日本 > 近畿地方 > 京都府 > 京都市 > 左京区 > 田中馬場町

田中馬場町(たなかばばちょう[1])は、京都府京都市左京区の町名郵便番号は606-8206[1]

歴史編集

田中馬場町出身の部落解放運動家・朝田善之助は、「生まれたところは京都府愛宕郡田中村字西田中。田中村には本村の東田中のほかに百万遍、関田、上柳、大堰、高野、それに西田中と7つの字があった。西田中がいわゆる部落で、古くは川崎村といった。いまは京都市左京区田中馬場町という。」と述べている[2]

1907年ごろ、町内に町有の共同浴場ができた[2]。1907年には戸数253戸、人口1587人で、非常に貧しく、瓦葺きの家は3分の1もなくて便所は共同だった[2]

高野川と加茂川で砂利をとる「バラス採取業」をしている人の多くは親方にやとわれた人夫だった[2]。青物行商と人力車夫も多かった[2]。皮革の仕事は少なくて皮革の仕事をしていた人は裕福だった[2]。皮革の仕事をやっていたのは早瀬商店など3軒だった[2]

行政編集

経済編集

産業編集

店・企業
  • アイバサイクル
  • 井上土建
  • 竹村酒店
  • 御蔭製作所
商工業

地域編集

警察編集

施設編集

宗教
暮らし
  • 養正市営住宅
  • 京都市立養正浴場
  • 小規模多機能 ようせいの家(小規模多機能型居宅介護
公園
  • 養正児童公園(希望の広場)

出身・ゆかりのある人物編集

  • 朝田善之助部落解放運動家) - 部落解放同盟中央本部委員長。1902年、京都府愛宕郡田中村字西田中(現在の京都市左京区田中馬場町)生まれ[2]1971年、10階建ての市営改良住宅が建って移るまで、朝田はずっと生まれた家に住んでいた[2]
  • 和田藤吉(屋) - 寺町二条で靴屋をひらいた[2]。長いあいだ詩をやっており「詩の先生」として知られた[2]

脚注編集

  1. ^ a b 郵便番号・住所 京都府京都市左京区田中馬場町 キョウトシサキョウクタナカババチョウ日本郵便公式サイト。2020年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『新版 差別と闘いつづけて』3 - 20頁。
  3. ^ 『帝国信用録 第30版』京都府ハ12頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年6月11日閲覧。

参考文献編集

  • 帝国興信所編『帝国信用録 第30版』帝国興信所、1937年。
  • 朝田善之助『新版 差別と闘いつづけて』朝日新聞社、1979年。