浅野 裕一(あさの ゆういち、1946年 - )は、日本の中国哲学研究者、東北大学名誉教授。

浅野 裕一
人物情報
生誕 1946年????
日本の旗 日本宮城県仙台市
出身校 東北大学
学問
研究分野 哲学(中国哲学)
研究機関 東北大学
指導教員 金谷治[1]
テンプレートを表示

来歴編集

1946年、宮城県仙台市生まれ。1971年、東北大学文学部中国哲学卒。1976年同大学院文学研究科博士課程満期退学。 卒業後の1977年に島根大学教育学部の助手となり、1978年講師、1982年助教授。1988年より母校の東北大学教養部助教授、1991年教授。「黄老道[2]の研究」で東北大学で文学博士号を取得。1993年より国際文化研究科教授、環境科学研究科教授を務め、2011年に定年退任。定年と共に名誉教授。

著書編集

編訳・共著編集

  • 『中国の古典 孫子』編訳 講談社 1986
    • 『孫子』講談社学術文庫 1997
  • 『鑑賞中国の古典 第3巻 孟子・墨子』島森哲男共著 角川書店 1989
    • 『墨子』講談社学術文庫 1997
  • 『諸子百家〈再発見〉 掘り起こされる古代中国思想』湯浅邦弘共編 岩波書店 2004
  • 『古代思想史と郭店楚簡』編 汲古書院 2005
  • 竹簡が語る古代中国思想 上博楚簡研究』全3巻 編 汲古書院 2005-2010
  • 『出土文献から見た古史と儒家経典』小沢賢二共著 汲古書院 2012
  • 『『甲陽軍鑑』の悲劇 闇に葬られた信玄の兵書』浅野史拡共著 ぷねうま舎 2016

脚注編集

  1. ^ 武内義雄『中国思想史』講談社学術文庫、2022年。335頁(浅野解説)
  2. ^ 「黄老道」とは中国語で、邦文は黄老思想(こうろうしそう)。中国、戦国時代から初にかけて流行した道家の一学派の思想であり、その学問を黄老の学という。黄帝を始祖とし老子を大成者としたのでこの名がある。

参考編集