白昼夢 (江戸川乱歩)

白昼夢』(はくちゅうむ)は、江戸川乱歩の短編小説。

目次

概要編集

新青年1925年7月号に『小品二篇 その一 白昼夢』の題で掲載された。

小酒井不木から屍蝋の作り方を聞いたことと当時流行っていた、ショーウィンドーに蝋細工の人体模型を展示し、チェーン展開していた薬局を結びつけて本作を創作した。読者の反応は好評だった[1]

あらすじ編集

晩春の蒸し暑い日、が道を歩いていると、ある男の演説を群集が笑いながら聞いているのを目撃する。男の演説内容に興味を持った私が男の話に耳を傾けると、それはおそろしい殺人の告白だった。男は浮気性の妻を殺害して、遺体を長期間、水に漬け、屍蝋にしたという。男は「店の中に妻の死体を展示しているので見てみろ」という。男は薬屋の主人だった。私が薬屋に入って店内の人体模型を見てみると、模型は確かに人間の死体だった。私は驚いて店から飛び出すが、群集は誰も薬屋の話を真に受けず、警官すら笑いながら話を聞いていた。

登場人物編集

何の目的もなく道を歩いている時に薬屋の男の演説に遭遇する。
薬屋の主人
群集に殺人を告白しているのだが、誰からも相手にされていない。

収録編集

光文社文庫『江戸川乱歩全集第1巻 屋根裏の散歩者』(2004年)

脚注編集

  1. ^ 光文社文庫『江戸川乱歩全集第1巻 屋根裏の散歩者』(2004年)のp436 - 437、p679。

外部リンク編集