メインメニューを開く

田村隆信

田村 隆信(たむら たかのぶ、1978年3月15日 - )は、日本競艇選手。徳島支部所属、登録番号4028。徳島県出身。徳島県立阿南工業高等学校卒。

田村隆信
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県
生年月日 (1978-03-15) 1978年3月15日(40歳)
身長 171cm
体重 55kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 徳島支部
登録番号 4028
登録期 85期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1999年11月19日
SG優勝 3
GI/PGI優勝 11
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

目次

来歴編集

小さな頃より図工やプラモデル作りが好きで、中学生の時には機械系の仕事に就きたいと思っていた。高校卒業後、約2年間建設器機の修理の仕事をしていたが、当時付き合っていた彼女の父親に「競艇選手になれよ」と勧められ、一緒に見に行った丸亀競艇場総理大臣杯で優勝戦を制した西島義則の姿を見て競艇選手に憧れを持ち、深く考えずに受験したところ合格。本栖研修所に入所する10日前に付き合っていた彼女と入籍。本栖ではずば抜けたセンスを見せ、リーグ戦勝率1位、85期卒業記念競走では1号艇にも関わらず大外6コースを選び優勝し本栖チャンプとなる。競艇学校始まって以来初の快挙となった。

1999年11月19日に地元鳴門競艇場でデビュー[1]、初出走で初勝利(2走目も1着)。2001年1月に初優勝。同年2月四国地区選手権でGI初出場にして初優出を決めた。2002年8月モーターボート記念でSG初優出。2003年新鋭王座決定戦に初出場し、開会式の選手紹介で「今回で、最初で最後の王座にしたいと思います」と公言し、公言通り優勝。登録番号4000番台初のGI優勝とともに自身初の戴冠、また新鋭リーグ戦卒業となった。これはデビューしてからわずか3年2ヶ月のことで、この3年2ヶ月間に新鋭リーグ戦には10節しか出場しておらず、その間にSG・GIに16節も出場している。更に、その年の宮島チャンピオンカップを制すると、翌2004年8月オーシャンカップで登録番号4000番台初のSG初優勝を飾る。その勢いで11月のSG競艇王チャレンジカップも制した。さらに登録番号4000番台初の賞金王決定戦に出場した。

同期(85期)には井口佳典高沖健太三重県)、坂谷真史(故人)(福井県)、湯川浩司丸岡正典大阪府)、山本隆幸廣瀬将亨兵庫県)、田口節子清水敦揮岡山県)、佐々木裕美山口県)、森高一真香川県)、興津藍徳島県)、松江秀徳佐賀県)とA1級の選手が多い。

同期の選手のうち、井口、湯川、森高、山本、丸岡、田口、興津はGⅠ覇者。7選手ともSGの舞台で活躍している。原田幸哉瓜生正義魚谷智之(SG覇者)、横西奏恵(GI覇者)など好選手ぞろいの76期と比べても遜色ないまでに成長した。

SG・GI・GII優勝編集

SG編集

  • 2004年8月2日 若松競艇場・オーシャンカップ競走
  • 2004年11月28日 児島競艇場・競艇王チャレンジカップ競走
  • 2011年11月27日 大村競艇場・チャレンジカップ

GI編集

  • 2003年2月2日 丸亀競艇場・新鋭王座決定戦競走
  • 2003年12月9日 宮島競艇場・GI宮島チャンピオンカップ開設49周年記念競走
  • 2008年11月16日 鳴門競艇場・GI鳴門モーターボート大賞
  • 2009年1月26日 尼崎競艇場・GI開設56周年記念 近松賞
  • 2009年2月5日 鳴門競艇場・GI第52回四国地区選手権競走
  • 2010年4月9日 丸亀競艇場・GI京極賞開設58周年記念
  • 2011年11月17日 江戸川競艇場・ダイヤモンドカップ
  • 2013年11月8日 丸亀競艇場・ダイヤモンドカップ
  • 2014年1月19日 唐津競艇場・GI全日本王者決定戦 開設60周年記念
  • 2017年2月25日 鳴門競艇場・GI第60回四国地区選手権競走
  • 2018年11月6日 若松競艇場・GI全日本覇者決定戦 開設66周年記念

※プレミアムG1は現在出場できない。

GII編集

  • なし

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集