メインメニューを開く
南蛮人渡来図(右隻)神戸市立博物館
南蛮屏風(部分) リスボン国立古美術館 本図は内膳の落款はあるが、描法が異なり別人の作とされる

狩野 内膳(かのう ないぜん、元亀元年(1570年) - 元和2年4月3日1616年5月18日))は、安土桃山時代江戸時代初期の狩野派の絵師。内膳は号、名は重郷(しげさと)。通称は久蔵、幼名は九蔵。法名は一翁、或いは一翁斎。息子は日本初の画伝『丹青若木集』を著した狩野一渓風俗画に優れ、「豊国祭礼図」「南蛮屏風」の作者として知られる。

目次

略歴編集

荒木村重の家臣、一説に池永重元の子として生まれる。天正6年(1578年)頃、根来密厳院に入ったが、のち還俗して狩野松栄に絵を学んだ。『丹青若木集』では「我が家の画工となるは頗る本意にあらず」と述懐しており、主家が織田信長に滅ぼされて、仕方無しに絵師となった事情が窺える。天正15年(1587年)18歳で狩野氏を称することを許され、同時期豊臣秀吉に登用され、以後豊臣家の御用を務めた。文禄元年(1592年狩野光信らと共に肥後国名護屋城の障壁画制作に参加、翌年にはそのまま長崎に赴いている。この時の視覚体験が、「南蛮屏風」の細やかな風俗描写に生かされているのだろう。後に豊臣秀頼の命で「家原寺縁起」の模写をしている。大坂の役の翌年、豊臣氏の後を追うように亡くなった。

内膳の画系は江戸時代になっても、表絵師・根岸御行松狩野家として幕末まで続き、国絵図制作を得意とした。旧主の遺児岩佐又兵衛は内膳の弟子とも言われるが、確証はない。また、水墨花鳥画・人物画などでは同時代の絵師海北友松の影響が見られる。

   
豊国祭礼図 豊国神社蔵


代表作編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
平敦盛 絵馬1面 兵庫須磨寺 天正18年(1590年 神戸市指定文化財
豊国祭礼図屏風 紙本著色 六曲一双 京都豊国神社 慶長11年(1606年 重要文化財
南蛮人渡来図(南蛮屏風)[1] 紙本金地著色 六曲一双 神戸市立博物館 重要文化財。内膳の落款を持つ南蛮屏風はこの他に、川西家旧蔵本、文化庁保管本、リスボン国立古美術館本、近年関西で発見されたアメリカ個人蔵本の5点確認されている。その中でもこの神戸市博本は、文化庁本に比べやや省略が認められるものの全体的に傑出した完成度を持ち、内膳自身の関与が想定される。
南蛮人渡来図(南蛮屏風)[2] 紙本金地著色 六曲一隻(左隻) 文化庁九州国立博物館寄託 バイエルン王国ループレヒト王太子が明治36年(1903年)に来日した際、京都で入手した作品 王はドイツに持ち帰り、ミュンヘンのヴィッテルスバッハ家補償基金の所蔵となり、平成13年(2001年)日本に里帰りした。右隻が失われているものの、貿易と宗教モチーフの数は5点の中で最も多く、原典に最も近い作品だと考えられる。
南蛮人渡来図(南蛮屏風) 紙本金地著色 六曲一双 個人(日本) 慶長年間後半期 款記「狩野内膳筆」(右隻第6扇)/「狩野」(左隻第1扇)
印文不明朱印(「内膳」白文方郭壺印か)
出石藩小出家伝来、川西家旧蔵。細部に写し崩れがあるが、文化庁本から想定される原典を大きく改変したことに意義が認められ、画の質は神戸市博本に次ぐことから、内膳自身が制作に関与したと考えられる。
禅宗祖師図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 京都・常栖寺
山水人物花鳥貼交屏風 紙本墨画 六曲一双 114.9x45.0(各) 板橋区立美術館 孤岫宗峻賛

脚注編集

参考資料編集

論文