採れたてのグリーンピース

グリーンピース(グリンピース、英語: green pea)は、マメ科野菜エンドウ英語: pea、学名:Pisum sativum)の未熟の種子を食用としたものである。青実用エンドウ。またアオエンドウ(青豌豆)、実エンドウとも称する。野菜として市場に出回っている実エンドウは、青実用として食する目的で特に品種改良されたものである。

グリーンピース、生
100 gあたりの栄養価
エネルギー 339 kJ (81 kcal)
14.45 g
糖類 5.67 g
食物繊維 5.1 g
0.4 g
飽和脂肪酸 0.071 g
一価不飽和 0.035 g
多価不飽和 0.187 g
5.42 g
トリプトファン 0.037 g
トレオニン 0.203 g
イソロイシン 0.195 g
ロイシン 0.323 g
リシン 0.317 g
メチオニン 0.082 g
シスチン 0.032 g
フェニルアラニン 0.2 g
チロシン 0.114 g
バリン 0.235 g
アルギニン 0.428 g
ヒスチジン 0.107 g
アラニン 0.24 g
アスパラギン酸 0.496 g
グルタミン酸 0.741 g
グリシン 0.184 g
プロリン 0.173 g
セリン 0.181 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(5%)
38 µg
(4%)
449 µg
2477 µg
チアミン (B1)
(23%)
0.266 mg
リボフラビン (B2)
(11%)
0.132 mg
ナイアシン (B3)
(14%)
2.09 mg
パントテン酸 (B5)
(2%)
0.104 mg
ビタミンB6
(13%)
0.169 mg
葉酸 (B9)
(16%)
65 µg
ビタミンB12
(0%)
0 µg
コリン
(6%)
28.4 mg
ビタミンC
(48%)
40 mg
ビタミンD
(0%)
0 IU
ビタミンE
(1%)
0.13 mg
ビタミンK
(24%)
24.8 µg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
5 mg
カリウム
(5%)
244 mg
カルシウム
(3%)
25 mg
マグネシウム
(9%)
33 mg
リン
(15%)
108 mg
鉄分
(11%)
1.47 mg
亜鉛
(13%)
1.24 mg
(9%)
0.176 mg
マンガン
(20%)
0.41 mg
セレン
(3%)
1.8 µg
他の成分
水分 78.86 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)
グリーンピースアミノ酸スコア[1][2]

品種編集

日本では、「うすいえんどう(碓井豌豆)」という品種がその代表である。これは明治時代にアメリカ合衆国から輸入された種子が羽曳野市碓井地区に導入され、そこで改良された実用豌豆である[3]

利用編集

旬は晩春から初夏。生豆として出荷されるものもあるが、ほとんどは缶詰と冷凍品に加工される。

リョクトウ(緑豆)とは別の植物である。

肉料理の付け合せやスープ豆ごはんなどに利用される。 緑色の色彩が鮮やかなため、カレーライスチキンライスカツ丼焼売などの彩りに用いられる。

うぐいす豆編集

アオエンドウの熟したものを収穫し、それを甘く煮詰めたものはうぐいす豆と呼ばれる[4]。煮たものをそのままで食べるほか、和菓子の材料としたり、パンウグイスパン)や蒸しパンに入れたりすることがある。

出典編集

  1. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  2. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  3. ^ 旬の南河内(5月12日 碓井豌豆)” (日本語). 大阪府. 2020年5月19日閲覧。
  4. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年3月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集