メインメニューを開く

畑中 好彦(はたなか よしひこ、1957年4月20日 - )は、日本の実業家アステラス製薬代表取締役社長CEOを経て、同社代表取締役会長日本経団連審議員会副議長、日本製薬工業協会会長。

人物編集

静岡県生まれ。静岡県立静岡高等学校を経て、1980年一橋大学経済学部を卒業して藤沢薬品工業に入社。大阪医薬情報担当者を経験したのち、1992年から3年間アメリカ合衆国駐在。青木初夫米国法人社長を説得し、医師への医療情報提供のための組織を設立するなどし、サンド(現ノバルティス)の独占状態を崩してプログラフ(タクロリムス)の販売を進めた。1995年からはドイツヨーロッパにおけるプログラフの販売網を構築。2003年から経営企画部長を務め、メガ・ファーマに伍すための山之内製薬との合併準備委員会で藤沢薬品工業側の責任者を務めた。アステラス製薬発足後は、アステラスUS社長や最高財務責任者を務めた[1]

2011年アステラス製薬社長に就任。M&Aにより2015年3月期には、純利益で初めて業界首位の武田薬品工業を超えた[2]。また主力製品の特許切れの中、がん領域への投資などで、新薬の開発を行い、2012年から販売を開始した「イクスタンジ」が2015年までに年商1000億円を達成した[3][4]。2016年3月期には過去最高益を達成。同年5月から日本製薬工業協会会長[5]。2017年3月に日本取締役協会主催のコーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2016を受賞し、伊藤邦雄審査委員からは「ガバナンスが根付いている」と評価された[6]

経歴編集

脚注編集

  1. ^ 2017年11月14日日経産業新聞2頁
  2. ^ 「アステラス合併10年、利益で武田超えへ 分野選別効く」日本経済新聞2015/2/3
  3. ^ 週刊東洋経済2011年9月3日号
  4. ^ 「アステラス製薬、合併10年で得た手応え」東洋経済オンライン2015年03月27日
  5. ^ [1]日経ビジネスオンライン2016年12月2日
  6. ^ 「【コーポレートガバナンス 変革の時】(4-3) (3/3ページ)」SankeiBiz2017.3.17
  7. ^ 「経団連副議長にサントリー・新浪氏、セブン・井阪氏ら 」2018/3/11 18:30日本経済新聞


先代:
野木森雅郁
アステラス製薬社長
2011年 - 2018年
次代:
安川健司
先代:
多田正世
日本製薬工業協会会長
2016年 - 2018年
次代:
中山讓治