メインメニューを開く

屋根裏の散歩者』(やねうらのさんぽしゃ)は、江戸川乱歩短編小説

概要編集

博文館の探偵小説雑誌『新青年』で、1925年大正14年)の8月増刊号に掲載された。同年大正14年の6月[1]大阪府北河内郡守口町(現在の守口市)の自宅で執筆された作品である[2]

乱歩は1917年(大正6年)に鳥羽造船所電機部(現シンフォニアテクノロジー)に就職したがこの時会社をサボって社員寮押し入れに隠れて寝ていた経験と、守口町の自宅の屋根裏に侵入し徘徊した経験から着想を得た[2]。乱歩は当初庶務課へ配属されたが、技師長が乱歩を気に入り本来の業務ではなく地域交流の仕事に回され、無断欠勤してもとがめられないなど自由に行動していたという[3]

乱歩は本作について、「種切れで随分苦しんだ余りの作で、書き上げて了った時はペチャンコになってしまって、もう俺は駄目だと悲しんでいたのが、案外好評で、またいい気になって次の小説を書き出したという思出があります」と語っている。本作執筆当時、乱歩の父親が末期の喉頭癌に罹っており、三重県山中の行者祠を治癒嘆願にすがり、祠のそばの空家を買って夫妻で住み込んでいて、乱歩は時折この家に通って親の世話をしていた。執筆に詰まっていた乱歩は締め切り日にちょうどこの家に来ていて、古畳に腹ばいになって結末を書いた。「間に合わせなメチャメチャなものだった」と述懐している。

当初本作は、乱歩が温めていた「天井裏に潜んだ犯罪者が節穴から発砲して殺人を成功させる」という推理小説のトリックが原案となっている。が、論理的に無理があり、実用にならないと放置していたが、「種のない苦しまぎれに、あきらめ悪くネチネチと考えていたら、徐々に変形して結局『屋根裏』が出来上がった」という。この案と、自身が鳥羽造船所勤めだったころに会社をサボって押し入れに隠れ、天井裏の散歩を妄想していたことを結び合わせることで、乱歩は本作を書く気になった。大阪に住まいを移した乱歩は、自宅の屋根裏を実際に覗いてみて、その光景を半時間も楽しんだという。平林初之輔からは「自分の家の天井裏を歩き回って、その体験談を小説にした作家なんて、古今東西に例がないだろう」と、不思議な作家であることを強調されたといい、乱歩自身も「古い読者の記憶に残っている作品の一つだから、私の代表作の短編集には、いつも入れている」と語っている。「西洋の住居には屋根裏がないだろう」との判断で、乱歩は本作を英訳短編集には加えなかった。

本作で殺人手段として節穴から毒薬を垂らす手法が描かれるが、節穴と被害者の口とが垂直線上につながる状況の説明が難しく、これは乱歩も「困ったところ」と述懐しており、各方面から批難と助言を受けたという。また甲賀三郎からは作中の塩酸モルヒネの量では致死量に足りないと指摘を受けている[4]

あらすじ編集

郷田三郎は学校を出ても定職に就かず、親の仕送りを受けて暮らしている。酒、女をはじめあらゆる遊戯に興味を持てず、この世が面白くなく退屈な日々を送り、下宿を転々としていた。 ここで郷田は友人の紹介で素人探偵の明智小五郎と知り合い、「犯罪」に興味を持つようになる。浅草公園で、戯れに壁に白墨で矢印を描き込んだり、意味もなく尾行してみたり、暗号文をベンチに置いてみたり、また労働者や乞食、学生に変装してみたりしたが、ことさら女装が気に入って、女の姿できわどい悪戯をするなど、「犯罪の真似事」を楽しみ始めた。

3カ月ほどして「犯罪の真似事」にも飽きた頃、郷田は新築の下宿屋、「東栄館」に引っ越した。明智と知り合ってから1年以上が過ぎ、郷田は再び空虚な時間を持て余していた。ある日郷田は偶然に、押し入れの天井板を外して屋根裏に入れることに気付く。その日から、郷田の「屋根裏の散歩」が始まった。屋根裏は各部屋の仕切りがなく、節穴から同宿人たちの私生活が筒抜けだった。郷田は他人の秘密の盗み見にすっかり夢中になってしまう。 ある日、郷田は虫の好かない歯科医助手の遠藤が節穴の真下で口を開けて眠っているのを見ているうちに、遠藤がかつてモルヒネで心中を図ったと語っていたのを思い出し、節穴からモルヒネを垂らして遠藤を毒殺することを思いつく。 遠藤の部屋からモルヒネを盗み出した郷田は、実行を迷っているうちに、節穴の真下に口が来る場合はむしろ少ないことに気付き思いとどまるものも、毒薬を持ったまま遠藤の動静を探り続ける。 その後、再度節穴と口が一直線上に並ぶ場面に出くわした郷田はモルヒネを遠藤の口に落とし殺害、節穴から瓶を落として穴を塞ぎ、遠藤の死は自殺として処理される。

3日後、明智が遠藤の事件を調べに東栄館を訪れる。 明智は自殺するつもりの遠藤が目覚ましをかけていたこと、几帳面な遠藤がモルヒネの瓶を雑に扱っていたこと、遠藤の死んだ日から郷田が煙草を吸わなくなったことをもって、もともと犯罪嗜好のあった郷田が遠藤を殺したものと推理する。 屋根裏から登場し、架空の証拠によって郷田に自白させた明智は、郷田がもう自首を決めているから警察には知らせないと言って去る。 モルヒネの瓶が煙草入れに落ち、中身が煙草にこぼれたところを見ていた郷田は、そのため無意識に煙草嫌いになっていたのだった。

映画化編集

1970年版編集

キャスト
スタッフ

1976年版編集

江戸川乱歩猟奇館
屋根裏の散歩者
The Watcher in the Attic
監督 田中登
脚本 いどあきお
製作 結城良煕
伊地智啓
出演者 宮下順子
石橋蓮司
音楽 蓼科二郎
撮影 森勝
編集 井上治
製作会社 日活映画
配給   日活
公開   1976年6月12日
上映時間 76分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

タイトルは『江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者』配給は日活日活ロマンポルノの一作である。

キャスト
スタッフ


1994年版編集

キャスト
スタッフ

2007年版編集

タイトルは『エロチック乱歩 屋根裏の散歩者』。製作は円谷エンターテインメント

キャスト
スタッフ

2016年版編集

屋根裏の散歩者
監督 窪田将治
脚本 窪田将治
製作 重村博文
河野正人
山口幸彦
佐伯寛之
出演者 木嶋のりこ
間宮夕貴
撮影 西村博光
編集 窪田将治
制作会社 FAITHentertainment
制作協力:クラスター
製作会社 キングレコード
FAITHentertainment
クラスター
公開   2016年7月23日
上映時間 113分
製作国   日本
言語 日本語
前作 失恋殺人D坂の殺人事件
テンプレートを表示

同名タイトルで、2016年7月23日から8月5日までシネマート新宿にて公開。「江戸川乱歩エロティックシリーズ」の第3弾として映画化。主演は木嶋のりこ間宮夕貴[7]R18作品[8]

スタッフ
キャスト


テレビドラマ編集

シリーズ・江戸川乱歩短編集編集

NHK BSプレミアムにおいて、2016年1月24日(日)23:20~23:50放送。

概要

『D坂の殺人事件』『心理試験』『屋根裏の散歩者』の初期作を連続してドラマ化した第3作。

シリーズは基本的に原作小説をそのまま朗読、俳優が台詞部分を演じる形式で、そのため「最も原作に忠実」を謳い文句にしている。

明智小五郎は三作ともに女性である満島ひかりが演じている。『D坂』の和服から『心理試験』の洋装と変化した明智は、本作ではよりスタイリッシュな制服になり、髪も蓬髪ではなくストレートである。犯人役の郷田三郎には、プロの俳優ではない柔道家・篠原信一が起用された。

スタッフ
キャスト:

テレビアニメ編集

漫画編集

山口譲司作。
  • 『漫画 屋根裏の散歩者』 (電書バト 平成30年2月発行 電子書籍のみ)

   泉こうてん作。

収録編集

関連作品編集

江戸川乱歩が1928年(昭和3年)に発表した作品。謎の猟奇小説家大江春泥の小説「屋根裏の遊戯」として、本作がセルフパロディとして登場。作中でも主人公による「屋根裏の散歩」が描かれる。

脚注編集

  1. ^ 乱歩『自作自註』「あの作この作楽屋噺」(昭和4年7月)
  2. ^ a b 荒正人による解説 江戸川乱歩傑作選. 新潮文庫. p. 298. ISBN 978-4101149011. 
  3. ^ 江戸川乱歩とシンフォニア(その1) - シンフォニアテクノロジー
  4. ^ 『探偵小説講話』(昭和10年)
  5. ^ エロチック乱歩 屋根裏の散歩者”. 2011年12月8日閲覧。
  6. ^ 屋根裏の散歩者”. 日本映画データベース. 2011年12月8日閲覧。
  7. ^ “オールヌードで激しい濡れ場!木嶋のりこ&間宮夕貴がセクシー競演”. シネマトゥデイ. (2016年6月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0083494 2016年6月10日閲覧。 
  8. ^ “江戸川乱歩エロティックシリーズ第3弾『屋根裏の散歩者』、7月23日から公開決定”. Real Sound. (2016年6月10日). http://realsound.jp/movie/2016/06/post-1921.html 2016年6月10日閲覧。 

参考文献編集

  • 『江戸川乱歩全集 屋根裏の散歩者』(光文社文庫)

外部リンク編集