メインメニューを開く

猪俣津南雄

猪俣 津南雄(いのまた つなお、明治22年(1889年4月23日 - 昭和17年(1942年1月19日)は、日本経済学者マルクス経済学労農派の論客の一人。

経歴編集

新潟県新潟市生まれ。長岡中学早稲田大学専門部卒業。1915年に渡米、ウィスコンシン大学などに留学。帰国後、早稲田大学講師。翌年結成された日本共産党に入党するが、検挙され、早大も辞職。再建後の共産党には、見解の相違から入党しなかった。後に日本大衆党に入党するが、山川均らと対立して除名される。

在野の学者として、農業問題を中心に論文を発表し続ける。

人民戦線事件で検挙されるが、腎臓炎悪化のため執行停止。1942年に死去。

アメリカ留学中に知り合ったベルタ・ゲールと結婚するが、のちに離婚。『婦人公論』編集者であった大塚倭文子と再婚する。倭文子は猪俣没後に高野実と再婚し、高野孟津村喬の兄弟を儲ける。

著書編集

  • 『金融資本論』(1925年)
  • 『踏査報告 窮乏の農村』(改造社、1934年、後に岩波文庫、1982年)
  • 『農村問題入門』(1937年)

外部リンク編集