メインメニューを開く

狩野 永敬(かのう えいけい、寛文2年(1662年) - 元禄15年9月18日1702年11月7日))は、江戸時代前中期に活動した狩野派絵師京狩野家3代目狩野永納の長子で、永敬は4代目。息子は5代目となる狩野永伯、弟に狩野永梢。本姓は藤原、通称は縫殿助、求馬。号に仲簡子・幽賞軒、松陰子。

目次

略伝編集

狩野永納の子として京都に生まれる。貞享元年(1684年)6月末頃家督を譲られ、当主が名乗る縫殿助を称す。父祖と同様に九条家と深く繋がり、九条家から養子に入った二条綱平に伺候、綱平を介し尾形乾山とも交流した。更に、『桂宮日記』(宮内庁書陵部蔵)で頻繁に登場し、ときの当主京極宮文仁親王に気に入られていたとわかる[1]。下記のような本格的な作品を描く他に、『本朝孝子伝』の挿絵も手掛けている。しかし、元禄15年に41歳で急逝。墓所は泉涌寺。弟子に高田敬輔など。

温雅な大和絵風の作品もあるが、代表作の実相院の障壁画では狩野永徳山楽山雪ら先祖への回帰し、よりマニエリスティックな画風を展開してる。その肥痩を強調したうねるような墨線の使用は、弟子の敬輔、その弟子の曾我蕭白へと受け継がれた。

作品編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
朝鮮人行列図巻 ニューヨーク公共図書館 1682年(天和2年)頃
鮮通信使屏風 ハーバード大学サックラー美術館 1682年(天和2年)頃 右隻:款記「狩野求馬永敬図之」
左隻:款記「狩野求馬永敬仲簡筆」
共に天和2年(1682年)の朝鮮通信使を描いたものか
三十六歌仙 大阪市立大学森文庫 1690年(元禄3年)
花鳥図襖・群仙図襖 紙本著色 襖8面壁貼付2面・襖12面壁貼付2面 実相院 それぞれに款記「狩野永敬筆」/「意在筆先」朱文円印 金泥は後補か[2]
四季花鳥図屏風(十二ヶ月花鳥図屏風) 紙本金地著色 六曲一双 137.5x363.6(各) 東京国立博物館 款記「狩野縫殿助永敬筆」/「意在筆先」朱文円印・「永敬」朱文鼎印 父・永納の「十二月花鳥図」(三宝院白書院棚障子)を再構成した作品[3]
十二ヶ月歌意図屏風 紙本著色 六曲一双押絵貼 63.7x31.9(各) 京都府京都文化博物館 1694年(元禄7年)以前 一月に款記「狩野永敬筆」/各図に「永敬」朱文壺印 「畠山匠作亭詩歌」を絵画化。和歌は一条冬経ら12名の寄合書き[4]
鳥類和歌画巻 萬野美術館旧蔵 1701年(元禄14年)以前
花鳥図屏風 紙本金地著色 六曲一双 151.6x360.0(各) 宮内庁京都事務所 桂宮伝来。『桂宮日記』元禄13年2月21日条の記述から、本作品は狩野永徳筆「檜図屏風」(東京国立博物館蔵)を元に制作されたとする説がある[5]
秋草図屏風 紙本金地著色 六曲一双 97.7x267.6(各) 個人[6][7] 「狩埜」白文長方印 「狩埜」白文長方印は父永納が使っていた印
竹林七賢図屏風 紙本金地著色 八曲一隻 170.1504.0 個人
天神図 荻野美術館(倉敷市

脚注編集

  1. ^ 五十嵐公一 「狩野永伯について 京狩野家の存続と維持」『藝術文化研究』第22号、大阪芸術大学大学院芸術研究科、2018年2月13日。
  2. ^ 土居(1992)p.125。
  3. ^ 五十嵐(2010)。
  4. ^ 京都文化博物館学芸課編集 『近世京都の狩野派展』 京都文化博物館、2004年9月18日、第33図。
  5. ^ 太田彩 「近世宮廷美の担い手とその底力 ―旧桂宮家伝来の作品を通して―」京都国立博物館編著 『特別展覧会 御即位二十年記念 京都御所ゆかりの至宝―蘇る宮廷文化の美―』 京都新聞社 NHK NHKプラネット、2009年1月10日。
  6. ^ 白畑よしほか 『時代屏風聚花』 紫紅社、1900年、第40図。
  7. ^ 山下善也編集 『狩野派の世界―図録別冊―』 静岡県立美術館、2003年3月31日、第15図。

参考文献編集

論文
  • 土居次義 「実相院の狩野永敬」『美と工芸』No.159、京都書院、1970年3月
  • 五十嵐公一 「狩野永敬の研究」『鹿島美術財団年報 別冊』No.18、2001年11月、pp.11-23
  • 五十嵐公一 「九条幸家と京狩野家」『兵庫県立歴史博物館紀要 塵界』第17号、2006年2月28日、pp.53-68
  • 五十嵐公一 「御室御記の中の尾形乾山と狩野永敬」『兵庫県立歴史博物館紀要 塵界』第20号、2009年3月3日、pp.3-10
  • 蒲田大輔 「作品紹介 関地蔵院本堂天井画―狩野永敬と十八世紀初頭の京狩野家について―」『学習院大学人文科学論集』No.19、学習院大学大学院人文科学研究科、2010年10月31日、pp.65-94
  • 遠藤楽子 「東京国立博物館所蔵狩野永敬筆 十二ヶ月花鳥図屏風考―四季花鳥図の江戸時代前期における展開例として」『東京国立博物館紀要』第53号、2018年3月31日、pp.59-113
単行本

関連項目編集