メインメニューを開く
 
白川資訓
Shirakawa Sukenori.jpg
白川資訓
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保12年11月15日[1]1841年12月27日
死没 明治39年(1906年12月7日[1]
改名 資訓王→白川資訓
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 白川伯王家
父母 父:資敬王
兄弟 資訓白川資義白川雅好
三条西幾子(三条西季知の五女)
白川資長
テンプレートを表示

白川 資訓(しらかわ すけのり)は、幕末公家、明治期の華族子爵

経歴編集

山城国京都で、右近衛権中将資敬王の長男として誕生[1][2]。旧名・資訓王[3]

嘉永2年3月29日1849年4月21日)に元服し昇殿を許される[1][3]嘉永4年8月14日1851年9月9日)神祇伯に就任[1][3]安政元年(1854年内裏焼失の際に神鏡を奉遷し孝明天皇より賞された[1]。同年12月18日1855年2月4日)侍従を兼ね、安政4年5月15日1857年6月6日)右近衛権少将を兼ねた[1][3]元治元年8月29日1864年9月29日)右近衛権中将に進んだ[1][3]

慶応4年1月17日1868年2月10日)神祇事務科が設けられ神祇事務総督に就任[1][4]。同年2月20日(1868年3月13日)参与神祇事務局補となる[1][4]。さらに議定、神祇事務局督を務めた[1][4]。明治2年6月1日1869年7月9日)神祇制度の改変により神祇伯が廃止され、伯王の称号も自然消滅した[5]。同年7月8日(8月15日)神祇大副に就任[1][4]。以後、神祇官出仕、神祇大掌典、大掌典、式部寮七等出仕兼大掌典、式部寮御用掛などを歴任し宮中祭祀に携わり、1873年11月3日、式部寮御用掛を免じられ退官した[1][4]

1884年7月8日、子爵を叙爵した[6]

栄典編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『明治維新人名辞典』515-516頁。
  2. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、763頁。
  3. ^ a b c d e 『公家事典』746頁。
  4. ^ a b c d e 『百官履歴 上巻』350-351頁。
  5. ^ 『公家事典』742頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第5234号「叙任及辞令」1900年12月11日。

参考文献編集

  • 修史局編『百官履歴 上巻』日本史籍協会、1928年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
白川家初代
1884年 - 1906年
次代:
白川資長