メインメニューを開く

白柳 誠一(しらやなぎ せいいち、1928年6月17日 - 2009年12月30日[1] )は、カトリック教会司教枢機卿。カトリック東京大司教および教区長を長くつとめた。

枢機卿
ペトロ 白柳誠一
Petrus Seiichi Shirayanagi
カトリック東京大司教
教会 カトリック教会
大司教区 東京
着座 1970年2月21日
離任 2000年6月12日
前任 土井辰雄
後任 岡田武夫
聖職
司祭叙階 1954年12月21日
司教叙階 1966年5月8日
枢機卿任命 1994年10月30日
個人情報
出生 (1928-06-17) 1928年6月17日
日本の旗 東京都八王子市
死去 2009年12月30日(2009-12-30)(81歳)
日本の旗 東京都練馬区
出身校 上智大学、ウルバノ大学
紋章 白柳誠一の紋章
テンプレートを表示

目次

概説編集

東京都八王子市出身。洗礼名は「ペトロ」。1994年に日本人で4人目の枢機卿に親任された。濱尾文郎枢機卿の死去後、唯一の日本人枢機卿であった。世界宗教者平和会議日本委員会理事長、日本宗教連盟理事長などもつとめ、宗教対話や平和活動に熱心であった。


2009年12月30日午前6時45分、心筋梗塞により死去(帰天)。

略歴編集

脚注編集

外部リンク編集