メインメニューを開く

白鷹村(しらたかむら)は、かつて愛知県海東郡にあった

しらたかむら
白鷹村
廃止日 1906年7月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 あま市清須市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
海東郡
白鷹村役場
所在地 愛知県海東郡白鷹村
 表示 ウィキプロジェクト

現在のあま市(西今宿)と、清須市(土田・上条・廻間)に該当する。

歴史編集

  • 1881年(明治14年) - 今宿村が、東今宿村と西今宿村に分立する。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 西今宿村、上条村、土田村、迫間村が合併し、白鷹村が発足。
  • 1906年(明治39年)7月1日 - 甚目寺村、萱津村春富村森村新居屋村東今宿村が合併し、甚目寺村発足。同日白鷹村は廃止。
  • 1919年(大正8年)10月 - 甚目寺村の廻間地区(旧・白鷹村迫間)を西春日井郡清洲町に編入する。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 甚目寺町の土田・上条地区(旧・白鷹村土田・上条)を清洲町に編入する。

教育編集

  • 上條尋常小学校
    1910年に甚目寺尋常小学校(現・あま市立甚目寺小学校)に統合され、甚目寺尋常小学校上條仮教場。1921年に上條仮教場から上條尋常小学校になったが、1925年に甚目寺尋常小学校と再度合併。

参考文献編集

関連項目編集