メインメニューを開く
狩野山楽像 伝木村香雪筆 京都国立博物館蔵

狩野 山楽(かのう さんらく、永禄2年(1559年) - 寛永12年8月19日1635年9月30日)は、安土桃山時代江戸時代初期の狩野派の絵師。狩野山雪養子

目次

経歴編集

浅井長政の家臣・木村永光の子光頼として近江国蒲生郡に生まれる。母は伝承では益田氏。のちの林鵞峰は「佐々木氏の末裔か」と記している。父・永光は余技として狩野元信に絵を習っていた。

浅井氏織田信長によって滅ぼされてからは豊臣秀吉に仕え、秀吉の命により狩野永徳の養子となり狩野姓を名乗る。山楽はこの時、武士の身分を捨てることを躊躇し多くの役職を務めたという。天正年間には、安土城障壁画や正親町院御所障壁画(現南禅寺本坊大方丈障壁画)の作製に加わる。永徳が東福寺法堂天井画の制作中に病で倒れると、山楽が引き継いで完成させた。このことから、永徳の後継者として期待されていたことが伺える(天井画は明治時代に焼失し現存しない)。以後、豊臣家の関係の諸作事に関わり、大阪に留まって制作に励んだ。豊臣氏には淀殿をはじめとして浅井氏旧臣が多く、山楽が重く用いられたのも、浅井氏に縁のある山楽の出自が理由だと思われる。慶長末年には大覚寺宸殿障壁画制作に腕をふるっている。

あまりに豊臣家と深く関わったため、大坂城落城後、豊臣方の残党として嫌疑をかけられてしまい、男山八幡宮松花堂昭乗の元に身を隠した。その後、九条家の尽力もあり、山楽は武士ではなく一画工であるとして恩赦を受け助命される。九条家との繋がりは以後代々受け継がれ、幕末まで続くことになる。駿府の家康に拝謁、京都に戻り徳川秀忠の依頼で四天王寺の聖徳太子絵伝壁画などを制作した。長男・光教(孝)が早世したため、門人・狩野山雪を後継者とした。晩年は筆力の衰えを隠せず、弟子に代作させることもしばしばであった。

狩野探幽(永徳の孫)らが江戸に移って活動したのに対し、山楽・山雪の系統は京に留まったため、「京狩野」と称される。 永徳様式を継承した大画様式に優れた才能を魅せ、雄大な構図を持つ作品が多い。それらは永徳画に比べると装飾性豊かでゆったりとした構成を取る。こうした方向性は、後の絵師達に強い影響を与えた。

380年の間、謎とされてきた山楽の息子、伊織「狩野山益」であるが、知恩院塔頭良正院本堂(重要文化財)襖絵を描いていた事が近年判明した。大阪芸術大学五十嵐公一教授の調査による。福岡市美術館所蔵の源氏物語屏風に狩野伊織と署名、山益の落款。画風の一致。これにより同一人物である事が確定した。

 
龍虎図屏風


代表作編集

 
牡丹図襖(大覚寺宸殿障壁画)
 
牡丹図襖(大覚寺宸殿障壁画)
重要文化財
これら屏風は、同じく妙心寺にある海北友松の屏風と一括して、通称「妙心寺屏風」と呼ばれる。一般的な屏風絵と比べて縦に25cm弱ほど大きいのが特徴である。これらは落款がなく、寺伝では友松筆とされていたが、土居次義の研究により山楽筆だと明らかにされた。
 
紅梅図襖(大覚寺宸殿障壁画)
  • 大覚寺宸殿障壁画 (京都・大覚寺
    • 山楽筆とされるのは、宸殿にある金碧画の紅梅図8面(紅梅の間)と牡丹図18面(牡丹の間)、正宸殿にある水墨画の山水図16面(御冠の間)と松鷹図13面(鷹の間)
  • 正伝寺方丈障壁画 楼閣山水図(京都・正伝寺
  • 養源院障壁画 (京都・養源院
  • 聖徳太子絵伝 全17面 (大阪・四天王寺元和9年(1623年)
  • 鷙鳥図襖絵 (個人蔵) 六曲一双 紙本墨画
  • 犬追物図屏風 (文化庁) 六曲一双 紙本金地著色
  • 松図(旧天球院方丈仏壇壁貼付) (京都国立博物館) 9面 紙本金地着色 寛永8年(1631年
  • 車争図東京国立博物館) 四曲一隻 紙本著色
その他
  • 黄石公張良・虎渓三笑図屏風[1][2] (東京国立博物館) 六曲一双 紙本金地著色
  • 帝鑑図押絵貼屏風[3] (東京国立博物館) 六曲一双 紙本墨画
  • 西湖図襖 (サントリー美術館) 8面 重要美術品 黒田侯爵家旧蔵
  • 繋馬図絵馬 (滋賀・海津天神社) 2面 寛永2年(1625年) 京都国立博物館寄託
  • 花鳥図屏風 (フリーア美術館) 六曲一双
  • 牧場図屏風 (ギリシャ国立コルフ・アジア美術館) 六曲一双 元和年間
  • 羯鼓催花図屏風 (ボストン美術館) 六曲一双 紙本金地著色
  • 二十四孝図屏風[4] (ボストン美術館) 六曲一隻 紙本金地墨画

参考資料編集

  • 『週刊アーティスト・ジャパン第45号 狩野山楽』 同朋舎出版、1992年
  • 土居次義編『日本の美術172 山楽と山雪』至文堂、1980年

関連項目編集