メインメニューを開く
琉球列島高等弁務官の紋章

琉球列島高等弁務官(りゅうきゅうれっとうこうとうべんむかん、:High Commissioner of the Ryukyu Islands)は、琉球列島米国民政府高等弁務官である。1957年6月5日より従来の民政長官・副長官制から、高等弁務官になった。1972年5月15日に沖縄が日本に復帰(沖縄返還)したことにより廃止された。

高等弁務官はアメリカ合衆国大統領の承認を得て、国防長官が現役アメリカ陸軍将官から任命した(全6代が偶然、中将だった)。高等弁務官の権限は強大で、しばしば琉球政府の施策に介入したが、逆にそれが沖縄住民の反発を買い、復帰運動は激化していった。

職務権限編集

歴代高等弁務官編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集