メインメニューを開く

田谷 禎三(たや ていぞう、1945年3月5日[1] - )は日本経済学者立教大学経営学部国際経営学科特任教授。大和総研特別理事。元日本銀行政策委員会審議委員。

経歴編集

著作編集

単行本

  • (共編著)『Floating Exchange Rates and the State of World Trade Payments』(BeardBooks 2003)
  • (共著書)『世界経済図説』(岩波新書、2000年)
  • (共編著)『Exchange Rate and Trade Instability: Causes, Consequences and Remedies』(Ballinger Publishing Co.1983)
  • (共編著)『The Functioning of Floating Exchange Rates: Theory, Evidence and Policy Implications』(Ballinger Publishing Co.1980)

論文

  • 「Some Implications of the Asian Crisis: Liquidity Support, Capital Control, Exchange-Rate Stability and Financial Reforms」(CSIS Southeast Asia's Changing Landscape 1999)
  • 「Appreciation and International Capital Flow -Case Study of Japan」(Center for Japanese Studies WHU Koblenz Vallender Currency Appreciation and Structural Economic Change 1998)
  • 「国際資本フローの新しい状況と動向分析」(日本国際問題研究所 国際問題 1994年12月)
  • 「国際資本移動、為替市場、経常収支」(NIRA政策研究 2巻3号 1989年)

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.329

関連項目編集

外部リンク編集