メインメニューを開く
木曾街道六拾九次 番場(歌川広重画)

番場宿(ばんばしゅく、ばんばじゅく)は近江国坂田郡にあった中山道の62番目の宿場で、現在は滋賀県米原市番場。

飛鳥時代に「東山道」と呼ばれた頃以来の宿場。江戸時代慶長16年(1611年)、番場宿から米原までの切通しと米原港が開設され、中山道から湖上水運に乗り換えて京都へ結ぶ近道への分岐点となった。

目次

特徴編集

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、番場宿の宿内家数は178軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠10軒で宿内人口は808人であった。

最寄り駅編集

史跡・みどころ編集

  • 石造道標「米原 汽車 汽船 道」明治年間建立
  • 番場宿石碑
  • 蓮華寺 - 寺伝では聖徳太子の建立と伝える古寺。忠太郎地蔵尊、梵鐘(国の重要文化財)などがある。
鳥居本宿までの史跡・みどころ
  • 磨針峠(摺針峠) 望湖堂[1]

ゆかりの人々編集

隣の宿編集

中山道
醒井宿 - 番場宿 - 鳥居本宿

脚注編集