖 紙本金地著色 4面 アメリカ]]・シアトル美術館
桐鳳凰図屏風 紙本金地著色 八曲一双 林原美術館
三十六歌仙図額 紙本著色 36面 徳川美術館 元和4年(1618年)

無落款作品編集

これらは無落款ながら、正統的な画風と確かな力量を感じさせる名品で、人物表現の共通性から同一画工の作であることは明白である。近年の研究では筆者を孝信に当てる説が有力だが、孝信の基準作である賢聖障子の人物表現とやや距離があることから異論もある[3]

脚注編集

  1. ^ 佐賀県美術館編集・発行 『企画展 近世の肖像画』 1991年10月9日、pp.11,45。
  2. ^ 重要文化財指定名称は「紙本著色名所風俗図」
  3. ^ 成澤勝嗣 『もっと知りたい 狩野永徳と京狩野東京美術<アート・ビギナーズ・コレクション>、2012年、66-68頁。ISBN 978-4-8087-0886-3

参考文献編集

展覧会図録