白馬非馬(はくばひば)は、古代中国の学説。「白馬非馬説」「白馬は馬にあらず」とも呼ばれる。兒説公孫竜らによって唱えられた。

意味については諸説あり、中国古典の専門家のあいだでも定説が無い[1]。したがって未解決問題である[2]。この記事の内容も、あくまで数ある説の一種である。

論理学上、「白馬」と「馬」とは同一概念(同一意味)ではないことを主張した説とされる。さもない場合は、詭弁の論理とされる。

唱者編集

兒説編集

兒説の説によると、白とは色に名付けられた概念であり、馬とは形に名付けられた概念であるから、色と形という二つの概念が組み合わさってできた白馬と、形という一つの概念からできた馬は別物であると主張した。

兒説はこの説によって自分がその時属していた稷下の学士の他の学者たちを降参させたとされる。

韓非子』によれば、兒説が白馬に乗って関を通る時、馬には通行税がかけられていたため、役人は税を取ろうとした。しかし、兒説は白馬非馬説を唱えて税を免除されようとしたが、結局役人の方が引かず、税を取られてしまった。

公孫竜編集

公孫竜名家に属し、兒説より時代はやや遅れる。平原君の食客となった。

『公孫竜子』には、白馬を視覚で捉えるとき、「白い」という色彩が、「馬」という形に組み合わされて白馬になるが、もし視覚で捉える色彩を独立させて考えてみると「白馬」とは無意味な言葉である、と書かれている。

しかし陰陽家鄒衍が「そんな論理など在っても役に立たない」と否定し、平原君も次第に公孫竜を遠ざけてしまった。その後、彼の末路は不幸だった。

記号論理による解釈編集

20世紀中期の論理学者前原昭二は、〈白馬〉という概念を F、〈馬〉という概念を G で表すと、〈白馬は馬にあらず〉という言葉は以下の (1)~(4) の 4 通りに解釈できると説明した[3]

〈白馬は馬にあらず〉の解釈
# 論理式 日本語による解釈 説明
(1) x(F(x) → ¬G(x)) Fは必ずGではない Fは必ず「Gではない」
(2) ¬∀x(F(x) → G(x)) Fは必ずしもGではない Fは必ずG」ではない
(3) x(F(x) ⇄ ¬G(x)) FとはGでないということである Fとは「Gでない」ということである
(4) ¬∀x(F(x) ⇄ G(x)) FGとは異なる概念である FGとは同一概念ではない

そして、〈白馬は馬にあらず〉という言葉の解釈を上記の (1)~(4) の 4 通りに限った場合には、正しい命題として理解するには (4) による解釈しかないと解説した[3]

受容編集

世説新語』文学篇によれば、晋代謝安は「白馬論」の意味を知りたくて阮裕中国語版に質問してみたが、納得できる答えを得られなかった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アンヌ・チャン、志野好伸;中島隆博;廣瀬玲子訳 『中国思想史』 知泉書館、2010年、132頁。ISBN 978-4862850850 
  2. ^ Hansen, Chad (2007), “Prolegomena to Future Solutions to "White‐Horse Not Horse"”, Journal of Chinese Philosophy (Wiley) (34-4): 473-491, doi:10.1111/j.1540-6253.2007.00435.x, https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1540-6253.2007.00435.x 
  3. ^ a b 前原 1967, pp. 18–19.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集