中国における論理学

中国における論理学中国論理学(ちゅうごくろんりがく)。一般的に「中国論理学」と言った場合、諸子百家名家墨家荀子などが論じた「名」の思想(通称「名学」「名弁」)を指す[1]。本項では更に、中国におけるインド論理学因明)や西洋論理学の受容も扱う。

中国に論理学は有ったか編集

前近代の中国に Logic(論理学)に対応する単語は無い。「論理学」という漢語は、明治日本で作られた和製漢語に近い語である[注釈 1]。なお現代中国語では、Logic は「論理」ではなく「逻辑」(ルオジー、拼音: Luójí繁体字: 邏輯)という音訳が用いられている[注釈 2]

同様に、前近代の中国に「論理学」に対応する学問も無い。しかしながら、明治日本の哲学研究者たち、とりわけ桑木厳翼は、諸子百家の「名」の思想を「論理学」とみなして研究した[4]。桑木の研究は、章炳麟王国維末の知識人にも受容された[5]。以降、中国においても諸子百家の「名」の思想が論理学とみなされるようになった。民国初期には、とりわけ胡適が諸子百家の論理学を掘り下げて研究した[6]。なお、胡適の論理学観は、彼がコロンビア大学留学時に師事していたジョン・デューイの論理学観、すなわちプラグマティズムの論理学観を反映しているとされる[6]

一方で、「中国に論理学の伝統は無い」という見解も明治からある[7] 。すなわち、諸子百家の論理学は秦代以降断絶していること、また論理学としては歪な部分が多いことなどによる。この見解は、中国仏教インド仏教の対照性(主に因明の不振と禅仏教の言語観)や、中国語印欧語の対照性(文法上の時制が無い)などの見解と合わさって、「中国哲学は論理的ではない」「中国人は論理的・抽象的思惟において劣っている」(代わりに現実的思惟に優れている)というステレオタイプの形成に繋がった。そのような見解・ステレオタイプをまとめた書物として、比較思想研究の大家、中村元1948年の著書『東洋人の思惟方法』がある[8]。同書は1960年に英訳され、国際的に読まれた[9]。同書への批判も兼ねて諸子百家の論理学を研究する学者も多い[10][11][12]

諸子百家編集

因明編集

インドから仏教が伝来したのに伴い、因明も伝来した。因明は、中国を経由して朝鮮日本にも伝えられたが、中国と朝鮮ではやがて廃れてしまった[13]。一方、日本では奈良時代から明治時代に至るまで因明の研究が存続した[13]

上記の清末の章炳麟は因明にも関心を持っていた[14]。民国初期には諸子百家の論理学とともに再評価された[15]

近現代の仏教学では、東アジアの因明受容史は長らくマイナーな研究対象だったが、2010年代から積極的に研究されるようになった。詳細は 師 2019 等を参照。

西洋論理学編集

末の1631年李之藻フランシスコ・フルタドにより、コインブラ大学刊行のアリストテレス論理学の注解書の抄訳『名理探』が刊行された[16]

清末の1900年代厳復は、J.S.ミル論理学体系』を用いて上海で論理学の講演会を開くと同時に[17]、同書の翻訳『穆勒名学』や、ジェヴォンズ『論理学入門』の翻訳『名学浅説』を刊行した[18]。厳復は論理学を諸学の基礎として重要視していた[18]。なお、厳復が「名学」という訳語を用いたのは、上記の諸子百家を念頭に置いていたため、というわけではない[19]。厳復は、日本人が作った「論理学」という訳語を浅陋な訳語と評しており[20][19]、そのような背景のもと「名学」と訳していた[19]

民国初期の1930年代前後には、清華大学哲学科zh:清华大学哲学系)を中心地として、金岳霖中国語版沈有鼎中国語版が論理学を研究した。当時の清華大学の学者の多くは、1920年に訪中したラッセルの影響を強く受けていた[21]1950年代以降の中国大陸外では、金岳霖やクワインの教え子でゲーデルと親交した数理論理学者王浩(ハオ・ワン)や、新儒家の一人でウィトゲンシュタイン論理哲学論考』の訳者でもある牟宗三らが活動した。なお、金岳霖・沈有鼎・牟宗三は、諸子百家の論理学についても論じていた[22][23][24]

中華人民共和国初期から文革期(1950年代から1970年代)には、弁証法論理学が盛んに論じられた一方で、記号論理学の研究は停滞した[25][26]。しかしその後、文革終了後の1979年に、晩年の金岳霖を初代会長として「中国論理学会」(zh:中国逻辑学会)が設立され[27]、記号論理学も研究されるようになった[26]

関連項目編集

参考文献編集

日本語

  • 加地伸行『中國論理學史研究 : 經學の基礎的探究』研文出版(山本書店出版部)〈加地伸行著作集 1〉、2012年(原著原著1983年)。ISBN 9784876363452NCID BB10443494
  • 加地伸行 『中国人の論理学』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2013年 [原著1977年中公新書]。ISBN 978-4480095374 
  • 坂出祥伸 『東西シノロジー事情』 東方書店、1994年。ISBN 4497944158 (95-118頁「明治哲学における中国古代論理学の理解—桑木厳翼を中心として—」初出1966年、船山信一編『明治論理学史研究』理想社)
  • 坂本百大中国論理学界とその周辺-訪中報告」『科学基礎論研究』第18巻第1号、科学基礎論学会、1986年、 45-47頁、 doi:10.4288/kisoron1954.18.45ISSN 0022-7668NAID 110000132972
  • 志野好伸「論理学者にとっての中国哲学 : 金岳霖・沈有鼎を中心に (大会シンポジウム 世界哲学としての中国哲学)」『中国 : 社会と文化』第35号、中国社会文化学会、2020年7月、 67-81頁、 ISSN 0912-9308NAID 40022371762 ( 要購読契約)
  • 師茂樹公開講演 因明研究の現状と課題」『佛教学セミナー』第109号、大谷大学佛教学会、2019年、 39-66頁、 ISSN 0287-1556NAID 120006865652


日本語以外・翻訳

  • 馮友蘭 『中国哲学史』上下巻、商務印書館、1934年
    • 馮友蘭、柿村峻・吾妻重二訳 『中国哲学史 成立篇』 富山房、1995年。ISBN 457-2009023  (『中国哲学史』上巻の全訳)
  • 梅約翰 [Makeham, John] 「諸子学与論理学:中国哲学建構的基石与尺度」 『学術月刊』 上海市社会科学界聯合会、62-67頁、2007年。doi:10.19862/j.cnki.xsyk.2007.04.008 
  • Chmielewski, Janusz, Notes on Early Chinese Logic, Rocznik Orientalistyczny 26.1 (1962): 7-22; 26.2 (1963): 91-105; 27.1 (1963): 103-21; 28.2 (1965): 87-111; 29.2 (1965): 117-38; 30.1 (1966): 31-52; 31.1 (1968): 117-36; 32.2 (1969): 83-103.
  • Chmielewski, Janusz, 2009. Language and Logic in Ancient China, Collected Papers on the Chinese Language and Logic, edited by Marek Mejor, Warswa: PAN.
  • Graham, Angus Charles, 2003. Later Mohist Logic, Ethics and Science, Hong Kong: Chinese University Press.
  • Greniewski, Henryk and Wojtasiewicz, Olgierd, 1956.From the History of Chinese Logic, Studia Logica Vol. 4, 1, pp. 241-243.
  • Harbsmeier, Christopher, 1998. Language and Logic. Volume 7, Part 1 of Science and Civilisation in China, edited by Joseph Needham, Cambridge: Cambridge University Press.
  • Hansen, Chad, 1983. Language and Logic in Ancient China. Michigan Studies on China. Ann Arbor.
  • Kurtz, Joachim 2011. The Development of Chinese Logic, Leiden: Brill.
  • Lucas, Thierry, 1993. Hui Shih and Kung Sun Lung: an Approach from Contemporary Logic, Journal of Chinese Philosophy 20.2: 211-55.
  • Lucas, Thierry, 2005. Later Mohist Logic, Lei, Classes and Sorts, Journal of Chinese Philosophy 32: 349-366.
  • Rošker, Jana S. 2014. Specific features of Chinese logic. Synthesis philosophica, ISSN 1848-2317. vol. 29, no. 1, pp. 23-40.
  • Rošker, Jana S. 2015. Classical Chinese logic. Philosophy compass, ISSN 1747-9991, vol. 10, issue 5, pp. 301-309.

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 高野繁男によれば、「論理学」という漢語の用例は前近代に無い。「論理」の用例は古くからあるが、意味は Logic と対応しない。[2]
  2. ^ 中国における Logic の漢訳史は、加地 2012, 第三部三章 が詳しい。加地によれば、「邏輯」という訳語は民国初期の章士釗『邏輯指要』『邏輯文』に由来するとされる[3]

出典編集

  1. ^ 加地 2012.
  2. ^ 高野繁男「明治初期の翻訳漢語 「論理学」(「百科全書」所収)による」『人文学研究所報』第11巻、神奈川大学人文学研究所、1977年、 58頁。
  3. ^ 加地 2012, p. 329.
  4. ^ 坂出 1994.
  5. ^ 梅 2007.
  6. ^ a b 加地 2012, 第一部一章二 胡適の『先秦名学史』.
  7. ^ 坂出 1994, p. 95-99.
  8. ^ 中村元『中村元選集 決定版 第2巻 東洋人の思惟方法 2 シナ人の思惟方法』春秋社、1988年(初出1948年)ISBN 978-4393312025。第三節「抽象的思惟の未発達」
  9. ^ 前田專學 (2012年). “山陰中央新報社|中村元・人と思想(11)東洋人の思惟方法”. www.sanin-chuo.co.jp. 2021年2月13日閲覧。
  10. ^ 加地 2013, p. 28;95.
  11. ^ Graham 2003, p. 66.
  12. ^ Hansen, Chad (1976), “Mass Nouns and A White Horse Is Not a Horse”, Philosophy East and West (University of Hawaii Press) (26-2): 191, doi:10.2307/1398188, https://doi.org/10.2307/1398188 
  13. ^ a b 師 2019, p. 41.
  14. ^ 湯志鈞「人文研のアーカイブス(9) 章太炎『佛學手稿』」『漢字と情報』第9巻、京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター、2004年、 7;11。
  15. ^ 薮内清訳『墨子』平凡社東洋文庫、1996年。ISBN 4-582-80599-X 225頁。
  16. ^ 深澤助雄「「名理探」の訳業について」『中国 : 社会と文化』第1巻、1986年。
  17. ^ 永田圭介『厳復 富国強兵に挑んだ清末思想家』東方書店〈東方選書〉、2011年、ISBN 978-4497211132、218;231頁。
  18. ^ a b 志野好伸「厳復と西周 西洋学術体系の移植をめぐって」『明治大学教養論集』第502巻、2014年、 100頁。
  19. ^ a b c 加地 2012, p. 334-335.
  20. ^ 高田淳厳復の「天演論」の思想 : 普遍主義への試み」『東京女子大學附屬比較文化研究所紀要』第20巻、1965年、 24頁。
  21. ^ ZHANG, Lin「「思想史的事件」としての「ラッセル来訪」再考――第一次世界大戦後における「文明」と「近代」への思索」2019年、立命館大学博士論文。12頁。
  22. ^ 馮 1995, p. 293(金岳霖).
  23. ^ 志野 2020, p. 75(沈有鼎).
  24. ^ 加地 2012, p. 27(牟宗三).
  25. ^ 加地 2012, p. 350.
  26. ^ a b 坂本 1986, p. 45-47.
  27. ^ 邏輯中国”. www.cnlogic.net. 中国邏輯学会. 2021年2月13日閲覧。

外部リンク編集