メインメニューを開く

概要編集

 
玉虫沼と玉虫姫物語

応永年間1394年1427年につくられた、山形県内最古のため池であり現在も120haの灌漑用水として使用されている。

岬には笠松の名がつけられた樹齢300年以上のアカマツがあり、沼のシンボルとなっていると共に、玉虫姫を祀る玉虫大明神がある。(玉虫の民話[2]参照。)

釣りのスポットとしても知られており周辺には≪山辺町玉虫沼農村公園「かほりの広場」≫として、ラベンダー、オオヤマザクラが植えられ、また、せせらぎ公園などのレクリエーション施設が整備されている。また、ニッコウキスゲヒメサユリスイレン等の自生地であり、池にはメダカも生息・生育している。

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集