メインメニューを開く

盛り付け(もりつけ)は、完成した料理食器に盛ること[1]。この際、素手(衛生手袋着用の場合も)や、菜箸真魚箸トングスプーンターナーなどのほか、ディッシャーのような特殊な器具を用いることもある。

盛り付け次第で、料理に付加価値が生まれるという指摘もある[2]。彩り豊かな食材の組合せ(食器の色とのバランスも重要視される)を元に、清潔感があり食欲をそそるような構成・配置によって、視覚的効果が期待できる。

具体的には、特に小鉢ものは中心が高くなるようになど[3]、立体的な盛り付け方法[4]が一例として挙げられる。

また、メニューによっては、盛り付け時の美しさを引き出し保つために、ゼラチンを活用することなどもある[5]

目次

様々な盛り付け編集

合せ盛り、盛り合わせ
複数の料理を1つの器に盛る。[6]
大盛り、山盛り、回し盛り
通常より多く料理を盛ること。[6]
御高盛り
椀に高く盛った。産飯、夫婦固めの飯、盛り切り飯。[6]
切り盛り
ほどよく料理を器に盛る。[6]
山水盛り
刺身を奥を高く手前を低く風景のように盛り付ける。[7]
姿盛り
魚等をもとの姿のように盛り付ける。刺身の場合は姿造り。[6]
天盛り
盛りつけた料理の上に、仕上げにショウガ海苔ユズなどを少量盛ること。[8]
舟盛り
イセエビの尾を立てて船に見立てる。[6]または、刺身を船形の器に盛ること。
女体盛り
食器別
ワンポイント・アクセント

脚注編集

  1. ^ もりつけ【盛(り)付け】の意味 - 国語辞書 - goo辞書(デジタル大辞泉)
  2. ^ プロ志向を究めるメニュー開発入門 - 日本食糧新聞社
  3. ^ 5割高く見える!お洒落な盛り付け法 p.1/2 - 日経レストラン ONLINE、2005年11月14日
  4. ^ 5割高く見える!お洒落な盛り付け法 p.2/2 - 日経レストラン ONLINE、2005年11月14日
  5. ^ 製菓材料 原材料基礎講座 ゼラチン - イシハラ
  6. ^ a b c d e f 広辞苑第5版
  7. ^ 『旬の食材 春の魚』講談社 ISBN 4-06-270131-6
  8. ^ 『四季日本の料理 冬』講談社 ISBN 4-06-267454-8
  9. ^ みなかみダムカレー - 水上温泉旅館協同組合

関連項目編集

外部リンク編集