メインメニューを開く

盛田 稔(もりた みのる、1917年3月15日 - 2019年6月10日)は、日本の経済史学者青森山田学園特別顧問、青森大学名誉教授。

青森県七戸町生まれ。県立弘前中学校(現・青森県立弘前高等学校)、弘前高等学校(旧制)卒、1941年東京帝国大学(現・東京大学経済学部卒業。陸軍主計将校をへて[1]、七戸中学校、青森県立七戸高等学校教諭。弘前大学野辺地分校講師、助教授。青森短期大学教授。北里大学獣医畜産学部教授、青森大学教授、1971年学長。1992年退任、名誉教授。県文化財保護協会会長、県文化振興会議会長、県史企画編集委員会会長。2012年青森山田学園理事長[2]、のち学園長[3]。2017年からは同学園の特別顧問に就いた。

2019年6月10日、肺炎のため死去[4]。102歳没。

著書編集

  • 南部藩に於ける舫制度の研究』盛田農民文化研究所 1952
  • 『近世農地証文の研究』青森県農業総合研究所 1957
  • 『近世青森県農民の生活史』青森県図書館協会 1972 青森県立図書館郷土双書
  • 『南部小絵馬』青森大学出版局 1973
  • 『生涯現役 波乱万丈の95年』文化出版 2012

共編著・監修編集

  • 『図説日本の歴史 2 図説青森県の歴史』長谷川成一と責任編集 河出書房新社 1991
  • 『津軽家文書抄』編 青森県文化財保護協会 2001 みちのく双書 2001
  • 『図説上北・下北の歴史』監修 郷土出版社 青森県の歴史シリーズ 2005
  • 『図説三戸・八戸の歴史』監修 郷土出版社 青森県の歴史シリーズ 2005
  • 『青森県謎解き散歩』編著 新人物文庫 2012

脚注編集