メインメニューを開く

相ノ木駅

日本の富山県中新川郡上市町にある富山地方鉄道の駅

相ノ木駅(あいのきえき)は、富山県中新川郡上市町正印新にある富山地方鉄道本線である。駅番号はT10

相ノ木駅
相ノ木駅全景
相ノ木駅全景
あいのき
Ainoki
T09 越中泉 (0.8km)
(0.8km) 新相ノ木 T11
所在地 富山県中新川郡上市町正印新47
駅番号 T10
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 本線
キロ程 11.3km(電鉄富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗降人員
-統計年度-
238人/日
-2018年-
開業年月日 1931年昭和6年)9月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示
相ノ木駅の位置(富山県内)
相ノ木駅

駅構造編集

単式1面1線のホームを持つ地上駅無人駅である。 駐車スペースはなく、車道からの接続は幅1mほどの路地。

利用状況編集

1日乗降人員推移 [1]
年度 1日平均人数
2011年 196
2012年 202
2013年 219
2014年 221
2015年 230
2016年
2017年
2018年 238

駅周辺編集

すぐそばを北陸自動車道が横切り、近くにはガイナシティという商業施設もある。

  • マクドナルド
  • 本家かまどや
  • シルク
  • マックスバリュ
  • 青木二階堂薬局
  • ニチイ学館
  • 丸紅エネルギー
  • からしし
  • コメリ
  • 池田模範堂本社
  • ダイナム上市店

歴史編集

  • 1931年(昭和6年)9月1日 - 富山電気鉄道の泉駅(現在の越中泉駅)と上市口駅(現在の上市駅)の間に経田駅(きょうでんえき)として開業。現在の相ノ木駅から上市駅方向へ約700mの位置にあった。
  • 1936年(昭和11年)10月1日 - この日より以前に駅名を相ノ木駅に改称(この日、富山電気鉄道の魚津駅(現在の新魚津駅) - 西三日市駅(現在の電鉄黒部駅)が開通し、同区間に同じ駅名を持つ経田駅が開業)。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 富山電気鉄道が富山県内の鉄道会社を合併し富山地方鉄道に社名を変更。
  • 1944年(昭和19年)5月18日 - 相ノ木駅が廃止。
  • 1949年(昭和24年)4月15日 - 相ノ木駅が現在地で開業。
  • 1971年(昭和46年)10月 - 新宮川駅などと共に会社より廃止方針が示される。その後、地元の反対等により存続となり現在に至る。

隣の駅編集

富山地方鉄道
本線
普通
越中泉駅 (T09) - 相ノ木駅 (T10) - 新相ノ木駅 (T11)

脚注編集

参考文献編集

  • 『日本鉄道旅行地図帳 6号 北信越』(2008年10月、新潮社)
  • 『いこま27 富山地方鉄道』(1994年3月、大阪産業大学 鉄道研究部)

関連項目編集

外部リンク編集