メインメニューを開く

田中 光(たなか ひかる、1972年7月19日 - )は日本のタレント・元体操選手流通経済大学教授。博士(学校教育学)

目次

人物編集

和歌山県田辺市出身。清風高校筑波大日本体育大学大学院修了。身長:164cm。

1996年アトランタオリンピックに出場し平行棒においてオリジナル技「TANAKA」(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:難度F)を発表し認定されている。本人はこの技に「ヒカルX」と命名したが、協会から却下されたというエピソードがある。

1997年に引退した[1]が、1998年に現役復帰したものの[1]、1999年に再び引退した[1]。その後タレント活動のほか洗足学園短期大学客員教授、流通経済大学教授として幼少児教育・健康教育・介護予防などをテーマとした研究、指導を行っている。また最近では芸術性を追求した身体表現GYM-ARTSなる創作ダンスを発表し、オペラや舞台にも挑戦するなど多彩な活動を行っている。2007年11月9日に元エアロビック選手の宮田芳美と結婚することを発表した。

2019年、塚原千恵子に代わり、日本体操協会女子強化本部長に就任することが決まる[2]

略歴編集

主な成績編集

テレビ編集

書籍編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集