メインメニューを開く

文室 益善(ふんや の ますよし)は、平安時代初期から前期にかけての貴族皇族。名は益吉とも記される。当初益善王を名乗るが、臣籍降下後の清原真人のち文室真人一品舎人親王の後裔で、大監物山口王の子孫(孫か?)とする系図がある。官位従五位上豊前守

 
文室益善
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
改名 益善王→文室益善
別名 益吉
官位 従五位上豊前守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 清原真人文室真人
清原興岑、清原忠道、清原忠棟、
清原忠主、ほか子女5人
テンプレートを表示

目次

経歴編集

承和13年(846年)正月に従五位下叙爵し、筑後守に任ぜられる。2月には興岑以下9名の子女が、藤坂王・御藤王の子女と共に臣籍降下し清原真人姓を与えられる。

仁寿3年(853年)従五位上・大蔵大輔に叙任されるが、翌仁寿4年(854年)には摂津守として再び地方官に転じる。斉衡3年(856年)6月に清原真人姓を与えられて臣籍降下するが、同年11月には早くも文室真人姓に改姓している。

清和朝でも、貞観元年(859年紀伊守、貞観2年(860年)豊前守と地方官を歴任した。

官歴編集

系譜編集

  • 父:不詳
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:清原興岑[1]
    • 男子:清原忠道[1]
    • 男子:清原忠棟[1]
    • 男子:清原忠主[1]
    • ほか子女5人[1]

父は明らかでないが、舎人親王の孫にあたる山口王の子孫とする系図がある(年代的には山口王の孫か[2])。また、当系図では興岑の曾孫に下野清党の祖・清原高澄を繋げる[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『続日本後紀』承和13年2月28日条
  2. ^ 宝賀[1986: 161]
  3. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9,清原真人

参考文献編集