小酒井 不木(こさかい ふぼく、1890年10月8日 - 1929年4月1日)は、日本医学者随筆家翻訳家推理作家犯罪研究家[1]。別名は鳥井零水。医師で順天堂大学名誉教授の小酒井望は長男。

小酒井 不木
Kosakai Fuboku.jpg
誕生 小酒井光次
1890年10月8日
愛知県海東郡新蟹江村(現・海部郡蟹江町
死没 (1929-04-01) 1929年4月1日(38歳没)
職業 医学者随筆家翻訳家推理作家犯罪研究家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 医学博士
最終学歴 東京帝国大学大学院
活動期間 1923年 - 1965年
代表作 『疑問の黒枠』(1927年)、『闘争』(1935年)
子供 小酒井望(長男、医師)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

医学者として生理学血清学の研究で国際的な業績を上げており、また医学的知識を生かした探偵小説・評論・随筆を執筆して探偵小説の大衆化に貢献したとされる。まずは雑誌『新青年』などに犯罪文学研究や殺人論などを発表し、続いて『人工心臓』や『恋愛曲線』や『疑問の黒枠』や『闘争』などの探偵小説を創作した。

経歴編集

 
小酒井不木生誕地碑

幼少期・青年時代編集

1890年(明治23年)10月8日、愛知県海東郡新蟹江村(現・海部郡蟹江町大字蟹江新田)の地主の家に長男として生まれた[2]。本名は小酒井光次(こさかいみつじ)。父親は小酒井半兵衛であり、村長や郡会議員も務めた人物である[2]

1895年(明治28年)には新蟹江尋常小学校(現・蟹江町立新蟹江小学校)に入学[2]。幼少の頃から新蟹江尋常小学校に遊びに行っており、一般的な就学年齢より2年早い4歳6か月で入学している[2]。1899年(明治32年)には蟹江尋常高等小学校(現・蟹江町立蟹江小学校)に入学し、1902年(明治35年)に高等小学校を修業した[2]。1902年(明治35年)には愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)に入学し、1907年(明治40年)に中学校を卒業した。1907年(明治40年)には第三高等学校(現・京都大学)に入学し、1910年(明治43年)に第三高等学校を卒業した[2]。1911年(明治44年)には東京帝国大学医科大学(現・東京大学医学部)に入学[2]。在学中の1911年(明治44年)には京都日出新聞に処女小説『あら浪』を連載している[2]

医学者として編集

1914年(大正3年)には東京帝国大学医科大学を卒業し、同年12月には東京帝国大学大学院に入学して生理学血清学を専攻した。生理学の教授は永井潜、血清学の教授は三田定則だった[3]。三田は犯罪学の権威でもあり、不木や同窓生らはのちに『犯罪学雑誌』の創刊に尽力している[3]。25歳だった1915年(大正4年)1月、愛知県立第一高等女学校(現・愛知県立明和高等学校)の教師である鶴見久枝と結婚した。久枝は海部郡神守村(現・津島市)の地主の娘である。同年には『生命神秘論』を発表しているが、機械論が全盛の生理学会において現象そのものとしての人間をとらえようとした点が重要である[3]。不木と同様に医学と文学の双方で活躍した人物としては、医師であり探偵小説家でもある正木不如丘、皮膚科教授であり詩人でもある木下杢太郎などがいる[3]

1915年(大正4年)12月には肺炎を病み、片瀬海岸や森が崎に転地療養している。1916年(大正5年)前年の発病から半年後に快癒し、再び研究に従事。1917年(大正6年)12月、27歳で東北帝国大学医学部衛生学助教授に任じられる。文部省より衛生学研究のため海外留学を命じられ、渡英した。1919年(大正8年)、長男・望が生まれた。渡英後、ロンドン喀血に襲われ、ブライトン海岸に転地療養。小康を得ていったんロンドンに戻った。

1920年(大正9年)、春にフランスパリに渡った。再び喀血し、南仏で療養。小康を得て帰国。11月に神戸に帰国。10月に東北帝国大学医学部衛生学教授就任の辞令を受けているが、病のため任地に赴けず、長男を親元に預け、愛知県津島市の妻の実家で静養した。

1921年(大正10年)、医学博士の学位を取得した。『東京日日新聞』に『学者気質』を連載するが、篇中にあった「探偵小説」の一項が、前年創刊された探偵雑誌『新青年』(博文館)編集長森下雨村の目に留った。森下は不木に手紙を書き、不木も「喜んで寄稿し、今後腰を入れて探偵文学に力を注ぎたい」と返書。1924年(大正13年)には木下杢太郎が愛知医科大学皮膚科学教授となり、名古屋市において不木と木下を中心とした一種のサロンが形成された[3]

随筆家・探偵小説家として編集

不木は医学研究の傍らで、随筆の執筆や海外探偵小説の翻訳などを行って探偵小説の普及に貢献した。31歳だった1915年(大正4年)12月には『学者気質』を刊行。1922年(大正11年)に東北帝国大学を退職。静養に努める。『毒及毒殺の研究』を連載。1923年(大正12年)の関東大震災後の10月、親子三人で愛知県名古屋市中区御器所町に新築転居。文筆に専念。『殺人論』『西洋犯罪探偵譚』の執筆、スウェーデンの大衆小説作家サミュエル・オーギュスト・ドゥーゼの『夜の冒険』を翻訳連載。『犯罪と探偵』を刊行。

1924年(大正13年)12月、『子供の科学』で少年探偵小説『紅色ダイヤ』連載開始。『西洋医談』『科学探偵』『殺人論』を刊行。1925年(大正14年)には創作活動を始め、『呪はれの家』[4]のほか『画家の罪?』『按摩』『虚実の証拠』『遺伝』『手術』などを発表、『犯罪文学研究』を連載。10月より結成された大衆文芸作家の同人「二十一日会」に参加。『三面座談』『近代犯罪研究』『趣味の探偵談』を刊行。1926年(大正15年)、『人工心臓』『恋愛曲線』『メデューサの首』などを発表。『闘病術』『少年科学探偵』『犯罪文学研究』を刊行。長女生まれる。1927年(昭和2年)、『疑問の黒枠』を連載。1928年(昭和3年)1月、自宅隣地に研究室を建て、血清学の研究を始める。『恋魔怪曲』『好色破邪顕正』を連載。1929年(昭和4年)4月1日未明、39歳(数え年40歳)で急性肺炎のため死去。不木の死はラジオや新聞で大々的に報じられ、4月4日の葬儀には多数の参会者が詰めかけた。

同年5月に『闘争』が発表され、翌年10月にかけて『小酒井不木全集』(全17巻)が改造社から出版された。

人物編集

翻訳家、随筆家、探偵作家の他に、SFの先駆者とも言われる。東北帝国大学教授であり、医学博士でもある。当時、生理学の世界的な権威だった。帝大医学部の一年先輩に正木不如丘がいる。長男・望によると、生活は真夜中過ぎから暁方まで執筆し、昼頃まで寝るという夜型だった。

『毒及毒殺の研究』といった研究書も多数著しているが、これらは単なる通俗医学の紹介書にとどまらず、東西の文献伝説事実譚に加え、文芸、探偵小説の引用が豊富で、医学と文学の交渉を担う極めて啓蒙的な書となっている。

『新青年』に発表した作品群は医学に取材し、人体破壊のテーマが多く、陰惨さが濃いものとなっている。不木はフランスの作家モーリス・ルヴェルを愛好していて、冷酷な作風が似通っている。不木は「自分の作品が一部の人々に不快な感じを与えるのは、(人物の)取り扱い方があまりに冷たいからで、科学的なものの見方に訓練された結果、作中の人物に同情が持てないからだ」と語っている。

大正15年に甲賀三郎は「単純にトリックの面白さを追求した探偵小説」を「本格」と呼称した。平林初之輔は、江戸川乱歩をはじめ不木や横溝正史城昌幸は「精神病理的、変態心理的側面の探索に興味を持ち、異常な世界を構築しているから」と「不健全派」と呼んだが、のちにこれは同じく甲賀によって「変格」との名が当てられ、小酒井不木もこの「変格派作家」の一人に位置づけられた。

小酒井不木と横溝正史編集

江戸川乱歩が『二銭銅貨』を森下雨村に送った際に、雨村は不木にその判定を求め、不木がこれを絶賛し、「本邦初の探偵作家江戸川乱歩」を誕生たらしめたのは有名な話である。4歳上の不木は終世、乱歩を擁護し激励し続けた。乱歩出現後の日本探偵文壇を飛躍させるため、雨村は不木に、自分たちも筆を執ろうと声をかけ、大正13年から『子供の科学』で少年探偵小説『紅色ダイヤ』の連載を始めている。

横溝正史によると不木は「温厚にして篤実、几帳面なお人柄」で、「当時の『新青年』の編集長、森下雨村にとっても、「もっと畏敬すべき存在だったに違いない」と述べている。したがって雨村が『新青年』で『二銭銅貨』を発表するにあたって、不木に推薦文を求め、乱歩の処女作に箔をつけようとしたのも当然の配慮とし、「ここにおいて乱歩は兄事すべき恰好の人物を得て、それ以来乱歩は先生(不木)をもって、つねにおのれの精神的支柱としていたようである」と語っている。

横溝が名古屋にいた不木と初めて対面したのは、大正14年のことだった。1月に当時は大阪にいた江戸川乱歩が恩人である不木を初訪問し、そのあと「関西探偵趣味の会」を結成。10月下旬にこの「関西探偵趣味の会」会員で、神戸の薬剤師だった横溝を誘って上京の途上、突然「汽車を途中下車して小酒井さんの所へ寄ろう」と言い出し、横溝も「フラフラッと」乱歩に連れられ途中下車し、「フラフラッと小酒井先生の所へお伺いした」という。

10月31日、当時23歳の横溝は乱歩とともに、胸の病と闘いながら毎月膨大な原稿を消化していたという不木に面会した。その姿は「うちになみなみならぬ闘志をひめていられたのだろうが、一見温厚そのものであった」といい、「私もいままでいろんな人とつきあってきたが、小酒井先生のような温顔の持ち主には、いまだかつて接したことがない」とその容貌を評している。

不木の「謹厳にして端麗なその温顔」は、ひとたび笑うとなんともいえぬ愛嬌のある顔になり、その笑いが終わるともとの謹厳な顔にかえる、その変化が実にクッキリとして、「こちらをヒヤリとさせるようなものがそこにあった」という。このとき不木に「横溝君は乱歩君みたいな人に可愛がられて仕合わせですね」と言われた横溝は、「先見の明もさることながら、先生は私みたいな無名の書生っぽにむかっても、そういう丁重な口のきき方をなさるのだった」と、その人となりを述懐している[5]

作品リスト編集

4桁の数字は刊行年。

著書編集

  • 『生命神秘論』小酒井光次 洛陽堂 1915
  • 『西洋医談 附・不木軒随筆』小酒井光次 克誠堂書店 1924
  • 『学者気質』洛陽堂 1921
  • 『科学探偵』春陽堂 1924
  • 『三面座談』京文社 1925
  • 『趣味の探偵談』黎明社 1925
  • 『小酒井不木少年科学探偵集 1 少年科学探偵』文苑閣 1926
  • 『死の接吻』聚英閣 1926
  • 『稀有の犯罪』大日本雄弁会 1927
  • 『疑問の黒枠』波屋書房(世界探偵文芸叢書) 1927 河出文庫 2017
  • 『闘病問答』春陽堂 1927
  • 『慢性病治療術』日本心霊学会 1927
  • 『医談女談』人文書院 1928
  • 『タナトプシス』内観社 1928
  • 小酒井不木全集』全17巻 改造社 1929
  • 『実験遺伝学概説』小酒井光次 春秋社 1929
  • 『恋愛曲線』春陽堂(日本小説文庫) 1932
  • 小酒井不木探偵小説全集』全8巻 本の友社 1992
  • 『人工心臓』国書刊行会(探偵クラブ) 1994
  • 『小酒井不木』博文館新社(叢書『新青年』) 1994
  • 『大雷雨夜の殺人』(春陽文庫) 1995
  • 『小酒井不木集』リブリオ出版(くらしっくミステリーワールド) 1997
  • 『怪奇探偵小説名作集1 小酒井不木集』 ちくま文庫 2002
  • 『小酒井不木探偵小説選』論創社 2004
  • 『少年科学探偵』真珠書院(パール文庫) 2013
  • 『小酒井不木探偵小説選Ⅱ』論創社 2017

研究書編集

  • 『殺人論』京文社 1924
  • 『近代犯罪研究』春陽堂 1925
  • 『犯罪文学研究』春陽堂 1927
  • 『毒及毒殺の研究』改造社 1929

翻訳編集

  • Arther F.Coca『過敏性』小酒井光次訳 南山堂書店 1921
  • ベートスン『メンデルの遺伝原理 附・実験遺伝学概論』世界大思想全集第38巻 春秋社 1928
  • ヅーゼ『スペードのキング・四枚のクラブー』世界大衆文学全集第19巻 改造社 1929
  • ドウゼ『夜の冒険」チエスタートン「孔雀の樹」世界探偵小説全集第8巻 平凡社 1931
  • ウイリアムス『謎の短刀』博文館 1939
  • ドウーゼ『生ける宝冠』博文館 1940
  • スミルノ博士の日記』(原作:サミュエル・オーギュスト・ドゥーゼ

脚注編集

  1. ^ 鮎川哲也『怪奇探偵小説集』1(双葉ポケット文庫、1983年)p.42、「死体蠟燭」著者紹介。
  2. ^ a b c d e f g h “特集 小酒井不木生誕130年”. 広報かにえ (蟹江町) (583). (2020-03). https://www.town.kanie.aichi.jp/img/pdf/koho_kanie_tokushu_2020_03.pdf 2021年4月22日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e 長山靖生「万有博士の20年代 医学、犯罪学、探偵小説、そして諸学の新しい波」(小酒井不木『殺人論』国書刊行会、1991年より)
  4. ^ 不木はこの『呪はれの家』を「処女作」と呼んでいる。
  5. ^ 「不如丘と不木」(横溝正史、『医家芸術』、昭和48年2月)

参考文献編集

外部リンク編集