メインメニューを開く

山形県道49号山形山辺線

日本の山形県の道路

山形県道49号山形山辺線(やまがたけんどう49ごう やまがたやまのべせん)は、山形県山形市から東村山郡山辺町に至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
山形県道49号標識
山形県道49号 山形山辺線
主要地方道 山形山辺線
総延長 24.2 km
起点 山形市旅篭町
県道19号交点【地図
終点 東村山郡山辺町畑谷
県道17号交点【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道19号標識
山形県道19号山形山寺線
Japanese National Route Sign 0112.svg 国道112号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道18号標識
山形県道18号山形朝日線
Japanese National Route Sign 0458.svg 国道458号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道271号標識
山形県道271号下原山形停車場線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道17号標識
山形県道17号山形白鷹線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

山形市中心市街地を起点に西へ向かい、山形市街地を東西に横断して山辺町畑谷の山形県道17号山形白鷹線に接続する総延長24.2kmの路線である[1]。起点付近で国道112号と接続するほか、山辺町では国道458号とは、交差重複する区間がある。

路線データ編集

歴史編集

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道山形山辺線と県道細谷山辺線が山形山辺線として主要地方道に指定される[2]
  • 2015年(平成27年)3月27日:山形市内表地内(吉野宿工区)のバイパスの一部(0.2km)を暫定2車線にて供用開始[3]

路線状況編集

山形市内表 - 鮨洗間は、幅員が狭小で線形も悪く、特に冬季期間は堆雪帯も無いため交通の支障となっていることから、平成19年度より計画4車線 / 暫定2車線のバイパス道路の整備が進められており、同市内表の国道112号から延長240m区間が平成26年度に一部供用されている[1]。このバイパスが完成すれば、延長上で接続する山形県道174号大野目内表線と合わせて、山形市内を東西に横断する一本道の街路となる予定である[1]

道路施設編集

  • 鮨洗大橋(須川、山形市鮨洗 - 山辺町山辺)

重複区間編集

  • 国道112号(山形市相生町 - 山形市城北町)
  • 国道112号(山形市江俣 - 山形市陣場間)
  • 国道458号(東村山郡山辺町山辺 地内)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 村山総合支庁村山道路課. “主要地方道山形山辺線【吉野宿工区】 (PDF)”. 山形県. 2015年7月25日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  3. ^ 山形県県土整備部道路整備課 (2015年2月27日). “山形県道路開通情報”. 山形県. 2015年7月25日閲覧。

関連項目編集