田辺城(たなべじょう)は、和歌山県田辺市にかつて存在した日本の城。別名は錦水城(きんすいじょう)、湊村城湊城など。現在の田辺市街の西南端に位置し、会津川の河口左岸と海に隣接していた。遺構として石垣水門が残る。水門は田辺市指定史跡[1]

logo
田辺城
和歌山県
水門石垣
水門石垣
別名 錦水城、湊村城、湊城
城郭構造 平城
築城主 浅野知近
築城年 1606年
主な改修者 安藤直裕
主な城主 浅野知近、安藤氏
廃城年 1871年
遺構 石垣、水門
指定文化財 市指定史跡(水門)
位置 北緯33度43分44.0秒
東経135度22分41.4秒
地図
田辺城の位置(和歌山県内)
田辺城
田辺城

歴史編集

田辺には湯河氏時代の泊城、杉若氏時代の上野山城、浅野氏時代の洲崎城があったが、1605年慶長10年)に洲崎城が波浪によって破壊されたことを受けて、1606年(慶長11年)に浅野幸長家老浅野知近によって築かれた。1615年(元和元年)の一国一城令の後は改築して陣屋とされ、1619年(元和5年)までは氏重が城主であった。当時から城郭は整備されていたと考えられるが、『田辺町大帳』によると、同年に紀州徳川家が転封されて付家老の安藤直次が3万石を受領して田辺に入城した際には城がなく、旧家を宿としたともいう。これは前記の改築が続いていたためともされる。以降は明治時代まで安藤氏が城主を務め、与力同心の給禄を合せて3万8,800石の規模であった。

1791年寛政3年)に大島樫野浦(現・東牟婁郡串本町紀伊大島樫野埼)にアメリカ船が来航してから沿岸警備はより厳重になり、田辺城でも大規模な改修が行われた。『田辺沿革小史記事本末』には、1831年天保2年)の改修で、それまで竹垣で囲っていた塁上の柴垣に壁を設けて銃眼を穿った、記録がある。1863年文久3年)には外国船からの攻撃を恐れて下万呂(現・田辺市下万呂)に城の移築を決め、年末には工事に着手したが、翌年に工事延期を通達したまま取り止めになっている。1868年慶応4年)に16代目の安藤直裕紀伊田辺藩として独立し、翌1869年明治2年)には同心60名をその給禄とともに紀州藩に還付している。1871年(明治4年)の廃藩置県と同時に城は払下げられ、城郭は破却された。城跡には多くの民家が建てられ、錦水町(現在は上屋敷)という地名になっている。そのため、現在は一部の石垣と水門が残るだけである。

構造編集

1869年(明治2年)の田辺城図や『田辺要史』によれば、本丸には平屋造の表御殿、奥御殿、対面所など数十棟があった。二の丸には家老や用人、留役、奉行などの詰所などがある。南側の二の丸との間に土蔵があり、城門は東向きの長さ八間の楼門で、裏門が二の丸側に、水門は会津川側にあった。

城下町 編集

城が出来た当初は、六町(本町・袋町・紺屋町・船町・長町・江川)のみであったとされているが、中辺路大辺路の玄関口(口熊野)であった為交通も増え、東向きに町が増えていった(新町)。町が増えた結果、熊野古道で迷う人が居る為、道標や道分け石が置かれた(本町・北新町に残る)。

周辺には色々な町が形成されて町名も付いた(網屋町、吹屋町、土場町、海蔵寺町、本正寺町、七軒町、追込町、代官町、堀丁(町))が、現在も住所に町名が残る町は田辺祭笠鉾を出す町のみである。

  • 本町:田辺城が出来た際、初めて町割された町。田辺の町の中心となり、明治維新後、田辺県が置かれた際も役場などが建てられた。
  • 袋町:現在の福路町(読みは同じ)。町の形状が袋状になっており敵が攻めてきた際、逃げれない事からこの名が付いたとされる。多くの魚屋が集まった。現在もかまぼこ屋が残る。
  • 紺屋町:染め物屋(紺屋)が集まった事からの町名。
  • 船町:後の下片町・上片町(現在の片町)。和歌山県道210号線沿いには田辺城の外堀があり、筋の片側のみ町になった(向かいの城側は現在、上屋敷1丁目であるが、会津川付近は片町)。
  • 下長町:元の長町、現在の栄町。1870年(明治3年)に上長町と合併。
  • 上長町:元の長町、現在の栄町。1870年(明治3年)に下長町と合併。
  • 北新町:栄町より北へ伸びた町(熊野古道)。
  • 南新町:北新町より南へ伸びた町。現在の宮路通り(闘鶏神社まで)も明治3年までは南新町だった(現在は下屋敷町)。
  • 江川:唯一の漁師町である。田辺城が出来るより前の上野山城・洲崎城の城下町。対岸へ田辺城ができてからも江川は城下町とされた。

所在地編集

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集