メインメニューを開く

概要編集

1988年度よりグレード制が採用されており、以下に示す順で5段階にランク分けされる。なおGI・GII・GIIIの本来の数字表記はローマ数字である。

ランクは上位から

の順である。

上記の中でもSGやプレミアムGIは競艇のトップ選手が一堂に集うことで人気が高い。 2014年度からは、正式名称とは別に、海外でのテレビ放送などグローバル戦略の一環としてSGとプレミアムG1に英語名称を導入した。放送・新聞などのマスメディア媒体では引き続き正式名称を使用してプロモーションを行っていく(但し、SGのグランドチャンピオン決定戦、オーシャンカップ、チャレンジカップは正式名称と同じ)。またSG競走は四角形にSGと書かれ、上に(年号)シリーズ戦(賞金王決定戦は(年号)FINAL)と書かれたSGマーク、プレミアムG1は四角形にG1と書かれただけのG1マークが制定されている[2]

SG編集

SGとは、Special Grade(スペシャル・グレード)の略称である。グレード制導入以前は、鳳凰賞競走(総理大臣杯競走)・全日本選手権競走全国地区対抗競走(その後、笹川賞競走に)・モーターボート記念競走を総称して「四大特別競走」(その後、新設された賞金王決定戦を加えて「五大特別競走」)と呼んでいた。

参加資格は優先出走権を有する場合などを除き、原則としてA1級の競艇選手にしか与えられない。それゆえに全国から最上級レベルの選手が集まる競走である事を表し、中でも「賞金王決定戦」は賞金額が1億円と破格な事もあり、別格として扱われる。

開催日程・開催レース場等は、毎年6月(年によっては7月にずれる場合がある)頃の定例常任委員会で決定される。

各SGは各ボートレース場の持回り(各開催レース場の立候補制)で開催されている。

詳細については各競走のページおよびスペシャルグレードを参照のこと

GI (G1)編集

SGほど出場条件は厳しくないが、GIも全国のボートレース場から精鋭が集まる競走である。SGが全国から精鋭が集まるのに対し、GIは開催場地元の名手をやや重点的に斡旋する傾向がある。プレミアムGIはシニア・レディース・ヤングのチャンピオンとレディース版の賞金王決定戦の4レース、GIは各レース場・各地区のチャンピオンを決めるレースでもある。実力のある女子選手のGI斡旋が少ないことと各地区選手権の地区間のレベルの差がよく話題としてのぼる。なおGIはバトルチャンピオントーナメントのみ4日間開催、他は全て6日間開催である。

プレミアムGI (PG1)編集

次にあげる5競走はSGに準ずる規模の全国発売競走であるため、特に「全国発売GI」とも呼ばれていたが、2014年度からこれらの競走については他のGIと比べて格上に値するため「プレミアムGI」と呼称することになった[1]

プレミアムGIとはオートレースでの特別GIに相当する。

開催日程・開催レース場等は、上のSGと一緒に毎年6月(年によっては7月にずれる場合がある)頃の定例常任委員会で決定される。

SGおよびプレミアムGIでは、開催直前にはテレビ・ラジオCMやポスターなどで事前告知も多く行われる。SG・プレミアムG1のキャッチフレーズも参照。

詳細については各競走のページを参照のこと。

その他のGI編集

周年記念競走、ダイヤモンドカップ、高松宮記念特別競走の出場選手はA1級。52名の斡旋の場合は施行者希望選手21名、斡旋課提示選手31名でその内、1〜4名程度が新鋭対象選手が選ばれる。

廃止されたGI編集

GII (G2)編集

GIIは以下の5競走(年間9節)のみである。グレード分類の観点からすると極端に分類が偏っているため、グレード分類の再編成の必要性がしばしば話題に挙げられる。なおGIIは全て6日間開催である。出場資格はB級も出場可能であるレディースオールスター競走、全国ボートレース甲子園を除きA1・A2級[3]

廃止

GIII (G3)編集

  • オールレディース競走(GII以上の女子戦、ヴィーナスシリーズの開催の有無に関係なく、各場ごとに毎年度1回)
  • マスターズリーグ競走(満45歳以上のボートレーサーによる競走。年間10戦(2018年現在)。一般戦で行われていた匠シリーズをG3に格上げし年齢制限も48歳以上から45歳以上に緩和してリニューアル)
  • 企業杯競走[6](各場ごとに毎年度1回)
  • イースタンヤング・ウエスタンヤング(プレミアムGIのヤングダービーへのトライアル・東西同時期開催で年1回、7月開催)
廃止

一般戦編集

一般戦は開催期間が4〜7日間と流動的である。開催期間が長くなるほど上位選手が斡旋される傾向にあるが、4日間の開催に豪華なメンバーが呼ばれることもある。地元のトップレーサーはこのレベルのレースに出るとシリーズリーダーとなり優勝候補の本命となる。

なお「フライング休み」(フライングや出遅れのため、斡旋が一時停止される期間)を終えた選手の復帰戦は原則として一般戦となる。

上記のうち、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始のレースは地元の選手を大勢集めてレースを行う。地元の選手には普段一般戦に斡旋される機会が少ないトップレーサーも含まれるため、一般戦の中では一番華やかでかつ売上の大きいレースとなる。ボートレース平和島における東京ダービーなどが代表例。

ダブル優勝戦は各部門に分かれて予選から優勝戦までレースを行う、そのため1節で2人の優勝者が出る。

※各競走の開催予定については外部リンクの「BOAT RACE official web」を参照のこと。

年間日程編集

開催月 Special GRADE プレミアムGI 他の各レース
1 ファン感謝3day ボートレースバトルトーナメント
2 地区選手権
3 総理大臣杯(クラシック)  
4 競艇名人戦
(マスターズチャンピオン)
5 笹川賞(オールスター)
6 グランドチャンピオン決定戦
7 オーシャンカップ   イースタンヤング・ウエスタンヤング
全国ボートレース甲子園
8 モーターボート記念(メモリアル) 女子王座決定戦
(レディースチャンピオン)
9 ヤングダービー
10 全日本選手権(ダービー)
11 チャレンジカップ ボートレースバトルチャンピオントーナメント レディースチャレンジカップ
12 賞金王決定戦競走(グランプリ)
同時開催でグランプリシリーズ開催
賞金女王決定戦競走
(クイーンズクライマックス)
賞金女王シリーズ戦
(クイーンズクライマックスシリーズ)

ビッグレースのカラー編集

順番 タイトル名 正式名称 外枠 内枠
1 ボートレースクラシック 鳳凰賞競走 ゴールド レッド
2 マスターズチャンピオン 名人戦競走 ブロンズ グリーン
3 ボートレースオールスター 笹川賞競走 ゴールド ブルー
4 グランドチャンピオン グランドチャンピオン決定戦競走 シルバー イエロー
5 オーシャンカップ オーシャンカップ競走 シルバー イエロー
6 レディースチャンピオン 女子王座決定戦競走 ブロンズ ピンク
7 ボートレースメモリアル モーターボート記念競走 ゴールド ブラック
8 ヤングダービー ヤングダービー競走 ブロンズ グリーン
9 ボートレースダービー 全日本選手権競走 ゴールド ホワイト
10 チャレンジカップ チャレンジカップ競走 シルバー イエロー
11 ボートレースバトルチャンピオントーナメント ボートレースバトルチャンピオントーナメント競走 ゴールド グリーン
12 ボートレースグランプリ 賞金王決定戦競走 プラチナ ゴールド
13 クイーンズクライマックス 賞金女王決定戦競走 ブロンズ ピンク

2014年度からの格付け改正編集

先述のSGに準ずる全国規模発売GIを「プレミアムGI」と位置付けるほか、女子及び新鋭レーサー対象競走の見直しの観点から以下のとおり格付けが変更された[8]

女子競走編集

  • 賞金女王決定戦進出のステップとなるレディースチャレンジカップ競走をGIIとして新設。
  • 賞金女王決定戦と同日に行われる賞金女王シリーズ戦を一般競走からGIIIに格付けを昇格(これは2015年度より実施された)
  • オール女子戦の格付けは、一般競走からGIIIに昇格させる。
  • 女子リーグ戦競走の格付けは、GIIIから一般競走に降格させる(現在のヴィーナスシリーズの前身)。

新鋭競走編集

  • 新鋭王座決定戦を廃止し、ヤングダービーを新設。出走条件を「デビュー6年未満の選手」から「30歳未満の選手」に変更。なお、同競走には女子選手も出場可能とする。
  • ヤングダービーの出場権(各地区優勝者が出場権獲得)をかけた「イースタンヤング」と「ウエスタンヤング」を新設し、それぞれGIIIとして施行する(両競走には同じく女子選手の出場も可能)。
  • 新鋭リーグ戦の格付けは、ルーキーシリーズに改称の上、GIIIから一般競走に降格となるが、出走条件の「デビュー6年未満の選手」に変更はない(その後2017年度より6年以上であっても30歳未満であれば出場可能なオーバーエイジ枠が新設)。

脚注編集

外部リンク編集