富山地方鉄道

富山県富山市に本社を置く鉄軌道・バス事業者

富山地方鉄道株式会社(とやまちほうてつどう、: TOYAMACHIHO RAILROAD CO.,LTD.[2][注 1])は、富山県富山市本社をおき、同市から富山県東部を基盤とする中規模私鉄である。通称地鉄(ちてつ、英称:Chitetsu)ないしは富山地鉄

富山地方鉄道株式会社
TOYAMACHIHO RAILROAD CO.,LTD.
富山地方鉄道社章
富山地方鉄道本社
富山地方鉄道本社(地鉄ビル)
種類 株式会社
略称 地鉄、富山地鉄
本社所在地 日本の旗 日本
930-8636
富山県富山市桜町1丁目1番36号
北緯36度41分58.1秒 東経137度12分56.9秒 / 北緯36.699472度 東経137.215806度 / 36.699472; 137.215806座標: 北緯36度41分58.1秒 東経137度12分56.9秒 / 北緯36.699472度 東経137.215806度 / 36.699472; 137.215806
設立 1930年2月11日
(富山電気鉄道株式会社)[1][2]
業種 陸運業
法人番号 5230001002133 ウィキデータを編集
事業内容 旅客鉄道事業、自動車事業、不動産事業 ほか
代表者 辻川徹(代表取締役社長
資本金 15億5771万7000円
(2019年3月期)[2]
発行済株式総数 3115万4344株
(2019年3月31日現在)[2]
売上高
  • 連結: 118億787万円
  • 単独: 67億3891万7000円
(2019年3月期)[2]
営業利益
  • 連結: 4788万5000円
  • 単独: 1億1308万9000円
(2019年3月期)[2]
経常利益
  • 連結: △3399万2000円
  • 単独: 9136万7000円
(2019年3月期)[2]
純利益
  • 連結: 9962万5000円
  • 単独: 1億5890万円
(2019年3月期)[2]
純資産
  • 連結: 101億6838万6000円
  • 単独: 73億5333万8000円
(2019年3月期)[2]
総資産
  • 連結: 223億2750万5000円
  • 単独: 169億6784万1000円
(2019年3月期)[2]
従業員数
  • 連結: 967人
  • 単独: 472人
(2019年3月31日現在)[2]
決算期 毎年3月31日
主要株主 (2019年3月31日現在)[2]
主要子会社
関係する人物 佐伯宗義
外部リンク https://www.chitetsu.co.jp/
特記事項:1943年1月1日、富山地方鉄道株式会社に社名変更[1][2]
テンプレートを表示

富山地方鉄道を中心に富山地鉄グループ地鉄グループ)を形成している。本項では、これについても合わせて述べる。

歴史編集

1943年1月1日に「陸上交通事業調整法」に基づき、1930年設立の富山電気鉄道を母体に富山県内のすべての私営・公営の鉄軌道・バス会社を合併して発足した。このような経緯より富山県なども資本参加しており、形式的には第三セクターである。ただし、自治体の出資比率が低いこともあり一般的には第三セクター鉄道には分類されない。合併に参加した鉄軌道会社は以下の6社である。なお、駅名は現在のものである。

  • 富山電気鉄道(本線 電鉄富山 - 電鉄黒部間・立山線 寺田 - 岩峅寺間)
  • 加越鉄道(加越線)
  • 富山県営鉄道(上滝線、立山線 岩峅寺 - 立山間)
  • 黒部鉄道(本線 電鉄黒部 - 宇奈月温泉間)
  • 越中鉄道(射水線)
  • 富山市営軌道(富山軌道線)

それ以前に、富山電気鉄道は以下の3社を合併している。

  • 立山鉄道(立山線 五百石 - 岩峅寺間)
  • 富南鉄道(不二越線)
  • 富岩鉄道(富岩線)

なお、路線のうち起点からごく一部の区間が富山県内にあったものの、その大部分が岐阜県内に存在していた三井鉱山の軌道(通称・神岡軌道)は統合から除外された。

また、バス事業者は事前に運輸通信省通達により、上記各社が兼営していた路線を除いて下記の4社に集約されていたものを、1946年10月10日富山地方鉄道が一括譲受して統合を完了した(なお、戦時中から経営傘下化は行われていた)。[3]

  • 富山合同乗合(富山地区、1944年4月に経営傘下に入る)
  • 高岡合同自動車(高岡地区、1943年9月に経営傘下に入る)
  • 下新川乗合自動車(新川地区、1944年4月に経営傘下に入る)
  • 全礪乗合自動車(砺波地区)

この発展過程では、富山電気鉄道の経営者で後に富山地方鉄道会長となった佐伯宗義が大きな働きを行っている。富山電気鉄道は富山県下を「一市街地化」するという構想の下に設立されたものであり、結果的には戦時統合という形でそれがほぼ実現することになった。

富山地方鉄道発足直後の1943年6月1日、富岩線が買収・国有化され鉄道省富山港線となった。

1950年に、加越能三国(富山県・石川県)を結ぶ鉄道を作る計画を遂行するために加越能鉄道を設立し、富山県西部の鉄軌道・バス事業を譲渡した。後に新線計画は中止。加越能鉄道は2002年に鉄軌道事業から撤退し、2012年に加越能バスに社名変更した。

現在の本社ビルは1965年11月に着工し、1966年11月28日に竣工した鉄筋造地下1階、地上5階、塔屋3階建て、延床面積8,257m2の建築物である[4]

航空事業では、全日空富山地区総代理店として業務を受託、子会社の富山地鉄サービスで実際のハンドリングを行っている。

2000年代中期頃から新規納入された路線バス車両、軌道線車両およびワンマン改造が実施された鉄道車両の運賃表示器には北陸地方では初めて、視認性に優れた液晶ディスプレイに表示する方式が採用された。鉄道車両については後に撤去され、一般的なデジタル方式のものに換装されている。

2010年3月14日より、軌道線にIC乗車カードecomyca(えこまいか)」が導入され、同時に富山ライトレールの「passca(パスカ)」とも相互利用を開始した。なお同カードは2011年3月5日よりバス路線にも拡大導入され、2012年3月17日から、鉄道線でも利用可能になった[5]。さらに、2021年10月10日よりICOCAを始めとする全国相互利用交通系ICカードも軌道線に限り利用可能となった(片利用扱いのためecomycaおよびpasscaは引き続きICOCAエリアなどでは利用不可)[6][7]

2019年2月9日より富山軌道線の各停留場[8] に、翌3月16日より鉄道線の各駅にナンバリングを導入した[8]。各路線ごとに色分けし、軌道線はC01から、鉄道線はT01から始まる番号を振り分ける[9]

2020年2月22日には、同年3月21日に予定されている富山駅南北接続事業完成に先立って、かつて富山地方鉄道の富岩線であった富山港線を運営する富山ライトレールを吸収合併した[10][11][12][13]

鉄道・バスの運賃・時刻表は外部リンクの公式サイトを参照のこと。

鉄・軌道事業編集

路線編集

現有路線の総延長距離は2020年2月22日現在、108.3 km。富山地方鉄道発足時は100kmを超える路線網を持ち、1965年には日本全国の地方中小私鉄2位の規模である総延長139km(鉄道128.3 km、軌道10.7 km)の営業キロ数を有していた[14] ものの、その後は路線の譲渡や廃止により100kmを下回っていた。2009年12月23日に富山軌道線を環状線化する0.9kmの新線(富山都心線)が開業し、再び保有路線が100kmを超えた。

 
路線図(2020年3月現在)

現有路線編集

鉄道線編集
 
宇奈月温泉駅
 
立山駅

鉄道線は以下の路線からなる。詳細は各項目を参照。

富山港線は富岩鉄道 - 富山電気鉄道富岩線 - 富山地方鉄道富岩線 - 鉄道省富山港線 - 国鉄富山港線 - JR西日本富山港線 - 富山ライトレール富山港線 - 富山地方鉄道富山港線と幾度も経営母体が変わり、国有化された路線が自社路線に戻るという歴史を辿っている。詳細は富岩鉄道の概要および富山港線の歴史を参照。

富山港線以外の鉄道線の運転系統は、おおむね以下の4系統となっている。富山港線は後述する軌道線との直通運転を行っており、路面電車型の車両によって運行されている(軌道線区間を含む総距離は7.6 km)。

  • 本線
    • 電鉄富山駅 - 宇奈月温泉駅 53.3 km
  • 立山線
    • 電鉄富山駅 - 寺田駅 - 岩峅寺駅 - 立山駅 34.0 km
    • 電鉄富山駅 - 寺田駅 - 岩峅寺駅 20.0 km
  • 不二越・上滝線
    • 電鉄富山駅 - 稲荷町駅 - 南富山駅 - 岩峅寺駅 17.3 km

2010年度の各路線の輸送密度は以下のとおり。

  • 本線 2,217人
  • 立山線 729人
  • 不二越・上滝線 968人

本線と不二越・上滝線によって形成される環状線区間では、迂回乗車をした場合は乗車駅と降車駅の最短距離で運賃を計算する。

軌道線編集

運転系統によって「市内電車」または「環状線」と呼称される。また、(*)を付けた線区は富山市が軌道整備事業者として線路を保有している。また、富山地方鉄道は2020年5月より日本一遅くまで路面電車を運行している事業者となっている。

譲渡・廃止路線編集

加越能鉄道への譲渡路線が多くあるが、一度にまとめてではなく、徐々に譲渡されている。

鉄道線
  • 石田線 - 1940年廃止。
  • 上市支線 - 1943年廃止。
  • 富岩線 - 1943年に鉄道省へ譲渡(戦時買収)され富山港線となり、その後国鉄、JR西日本、富山ライトレールを経て2020年2月より富山地方鉄道の路線に復帰[11][12]。なお、現在の富山港線のうち旧富岩線区間を引き継いでいるのは奥田中学校前 - 岩瀬浜間のみであり、それ以外の区間は2006年までに廃止されている。
  • 加越線 - 1950年に加越能鉄道へ譲渡(1972年廃止)。
  • 射水線 - 1966年に新湊(現・六渡寺) - 越ノ潟間を加越能鉄道へ譲渡(2002年から万葉線)。残区間は1980年廃止。
  • 黒部支線 - 1969年廃止。
  • 笹津線 - 1975年廃止。
軌道線
  • 宮下線 - 1964年廃止。
  • 東部線 - 1984年廃止。
  • 山室線 - 1984年廃止。
  • 高岡軌道線 - 1959年に加越能鉄道へ譲渡(2002年から万葉線)。
  • 伏木線 - 1959年に加越能鉄道へ譲渡(1971年廃止)。

未成線編集

施設・設備編集

 
岩峅寺駅

鉄道線には大正時代から昭和時代初期に建てられたモダンな木造駅舎が多く現存しており、岩峅寺駅など、映画のロケに使用された駅もある。

1971年1月1日に当時の日本では珍しかった定期券用の自動改札機を電鉄富山駅に導入していたが、経済性に乏しく修理保守に問題があることから1981年4月に撤去された[19]2012年3月17日に同社発行のICカードecomyca」が鉄道線で供用開始したことに伴い、有人駅である電鉄富山稲荷町東新庄越中荏原越中舟橋寺田上市中滑川電鉄魚津新魚津電鉄黒部宇奈月温泉五百石岩峅寺立山南富山上滝の17駅にICカード専用の改札機が導入された[5][20]。機能はあいの風とやま鉄道などに導入されている簡易IC改札機と同一であるが、形状は自動改札機から扉を取り除いたものにやや近い。なお、無人駅および前述の有人17駅でも無人時間帯においては車内のICリーダーでの精算となる。新黒部駅は一部時間帯にアテンダントが駐在するものの、公式には無人駅扱いのため改札機は設置されていない。

2008年9月に同社本線中加積駅で、同駅を出発直後の列車が脱線する事故が発生。事故原因について、運輸安全委員会は翌2009年4月24日に、同駅構内の線路枕木が腐ったまま放置され、また、犬釘が折れたまま放置していたためなどとして、同社の保守管理の杜撰さを指摘した[21][22]

列車編集

一般列車(普通・急行・快速急行)編集

運賃のみで乗れる一般列車の種別は「普通」「急行」「快速急行」の3種ある。ただし急行や快速急行の運行本数は少ない。速達列車・長距離需要の主力は後述の要料金の特急が担っていた。

急行は本線系統の一部時間帯に運行されており、快速急行は立山線系統で電鉄富山駅発立山駅行きの列車が早朝に1本運転される。

不二越・上滝線は普通列車のみ運転されている。

特急列車編集

特急列車は2022年4月15日のダイヤ改正で全て設定がなくなった[23]

以下の列車が運転されていた。詳しくは各路線・各列車記事を参照。

  • 本線
    • うなづき」:電鉄富山駅 - 宇奈月温泉駅間
    • くろべ」:電鉄黒部駅 - 宇奈月温泉駅間
  • 立山線
    • 「立山」:電鉄富山駅 - 立山駅間(季節運転)
  • 本線・立山線直通

宇奈月温泉黒部峡谷鉄道本線立山黒部アルペンルートといった沿線観光地へのアクセス需要の主力は特急列車が担っている。乗車には乗車券の他に特急券が必要となるが、最遠210円(指定席料金含まず)と安く、企画乗車券の中には特急料金が含まれているものもあり、他社でいう快速列車の役割も併せ持っている。

それぞれ運行本数は少ないが、観光旅程に適した時間帯に絞って運行されており、「アルペン特急」に至ってはアルペンルートと温泉を二度の方向転換を行ってまで直通させることによって観光回遊性を創出するとともに自社線利用を伸ばす巧みな設定となっている。

国鉄時代(1970年 - 1983年)には大阪駅発の急行「立山」や名古屋(名鉄名古屋駅)方面からの特急「北アルプス」などが国鉄富山駅から地鉄線に乗り入れていた。JRとなってからも(1990年 - 1999年)大阪方面から特急「スーパー雷鳥」や「サンダーバード」などが、JR富山駅から地鉄線に乗り入れていた。

車両編集

富山地方鉄道の車両形式番号は鉄道線の電動車(モハ)の場合、5桁のうち上3桁が電動機出力をPS(馬力)で表示し、下2桁が形式番号を表示するという他社では見られない独特の付番方法が採られている(「鉄道の車両番号」も参照)。このため、電動機を持たない制御車(クハ)および付随車(サハ)は形式番号のみとなり電動車とは車号の桁数が大きく異なっている。百位の数字は制御車が1、付随車が2となっている[注 2]。なお、軌道線の車両では電動車の形式記号は「デ」、4桁のうち上2桁が電動機出力になっている。電動車の「モハ」と「デ」の区別は、元々は鉄道線・軌道線でなく架線電圧1500V用をモハ、600V用をデとしたものである。岩峅寺 - 立山間・電鉄黒部 - 宇奈月温泉間の長い急勾配区間での電動機の負担を軽減させるため、ほとんどの編成がオール電動車となっている。

10030形などの車両は黄と緑のツートンカラーに塗装されており「かぼちゃ電車」の愛称がある(ただし一部編成は車両譲渡前のカラーに復元されている)[24]。また、白を基調とした雷鳥カラーに塗装されている一部車両には「だいこん電車」の愛称がある[25]

現有車両編集

以下は特記なき限り電車である。

鉄道線編集
軌道線・富山港線編集

過去の保有車両編集

鉄道線編集
  • 14710形
  • 14750形
  • 14790形(登場当時は14770形)
  • 14780形
  • 10020形
  • 14720形
  • デキ6500形・デキ8100形
  • デキ8000形
  • デキ14730形
  • デキ19040形
  • モハ7540形・モハ10040形(元富山電気鉄道モハ500形)
    1936年(昭和11年)日本車輌製、18m級2扉の大型車。両運転台車で前面は緩くカーブした半流線形だった。モハ501・502は1949年(昭和24年)の一斉改番でモハ7540形モハ7541・7542となり、モハ503は1939年(昭和14年)にモーターを75kW×4に交換し出力を増強、1949年(昭和24年)の一斉改番でモハ10040形モハ10043となった。モハ7540形は1980年(昭和55年)に、モハ10040形は1981年(昭和56年)に廃車された。
  • クハ1010形→モハ7510形
    1948年(昭和23年)、日本鉄道自動車製で1形式1両。1949年(昭和24年)に電装されてモハ7510形となり、1969年(昭和44年)に廃車された。
  • モハ7520形(元富山電気鉄道モハ200形)
    1931年(昭和6年)、日本車輌製の15m級中型車でモハ201 - モハ203・モハ205・モハ206の5両(モハ204は欠番)があった。1969年(昭和44年)〜1971年(昭和46年)に廃車された。
  • クハ120形(元富山電気鉄道モハ100形・モハニ110形・クハ1000形)
    富山電気鉄道開業時からのグループで、モハ100形は12m級小型車。モハニ110形は荷物室合造車で1938年(昭和13年)に荷物室を撤去し電装解除、クハ109に改番した。富山電鉄系の車両でも小型の部類に入るが、これは区間列車向けを企図していたため。1957年(昭和32年)に車体を17m級に延長している。
  • モハ7530形(元富山電気鉄道モハ210形・モハ220形)
    1941年(昭和16年)、日本車輌製の16m級中型車。モハ210形とモハ220形で搭載する電動機が異なっていた。両運転台で片側の前面は貫通式、非貫通側の前面はごく緩い後退角を持つ3枚窓の平面だった。
  • モニ6570形(元富山電気鉄道モハ300形・モニ310形)
    元は光明電気鉄道が1928年の開業時に製造した16m級木造車で、同社の経営破綻で1935〜36年に富山電気鉄道に売却されたものがそのまま合併後の富山地方鉄道に引き継がれた。モハ2両、モニ1両があったが、1949年(昭和24年)に富山市の日本海ドックで簡易鋼体化改造されて全車に荷物室が設置され、以降はモニ6570形と総称された。機関車代用や荷物電車として使用され、1969年(昭和44年)に廃車された。なお、この荷物室と客室の仕切りは着脱自在で、荷物室部分には折り畳み収納の可能なロングシートの座席と網棚が設けられており、客室としても使えるようになっていた。
  • モハ10050形(元富山県営鉄道デニハ5形・デハ6形)
    富山県営鉄道が発注し、1937年(昭和12年)に運用を開始したクロスシート車、汽車会社製のデニハ5形、日本車輛製のデハ6形[26] で、1949年(昭和24年)の一斉改番で10050形モハ10055・10056となった。共に17m級車でモハ10055が3扉、モハ10056が2扉だった。後にロングシート化されており、1980年(昭和55年)に廃車された。
  • モハ8060形(元富山県営鉄道デニハ4形)
    1927年(昭和2年)、日立製作所製。一段下降窓で窓位置が高く、合併に参加した鉄道からの引き継ぎ車で最も古典的なスタイルだった。
  • モハ8020形・クハ110形(元富山県営鉄道デハ1形)
    1927年(昭和2年)、日本車輌製。
  • モハ8040形・モハ13140形(元黒部鉄道デ31形)
    1916年(大正5年)製の木造車を1951年(昭和26年)に鋼体化改造した車両。重厚なスタイルで、立山線で使用された。
  • モハ12510形(元黒部鉄道デ51形)
    1937年(昭和12年)川崎車輌製の両運転台車で2両あった。運転台の車掌台側のスペースを車掌が扱う荷物置き場にしており、このため車掌台側の乗務員扉は幅800mmと大きく取られていた。1980年(昭和55年)に廃車された。
  • クハ90形
    1962年(昭和37年)富士重工業製の制御車で2両あった。国鉄72系電車の近代化改造車に似たノーシルノーヘッダーで切妻前面3枚窓のスタイル、戸袋窓なしの両開き3扉構造が特徴。台車は近鉄名古屋線の1435mm改軌(1959年)で発生した中古品の日本車輛D16。戦前製手動加速制御電動車と組んでのラッシュ時増結用に用いられたが、元名鉄の14710形の大量導入で在来型電動車の廃車が進んだため運用しにくくなり、車齢9年で1971年(昭和46年)に廃車された。
  • クハ100形(元越中鉄道デハ100形)
    1930年(昭和5年)、日本車輌製。射水線の前身・越中鉄道からの引き継ぎ車で2両あった。射水線の低床化で本線に転属、1951年(昭和26年)に電装解除、1963年(昭和38年)に片運化され、1968年(昭和43年)に廃車された。
  • クハ130形(元越中鉄道デハ1形)
    越中鉄道からの引き継ぎ車で2両あった(軌道線の項目も参照)。1923年(大正12年)日本車輌製の木造ボギー電車で、後に鋼体化された。
  • クハ140形(登場当時はハフ11形)
    1944年(昭和19年)、新潟鉄工所製で2両あった。元は工場の工員輸送用の客車で1946年(昭和21年)に購入、制御車化した。国鉄モハ63系に似た切妻前面3枚窓で前面幕板部にヘッドライトをつけており、ノーシルノーヘッダーのスタイルが特徴。台車はクハ145がTR23系、クハ146がTR10系と2両で異なっていた。
  • クハ150形(2代目・元富岩鉄道セミボ30形)
    元は富岩鉄道開業時に用意された木造の2軸車2両(モハ10形10・11、元名古屋鉄道)。富岩線の戦時買収の際も富山地方鉄道に残留した。この2両を接合して富岩線用半鋼製ボギー車へ改造する工事が日本鉄道自動車で行われセミボ30形となり、1944年の合併で富山地方鉄道モハ30形モハ30へ改称、その後電装解除・制御車化されクハ150形クハ151となった。
  • クハ160形
    1948年(昭和23年)に射水線用モハ1201・クハ1301として登場、射水線の低床化で本線に転属。1949年(昭和24年)の一斉改番でモハ1201→デハ12053、クハ1301→クハ151(初代)に改番、さらにデハ12053は1951年(昭和26年)に電装解除されてクハ151ともどもクハ161・162(2代目・初代は14750形の制御車)に改番した。1956年(昭和31年)に片運化や制御装置などの換装を行って14750形専属の増結用車両となり、1980年(昭和55年)に廃車された。
軌道線編集
  • 3530形 - 末期は事業用車として使用されていた。
  • デ5000形
  • デ5010形 - 射水線・笹津線用(市内線にも乗り入れ実績あり)
  • ボ1形
    富岩線の戦時買収で一旦鉄道省所属となった後、1948年(昭和23年)に富山地方鉄道に譲渡され、後に除雪用に転用された。
  • デハ1形
    越中鉄道からの引き継ぎ車でデハ1 - 3・5(4は欠番)の4両があり、上記のボ1形に酷似したスタイル。木造車だったが後に鋼体化され、デハ1→デハ7511、デハ2・5→クハ131・132(車体延長)、デハ3→モハ9401となった。
  • デ3510形・デ2510形
    3530形とほぼ同様のスタイルの戦災復旧車で、電動機の出力の違いで区分されていた。1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)にかけて製造された半鋼製車でドア間窓が7枚と3530形よりも1枚多く、側面の腰板は木板の短冊張りだった。

車両数の変遷編集

鉄道線
14790形 モハ14780形
クハ180形
14760形 14750形 14720形 モハ14710形
クハ10形
10020形 クハ170形 10030形 16010形 17480形 計(冷房車)
1982-
1986
2 6 14 4 2 14 6 5 53(15)
1987 2 6 14 4 2 14 6 5 53(18)
1988 2 6 14 4 2 14 6 5 53(21)
1989 2 6 14 4 2 14 6 5 53(25)
1990 2 6 14 4 2 14 6 5 53(25)
1991 2 6 14 2 2 14 6 5 2 53(27)
1992 2 6 14 2 2 6 6 5 12 55(40)
1993 2 6 14 2 2 2 6 5 14 53(45)
1994 2 6 14 2 2 6 5 16 53(47)
1995 2 6 14 2 6 5 16 51(47)
1996 1 6 14 2 6 5 16 3 53(50)
1997-
1999
2 14 2 6 5 16 6 51(51)
2000-
2004
14 2 6 5 16 6 49(49)
2005-
2010
14 2 4 5 16 6 47(47)
2011 14 2 4 5 16 5 46(46)
2016 14 1 2 1 17 5 4 44(44)
  • 1982・83年は1月1日現在、84年以降は4月1日現在
  • 『私鉄車両編成表』各年版、ジェー・アール・アール

バス事業編集

富山県東部のほぼ全域で路線バスを運行するほか、貸切バス事業も行っている。なお、1965年当時の路線バスの営業キロ数は1128.4kmであった[14]

高速・特急バス編集

富山 - 東京線編集

 
東京 - 富山線(富山地方鉄道)4列シート時代の車両
 
東京 - 富山線(富山地方鉄道)日野・セレガ3列シート車。蓮台寺PAで休憩中

富山県氷見市富山市東京都豊島区渋谷区を結ぶ高速バス路線。加越能バス西武バスと共同運行。

名古屋 - 金沢線同様に北陸の都市間高速バスの草分け的存在で、2012年12月に開業25周年を迎えた。昼行便と夜行便が設定されている。かつては基本的にワンマン運行で、降雪や凍結を伴う冬期はツーマン運行だったが、2012年4月の関越自動車道高速バス居眠り運転事故に伴う安全規制の見直しもあり、通年で夜行便はツーマン運行となった。2017年5月15日、従来西武バスと加越能バスが運行してきた東京 - 高岡・氷見線と統合し、一部の便は氷見・高岡地区発着となった[27]

運行経路
運行回数
  • 1日4往復(昼行便3往復、夜行便1往復)。このほか金曜 - 日曜・祝日や繁忙期に定期増発便を1往復運行(夜行便のみ)。氷見営業所 - 富山駅前間、池袋駅東口 - バスタ新宿間は一部の便のみ運行。
路線沿革
使用車両

富山 - 大阪線編集

阪急観光バスと共同運行。

富山 - 名古屋線編集

名鉄バスと共同運行。

富山 - 新潟線編集

 
高速バス(新潟線)

富山県富山市と新潟県新潟市を結ぶ高速バス路線。新潟交通と共同運行。1日4往復で両社それぞれ2往復ずつ担当。

運行経路
路線沿革
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 運行開始。
  • 2007年(平成19年)7月 - 新潟県中越沖地震の影響で北陸自動車道が通行止めのため一時期一般道を迂回運行。
  • 2010年(平成22年)8月1日 - 長岡北・栄での乗降取り扱いを開始。
  • 2010年(平成22年)12月10日 - 魚津での乗降取り扱いを開始。
  • 2011年(平成23年)8月1日 - 木田(上越)での乗降取り扱いを開始。
  • 2020年(令和2年)4月15日 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、この日より当面の間一部便(各社1往復ずつ)を運休[33]
使用車両
  • 原則として化粧室付き4列シート定員40名車両で運行。

富山 - 金沢線編集

 
高速バス(金沢線)

富山県富山市と石川県金沢市を結ぶ高速バス路線。北鉄金沢バスと共同運行。

2004年3月6日運行開始。富山市中心部・郊外と金沢市の片町香林坊など中心繁華街が乗り換えなしでダイレクトで結ばれたこと、2014年4月1日現在片道930円という格安運賃、2時間ごとに1本という運行間隔が奏効し、開業当初から好評を博している。

なお、開業にあたっては、当時のJR北陸本線と直接競合することや、かつて運行された高速バス「金沢 - 高岡線」(2020年現在は経路を変えて運行中)の失敗から、需要への懸念も少なくなかった。

運行経路
路線沿革
  • 2004年(平成16年)3月6日 - 運行開始。
  • 2005年(平成17年)3月末 - 1日16往復(1時間ヘッド)に増便。
  • 2009年(平成21年)7月4日 - 土・日曜日及び祝日に4往復増便。1日20往復の運行となる。
  • 2013年(平成25年)12月1日 - 西中野口(富山市内)、南町(金沢市内)の各バス停を追加[34]
  • 2020年(令和2年)4月16日 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、この日より当面の間一部便(地鉄便は平日3往復、土日祝日4往復)を運休[35]
使用車両
  • 地鉄が三菱ふそう・エアロエース、北鉄金沢バスが三菱ふそう・エアロエースまたは日野・セレガで運行する。ともにコンセントを備えている(増発・代車などによりコンセントなしの車両も使用される)。
その他
  • 10枚綴り回数券(7,700円)が発売されている。

富山 - 城端線編集

砺波以南のJR城端線沿線から富山市内への通勤・通学需要に特化した高速バスである(定期券設定あり)。

平日朝は富山駅前方向のみ4本運転、平日夕は城端方向のみ4本運転(土休日は2本)。

運行経路

富山 - 高山線編集

富山県富山市と岐阜県高山市高山駅前を結ぶ高速バス路線。1日6往復で、そのうち富山地方鉄道が4往復(うち1往復は白川郷止)濃飛乗合自動車が2往復担当する共同運行。以前富山 - 高山間を神岡経由の一般道を利用し結んでいた特急バスの復活ではなく、この路線は北陸自動車道東海北陸自動車道を利用し、途中白川郷を経由する高速バスである。

運行経路
路線沿革
  • 2015年(平成27年)12月1日 - 運行開始。
  • 2016年(平成28年)10月1日 - 白川郷のバス停をせせらぎ公園から白川郷バスターミナルへ移設。
  • 2020年(令和2年)4月1日 - 2往復の増便と富山きときと空港経由便の新設を実施[36][37]
  • 2020年(令和2年)4月8日 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、この日より当面の間全便(一部便(2往復)は同年4月5日から)を運休[38]

富山きときと空港 - 高山線編集

濃飛乗合自動車と共同運行。

高速・特急バス廃止路線編集

富山 - 長野線編集

富山県富山市と長野県長野市を結んでいた高速バス路線。1日2往復で子会社の富山地鉄北斗バスと長電バスの共同運行。

運行経路
路線沿革

富山 - 仙台線編集

 
高速バス(仙台線)

富山県高岡市宮城県仙台市との間を結んでいた夜行高速バス路線。宮城交通と共同運行。

運行経路
  • 高岡駅前 - 小杉 - 富山大学前 - 富山駅前 - 総曲輪 - 滑川 - 魚津 - 黒部 ⇔ 山形県庁前 - 仙台駅前 - 仙台駅東口
路線沿革
  • 2008年(平成20年)4月20日 - 富山地方鉄道の1社運行で運行開始。
  • 2009年(平成21年)4月24日 - この日より宮城交通が運行に参加。
  • 2010年(平成22年)12月10日 - 魚津での乗降取り扱いを開始。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - この日発生した東日本大震災のため、同月20日まで運休。運行が再開された同月21日以降も、宮城交通側の体制が整わないため、富山地方鉄道による隔日運行。
  • 2011年(平成23年)4月8日 - この日の仙台出発便(富山出発便は翌4月9日)から宮城交通が運行を再開。毎日運行に戻る[39]
  • 2011年(平成23年)8月1日 - 運行起点を富山から高岡に変更および小杉・富山大学前・山形県庁前に停留所を追加。
  • 2017年(平成29年)3月31日 - 「金沢・富山 - 山形・仙台線」(前述)運行開始に伴い廃止[40]
使用車両
  • 独立3列シート・トイレ付き車両を使用していた。

金沢・富山 - 山形・仙台線編集

石川県金沢市から富山県富山市を経由して、山形県山形市宮城県仙台市との間を結んでいた夜行高速バス路線。北陸鉄道と共同運行。

運行経路
  • 金沢駅東口 - 高岡高速バスターミナル - 富山駅前 - 富山市役所前 - 総曲輪 - 富山市民病院前 - 西上袋 - 滑川 - 魚津 - 黒部 ⇔ 山交ビルバスターミナル - 山形県庁前 - 仙台駅前 - 仙台駅東口
路線沿革
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 「富山 - 仙台線」(前述)と「金沢 - 仙台線」(北陸鉄道運行)を統合の上運行開始。高岡高速バスターミナルに新たに停車、高岡駅前、小杉、富山大学前の各バス停を廃止[40]
  • 2020年(令和2年)4月1日 - 山交ビルバスターミナル停留所を新設[41]
  • 2020年(令和2年)4月19日 - 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、富山地方鉄道便はこの日より(北陸鉄道便は同年4月25日出発便より)当面の間全便運休[42]
  • 2020年(令和2年)7月17日 - この日の金沢発の便より運行再開[43]
  • 2021年(令和3年) 1月18日 - この日の出発便より土日祝日のみの運行となる[44]
  • 2021年(令和3年)3月31日 - この日の金沢発の便(富山地方鉄道担当便)より(仙台発は翌4月1日出発便より)8月30日の出発便(仙台発は翌31日の出発便)まで運休[45]
  • 2021年(令和3年)8月31日 - 路線廃止[46]。なお、先述の通り同年3月31日(仙台発は翌4月1日)の出発便より運休していたため、同年3月30日(仙台発は翌31日)の出発便が事実上の最終運行となった[45]
使用車両
  • 独立3列シート・トイレ付き車両を使用していた。

富山 - 平湯温泉線編集

富山県富山市と岐阜県高山市平湯温泉を結ぶ特急バス路線。濃飛乗合自動車と共同運行。高速道路を経由しないため高速バスではなく特急バスとされており、予約不要。富山駅前 - 猪谷間のみの乗車はできない。他の高速路線と異なり、地鉄担当便では中型観光タイプの車両のほか、9人乗りの小型車両が用いられる。この小型車はタクシーと同様の普通二種免許で運転可能なことから、他業種からの転職者や事務担当社員を活用し、運行に必要な乗務員の確保を目的に導入された[47]

もとは路線バスの[ 30 ] 神岡行。路線車で県境を越えて岐阜県まで足を伸ばす富山地鉄最長の一般路線だった。当時から濃飛バスとの共同運行が行われており、特に濃飛担当便は当時から中型観光タイプの車で富山県内では停車する停留所を絞る「特急」バスとして運行されていた。2005年7月10日、高速バスに準ずる現在の形態での運行を開始。2008年4月1日にはいったん全便が高山行に変更となる。平湯温泉方面へは代替として、途中の濃飛バス神岡営業所から奥飛騨温泉郷方面への路線バスに接続する形をとった。2010年4月より、富山 - 高山線の一部便の行先を変更することで、かつて実施されていた奥飛騨温泉郷方面へのバスの直通を復活させた。前述の神岡営業所からは高山方面への路線バスが接続する。2012年4月1日に、富山 - 高山線については廃止し、富山 - 神岡間と富山 - 平湯温泉間の運行となった[48]。 2020年4月1日に、富山 - 平湯温泉間2往復(地鉄・濃飛各1往復)運行となったのち、2021年4月1日のダイヤ改正で濃飛バス担当便を含め路線廃止となった[49]

運行経路

路線バス編集

 
新塗色
 
旧塗色(両側)と新塗色

路線バス網は2005年4月1日の合併前の富山市の市域のほぼ全体をカバーしており、一部の路線は旧市域の外へも伸びている。そのネットワークは富山駅正面口(南口)を中心としている。富山駅以外を発着する富山市および周辺市町村の路線バスはほとんどが公営バス・コミュニティバスになったが、一部の系統が地鉄バスの路線として残っている。

車体側面及び後部には平仮名で「せ」や「と」といった一文字が書かれているが、これは車両の所属する営業所を示したもので、前者は西部自動車営業所(同市牛島本町)、後者は東部自動車営業所(同市双代町)を指す。ほかに黒部自動車営業所「く」、八尾自動車営業所「や」がある。現在富山市の両営業所は統合し、東部が名前を改める形で富山自動車営業所となっているが、現在も車体の表記は変わっていない。

路線名は運賃表[50]によるが、発地や一部の経由地は省略している。23、31、67系統は、他の路線の運行が終了した平日23時に富山駅前発の「スターライトバス」(深夜料金不要)を運行していた路線である。

系統番号編集

富山駅前を発着または経由する各路線には2桁(またはかつては1桁)の系統番号が付されており、行き先が富山駅から見た方位により番号の十の位が決まる。一の位は今の系統システムが導入された際に路線の長い順等で決められたが、現在は路線の改廃が進んでいるため新規路線には廃止で欠番となった番号が充てられている。

以下に各番台の分類について述べる。

  • 10:富山大学前方面
  • 20:有沢方面
  • 30:市民病院方面
  • 40:南富山方面
  • 50:大泉駅前方面
  • 60:石金方面
  • 70:荒町経由(西町経由は色が反転する)
  • 80:永楽町方面
  • 90:石坂方面

高岡線編集

西部営業所の管轄である[50]

小杉線編集

  • 10:富山駅前 - 富山大学前 - 呉羽 - 富山短期大学前 - 小杉駅前

西部営業所の管轄である[50]

小杉経由新湊線編集

  • 11:富山駅前 - 富山大学前 - 小杉 - 作道 - 姫野 - 新湊車庫前(平日朝上り1便は、富山短期大学経由)

布目経由新湊東口線編集

  • 14:赤十字病院←富山駅前 - 富山大学前 - 布目 - 四方口 - 練合 - 新港東口
    • 富山地鉄北斗バス担当であった。
    • 赤十字病院への乗り入れは午前中に運行される富山駅方面の一部便のみ。
    • 2022年4月1日:国立高専射水経由新湊東口線を廃止[51]

国立高専射水線編集

  • 14:富山駅前 - 富山大学前 - 布目 - 四方口 - 国立高専射水
    • 2022年4月1日:前述の国立高専射水経由新湊東口線に代わる形で新設[51]
  • 富山駅北口 - 中島 - 東富山駅前 - 草島 - 田町 - 国立高専射水(富山駅北口-国立高専射水線)

布目経由四方線編集

  • 14:富山駅前 - 富山大学前 - 布目 - 四方口 - 四方神明町

西部営業所の管轄である[50]

北代循環線編集

西部営業所の管轄である[50]

  • 15:富山駅前→富山大学前→北代→長岡公民館前→石坂→富山駅前→音羽町→中央病院(富山大学前から94)
  • 94:中央病院→音羽町→富山駅前→石坂→長岡公民館前→北代→富山大学前→富山駅前(長岡公民館前から15
    • 94系統を掲示する代わりに、9系統(音羽町を経由していた廃止路線の番号)を掲示する場合がある。

富大附属病院・朝日循環線編集

富山営業所の管轄である[50]

五福経由ファボーレ線編集

  • 17:富山駅前←富山大学前←金屋←ファボーレ
    • 2019年10月1日:新設[52]

西部営業所の管轄である[50]

富山短期大学線編集

  • 19:富山駅前 - 富山大学前 - 呉羽山公園 - 追分口 - 呉羽 - 富山短期大学
  • 富山駅前→石坂→百塚→富山短期大学(石坂経由富山短期大学線)
  • 小杉駅前 - 小杉 - 老田口 - 富山短期大学(小杉~富山短期大学線)

西部営業所の管轄である[50]。 全ての系統が学休日運休。

山田線編集

  • 21:富山駅前 - 有沢 - 速星 - 長沢 - 山田行政センター
    • 2022年4月1日:牛岳温泉健康センター線を廃止[51]

牛岳温泉健康センターまで運行していた時代も、冬季には全便が山田行政センター折り返しとなっていた。

熊野経由八尾線編集

  • 23:富山駅前 - 有沢 - 速星 - 熊野 - 黒田 - 八尾鏡町

堤防経由八尾線編集

  • 24:富山駅前 - 有沢 - 轡田 - 萩の島口 - 黒田 - 八尾鏡町

速星線編集

  • 26:富山駅前 - 有沢 - ファボーレ前 - 速星(ファボーレ経由速星線)
  • 27:富山駅前 - 有沢 - 下轡田 - 速星 - 速星二区

西部営業所の管轄である[50]

国立富山病院線編集

  • 28:富山駅前 - 有沢 - 速星 - 長沢 - 国立富山病院

西部営業所の管轄である[50]

萩の島線編集

  • 29:赤十字病院 - 富山県美術館 - 富山駅前 - 有沢 - ファボーレ前 - 蔵島 - 熊野 - 富山駅前 - 富山県美術館 - 赤十字病院(ファボーレ経由萩の島線)
    • 2022年4月1日:全便を赤十字病院まで延伸[51]

富山駅前ロータリーの6番乗り場より出て、有沢を経由し南西に向かう路線。

猪谷線編集

  • 31:富山駅前 - 富山市民病院前 - 最勝寺 - 上大久保 - 笹津 - 猪谷
    • 2022年4月1日:赤十字病院−猪谷線を廃止[51]

笹津線編集

  • 31:富山駅前 - 富山市民病院前 - 最勝寺 - 上大久保 - 笹津
    • 2022年4月1日:赤十字−笹津線を廃止[51]

笹津春日温泉線編集

  • 32:赤十字病院 - 富山県美術館 - 富山駅前 - 富山市民病院前 - 最勝寺 - 上大久保 - 笹津駅前 - 笹津春日温泉
    • 赤十字病院への乗り入れに伴い、一部便を除いて「赤十字病院-笹津春日温泉線」として運行されている。

富山空港経由総合運動公園・防災センター線編集

  • 36:富山駅前 - 富山市民病院前 - 富山空港前 - 中坪口 - 総合運動公園 - 富山県広域消防防災センター
    • 2022年4月1日:健康パーク経由総合運動公園線・健康パーク経由防災センター線を廃止[51]

西部営業所の管轄である[50]

富山空港・成子経由八尾線編集

  • 36:富山駅前 - 富山市民病院前 - 富山空港前 - 中坪口 - 吉倉 - 成子 - 八尾鏡町

西部営業所の管轄である[50]

富山空港線編集

富山営業所の管轄である[50]。 富山空港へは富山駅前ロータリー6番乗り場より直行便・各停便の2種類がほぼ半々の割合で発着する。直行便は2012年に東京空港交通より転籍した専用車両で運行される。各停便は富山空港経由総合運動公園・防災センター線と富山空港・成子経由八尾線である。

坂本二区線編集

  • 38:富山駅前 - 富山市民病院前 - 最勝寺 - 上大久保 - 大沢野中学校口 - 坂本二区
    • 2022年4月1日:赤十字病院−坂本二区線を廃止し、新たに富山−坂本二区線を設定[51]

新保企業団地線編集

  • 39:富山駅前 - 市民病院前 - 西上袋 - 最勝寺 - 安養寺 - 新保企業団地

富山営業所の管轄である[50]

若竹町経由笹津線編集

  • 40:富山駅前 - 富山市民病院口 - 南富山駅前 - 上袋 - 若竹町 - 上大久保 - 笹津

辰尾団地線編集

  • 41:富山駅前 - 富山市民病院口 - 南富山駅前 - 上袋 - 若竹町 - 宮保 - 辰尾団地(一部の便は富山市民病院経由)

富山営業所の管轄である[50]

富山国際大学線編集

  • 43:富山駅前 - 富山市民病院口 - 南富山駅前 - 下堀 - 開発駅前 - 開発 - 福沢口 - 富山国際大学(一部の便は富山市民病院経由)

富山営業所の管轄である[50]。 月岡西緑町停留所ではデマンドバス方式を導入している。同停留所発着の45系統以外に、パソコンや停留所の端末で予約をすることで、43・44系統にも乗車可能である。

福沢線編集

  • 44:富山駅前 - 富山市民病院口 - 南富山駅前 - 下堀 - 開発駅前 - 月岡団地 - 月岡小学校前 - 福沢口 - 福沢

富山営業所の管轄である[50]。 全便が月岡団地経由の「月岡団地経由福沢線」として運行されている。 月岡西緑町停留所ではデマンドバス方式を導入している。同停留所発着の45系統以外に43・44系統にも乗車可能である。

月岡西緑町線編集

  • 45:富山駅前 - 富山市民病院口 - 南富山駅前 - 下堀 - 開発駅前 - 月岡団地 - 月岡小学校前 - 月岡西緑町

富山営業所の管轄である[50]

興人団地〜国立高専線編集

  • 46:興人団地→富山駅前 - 市民病院口 - 朝菜町駅前 - 堀 - 国立高専
  • 47:興人団地→富山駅前→市民病院口→下堀→堀→国立高専前(休日は運休)
  • 88:興人団地←富山駅前←市民病院口←朝菜町駅前←堀←国立高専

88系統となるのは興人団地行きのみで、国立高専前発の富山駅前止まりは46系統である。

大泉経由五百石線編集

高原〜不二越線編集

  • 51:富山駅前 - 西公文名 - 大泉駅前 - 高原西口 - 不二越12丁目 - 東長江
  • 61:高原西口→不二越12丁目→東長江→石金→富山駅前

不二栄町線編集

  • 52:富山駅前→西公文名→大泉駅前→不二栄町→山室→大泉駅前→西公文名→富山駅前(不二栄町循環)
    • 2020年4月1日:不二栄町−赤十字病院線を廃止し、富山駅前発着となる[53]

石金経由五百石線編集

  • 60:富山駅前 - 石金 - 町村 - 大島 - 日置 - 五百石駅前

石坂〜中央病院線編集

  • 62:石坂 - 畑中 - 富山駅前 - 石金 - 中央病院

富山営業所の管轄である[50]

流杉線編集

  • 64:赤十字病院 - 富山県美術館 - 富山駅前 - 石金 - 不二越正門前 - 高原西口 - 山室荒屋 - 流杉病院
    • 2022年4月1日:赤十字病院−流杉病院線を新設、一部便を除いて赤十字病院まで乗り入れ[51]

西の番線編集

  • 65:富山駅前 - 石金 - 高原西口 - 太田 - 城村 - 富山斎場
  • 66:富山駅前 - 石金 - 高原西口 - 太田 - 城村 - 大場(大場線)
  • 6566:富山駅前 - 石金 - 高原西口 - 太田 - 城村 - 大場 - 富山斎場前(大場経由西の番線)

富山営業所の管轄である[50]。 65系統は大半の便が大場経由で「65・66系統」として運行される。

藤の木循環線編集

  • 67:富山駅前→石金→町村→金代→藤の木小学校前→町村→富山駅前
    • 2020年4月1日:藤の木循環−赤十字病院線を廃止し、富山駅前発着となる[53]

富山営業所の管轄である[50]。 富山駅前8番乗り場より出て、石金を経由し南東へ向かう路線。

水橋経由滑川線編集

富山営業所の管轄である[50]

水橋東部団地線編集

  • 72:富山駅前 - 荒町 - 新庄新町 - 針原新町 - 水橋口 - 水橋東部団地

富山営業所の管轄である[50]

荏原線編集

  • 73:富山駅前→西町→新庄新町→荏原→新庄新町→富山駅前(循環)

富山営業所の管轄である[50]

上飯野団地経由東高校線編集

  • 76:富山駅前 - 西町 - 新庄新町 - 上飯野団地 - 済生会病院 - 東高校

富山営業所の管轄である[50]

荒町経由ケアハウス線編集

  • 77:富山駅前←荒町←新庄新町←向新庄口←針原新町←宮成口←ケアハウスとやま前

富山営業所の管轄である[50]

西町経由針原線編集

  • 77:富山駅前 - 西町 - 新庄新町 - 向新庄口 - 針原新町 - 針原

富山営業所の管轄である[50]

ケアハウス経由済生会病院線編集

富山営業所の管轄である[50]。 一部ケアハウスとやま前を経由する便がある。

済生会病院経由水橋東部団地線編集

  • 79:富山駅前 - 西町 - 新庄新町 - 向新庄口 - 運転教育センター - 済生会病院 - 水橋東部団地

富山営業所の管轄である[50]

中央病院〜リハビリセンター線編集

  • 81:中央病院 - 富山駅前 - 下赤江 - 豊若町 - 済生会病院 - 県リハビリセンター

永楽町→富山駅前→中央病院・中央病院→清水町間は62系統を掲示する。

下赤江経由東高校線編集

  • 82:富山駅前←荒町←稲荷元町←下赤江←豊若町←東高校前

中央病院〜犬島米田線編集

  • 84:中央病院→富山駅前→下赤江→豊田本町一丁目→米田すずかけ台→豊若町→下赤江→富山駅前→中央病院(米田すずかけ台からは80系統)

永楽町→富山駅前→中央病院・中央病院→清水町間は62系統を掲示する。 朝に豊田本町1丁目始発、夜に豊若町終着便あり。 富山営業所の管轄である[50]

八幡経由四方線編集

  • 90:四方神明町→八幡→追分→石坂→五福末広町→富山駅前
  • 90:富山まちなか病院 - 総曲輪 - 富山駅前 - 畑中 - 石坂 - 追分 - 八幡 - 四方神明町(富山まちなか病院-八幡経由四方線)
    • 2022年4月1日:総曲輪−八幡経由四方線を廃止[51]

八幡経由草島線編集

  • 90:草島→八幡→追分→石坂→五福末広町→富山駅前

布目・石坂経由新湊東口線編集

  • 91:新港東口→四方口→布目→百塚→石坂→五福末広町→富山駅前→赤十字病院
  • 91:新港東口→四方口→布目→百塚→石坂→畑中→富山駅前→総曲輪

布目・石坂経由四方線編集

  • 91:四方神明町→布目→百塚→石坂→五福末広町→富山駅前

かつては富山地鉄北斗バス担当、合併後は西部営業所の管轄である[50]

新桜谷町線編集

  • 92:新桜谷町 - 附属学園前 - 畑中 - 富山駅前 - 石金 - 中央病院

呉羽山老人センター編集

  • 92:呉羽山老人センター - 附属学園前 - 畑中 - 富山駅前 - 石金 - 中央病院(五艘〜中央病院線)

不二越〜石坂線編集

  • 93:高原西口→不二越12丁目→石金→富山駅前→畑中→石坂

フィーダーバス編集

 
フィーダーバスと電車(2008年5月10日 岩瀬浜駅

富山港線の蓮町(馬場記念公園前)駅岩瀬浜駅に接続するフィーダーバス2路線を運行している。

  • 四方・草島ルート:蓮町 - 草島 - 荒屋 - 四方神明町
  • 岩瀬・大広田・浜黒崎ルート:岩瀬浜駅前 - 日方江 - 浜黒崎浜通り - 水橋漁港前
    • 2006年4月の富山港線の移管開業に合わせて、富山市が試験的に運行を開始した。
    • 2007年4月から本格運行となり、運行主体が富山ライトレールに移管された。なお、実際の運行は一貫して、富山地方鉄道に委託されていた。
    • 2020年2月に富山ライトレールを吸収合併し、運行主体も富山地方鉄道となった。

国際大付属高校線編集

  • 八尾コース:八尾駅 - 国立富山病院口 - 速星 - イノベーションパーク - 国際大付属高校
  • 杉原コース:大杉 - 萩の島 - 速星 - イノベーションパーク - 国際大付属高校
  • 南富山ルート:本郷町五区 - 南富山駅前 - 富山市民病院口 - 旅篭町 - 富山大学前 - 呉羽 - 国際大付属高校
  • 大沢野ルート:大沢野行政センター前 - 最勝寺 - 富山市民病院前 - 総曲輪 - 富山大学前 - 呉羽 - 国際大付属高校
  • 東富山ルート:米田すずかけ台 - 岩瀬浜駅前 - 草島 - 四方口 - 布目 - 八町口 - 国際大付属高校
  • 高岡ルート:新高岡駅 - 井口本江 - 大門総合会館前 - 小杉駅前 - 国際大付属高校

歌の森小学校線編集

  • 北野 - 黒河 - 歌の森小学校
  • 太閤山東住宅前→歌の森小学校前(射水市)※片道運行

八尾高校線編集

  • 最勝寺→安養寺→塩→八尾高校(富山市)
  • 大沢野行政センター→塩→八尾高校
  • 最勝寺←安養寺←大沢野行政センター←塩←八尾高校

大森線編集

  • 五百石駅前 - 大清水 - 西大森 - 一夜泊(立山町)

蔵本団地線編集

黒部営業所の路線編集

富山県東部の各市町村でも移管・廃線が進んでいるが、電鉄魚津駅電鉄黒部駅を発着する以下の系統が存在する。2011年10月1日より運行社会実験として一部路線のルート変更が行われている。

桜井高校線編集
池尻線編集
  • 黒部駅前 - 電鉄黒部駅前 - メルシー - 田家新 - 尾山 - 池尻
東蔵線編集
黒沢・大沢線編集
生地循環線編集
  • 1 電鉄黒部駅前→生地駅→電鉄黒部駅前→黒部駅前
  • 2 黒部駅前→電鉄黒部駅前→生地駅→電鉄黒部駅前→黒部駅前→道の駅KOKOくろべ
  • 3 道の駅KOKOくろべ→黒部駅前→電鉄黒部駅前→生地駅→電鉄黒部駅前→黒部駅前→道の駅KOKOくろべ
  • 4 黒部駅前→電鉄黒部駅前→たなかや前→生地駅→たなかや前→電鉄黒部駅前→黒部駅前
  • 5 黒部駅前→電鉄黒部駅前→たなかや前→生地駅→たなかや前→電鉄黒部駅前
  • 6 道の駅KOKOくろべ→黒部駅前→電鉄黒部駅前→たなかや前→生地駅→たなかや前→電鉄黒部駅前→黒部駅前→KOKOくろべ
    • 2022年4月1日:道の駅KOKOくろべまで延伸[51]
南北循環線編集
  • 黒部駅前 - メルシー - 電鉄黒部駅前 - 金屋 - 生地駅
  • 黒部駅前 - 電鉄黒部駅前 - 中新 - 生地駅
新幹線市街地線編集

夏山バス編集

夏季限定で運行される、登山・行楽客をターゲットとした路線。

  • 富山駅前 - 有峰口 - 亀谷温泉 - 有峰記念館 - 折立
  • 富山駅前 - 富山空港 - 室堂

市内周遊ぐるっとBUS編集

  • 富山市市街地の美術館博物館・観光施設を巡る有料周遊バス(2015年4月1日より運行)
  • 周遊ルートは北西回りルート・南回りルートの2ルートがあるが一体で循環運行されており、富山駅(南口)前を起点に、1時間間隔で各ルート毎日計6便運行。

富山ぶりかにバス編集

 
富山ぶりかにバスのハイエース

富山駅から射水市・氷見市を結ぶ観光路線バス。北陸新幹線開業に先立って2013年10月5日に実証運行を開始[54]、運行時期によっては富山空港発着便も設定された[55]。基本的に観光バスタイプの車両で運行されるが、予約の少ない日は小型車両で運行されることがある。ぶりかにバス専用のフリーきっぷが設定されていて、指定店舗での買い物優待を受けることができる。終点のひみ番屋街では加越能バス「わくライナー」(高岡 - 和倉温泉)に乗り継ぐことができる。 2022年4月1日から当面の間、休止[51]

スカイバス富山編集

 
スカイバス富山・射水コース(2018年運行当時)
 
スカイバス富山・富山市内コース(2019年運行当時)

2018年より冬期を除いて日の丸自動車興業「スカイバス東京」のオープントップバスをスポットで借り入れて運行している。

射水コース世界で最も美しい湾クラブに加盟する富山湾の魅力を発信する取り組みの一つとして企画され、2018年10月12日から10月16日にネオプラン・スカイライナーを借り入れて射水市の新湊きっときと市場 - 新湊大橋を往復するコースで運行された[56]。富山市内コース設定後は10月の特定日に運行され、2019年10月13日から22日、2020年10月22日から25日、2021年10月21日から24日に運行された。

富山市内コースは2019年5月23日に富山県内で開催された日台観光サミットの開幕に併せて5月22日より6月30日まで富山市内を周回する定期観光バスとして運行[57]、8月9日から9月3日、10月9日から31日にも再度運行され、以降2022年まで毎年運行されている。2020年は9月18日から11月1日[58]、2021年は4月23日から6月13日、10月1日から10月31日に運行され[59]、2022年は4月22日から6月21日の運行を予定している[60]。(車両整備、射水コース運行、富山マラソン開催に伴う運休日あり)。

アルペンルートコースは2021年の立山黒部アルペンルート50周年を記念して企画され、5月21日より5月30日まで運行。車窓から雪の大谷を楽しむコンセプトで、立山町にある立山有料道路室堂ターミナルから国見駐車場を往復した[61][62]。前日の5月20日には送り込みを兼ねて富山駅→室堂ターミナル、最終日の5月30日には戻り便として室堂ターミナル→富山駅でも営業運転を行った[63]。富山市内コースと運行期間が重なるため、アルペンルートコース専用にネオプラン・スペースライナーを借り入れた。2022年は5月13日から22日までの運行[64]に加えて夏にも設定され、8月5日から14日まで運行される予定[65]

このほか下記のような期間限定コースが運行された。

運行受託編集

コミュニティバス編集

現在の受託路線(2020年時点)
いずれも富山市内の路線。
過去の受託路線
いずれも受託を取りやめ、事業者や運行形態が変更となっている。

スクールバス編集

2016年度より富山国際大学付属高等学校のスクールバスを運行。専ら生徒の登下校に合わせたダイヤだが、学校以外の各停留所間の運賃も設定されており、学校関係者以外の利用を排除しているわけではない。富山市、射水市、高岡市の各地域を起点として運行。

車両編集

一般路線車編集

 
現行塗装
 
富山イメージリーダーバス、車体には略称のTLIBが記載されている。

以前はUDトラックス(旧:日産ディーゼル工業)・三菱日野の3社体制だった。日野の大型車「ブルーリボン」および1980年代に導入された中型車「レインボー」については富士重工業がボディーを架装していて、前者は1996年式まで採用された。2008年にいすゞ自動車製が導入され、現在は4社体制となっている[74]

1997年までは原則新車のみ導入してきたが、1998年以降は大手事業者からの中古車も導入されている。1998年から2000年にかけては高速バスの共同運行相手の西武バス京阪バスから大量に導入していたが、最近は廃車などで少なくなっている。なお、西武バスからの譲渡車については2010年より再び導入されている。

2004年以降は神戸市営バス大阪市営バス姫路市営バス高槻市営バス横浜市営バスなどからも導入していたが、2010年後半以降は一部を除き神奈川中央交通からの中古車が大量に導入されている。2008年には、姫路市営バスからいすゞ・エルガミオノンステップが移籍してきたこのため、富山地鉄では久々にいすゞ路線車が登場した。子会社の富山地鉄中央バスにも1台導入されたほか、同時に日産ディーゼル・RMノンステップ1台も増備されている。なお、2007年より統合車種である日野・レインボーIIノンステップも増備されているが、ヘッドライトが2灯式になっているため外観での区別は可能である。

大型車のサイズは10.2mクラスが多いが、1990年代には10.7m車も導入されている。西武バスからの中古車では10.7m車中心に導入され、かつては11m車も活躍していた。中型車は1980年代後半より黒部自動車営業所を中心に導入され、90年代以降は富山地区にも大型車と平行して本格的に増備された。

1997年ごろまで東部・黒部両自動車営業所が三菱車、西部自動車営業所が日野車、八尾自動車営業所が日産ディーゼル車に統一されていたが、中古車の導入や勤務ローテーションの変更などにより崩れている。

低床型バスは1997年より積極的に導入している。同年より三菱ふそう・エアロスターワンステップ3台、1999年には日野・レインボーワンステップ2台を増備した。2000年よりノンステップバスの導入が開始され、2010年現在、子会社の富山地鉄中央バスを含みコミュニティバスを除くと41台を保有している。また、2006年の新車より液晶パネル式運賃表(レシップ製)を採用している。

1996年に導入された新車より採用されているカラーは都営バスのカラー[注 4](ノンステップバス導入以前のもの)を前後逆にしたものである。また、それ以前に1972年から1995年まで採用されていた白と水色のストライプ調の塗装も、日野・ブルーリボンのカタログ車両のカラーリングを参考にしており、それがほぼそのまま採用されていた[75]

2009年2月に新規納入された大型ノンステップバス2台(日産ディーゼル・スペースランナーRA 八尾自動車営業所所属)が富山イメージリーダーバス(以下、TILB)と称して立山の新雪と若い樹木をイメージした、白地に黄緑色の円が描かれた新しいデザインで登場している[75]。2010年3月にも前者およびUDトラックスからのOEM車種である三菱ふそう・エアロスター-S(AA系)がそれぞれ1台ずつ、2011年3月には三菱ふそうからのOEM車種であるUDトラックス・スペースランナーA(AP系)が導入されたが、2012年以降は三菱ふそう・エアロスターを増備している。先述のTILBに加え通常カラーの車両も導入されているほか、八尾自動車営業所に続き富山自動車営業所にもTILBが導入されるようになった。

路線バスの方向幕は系統によってそれぞれの塗り分けがなされているためか、LED式の方向幕を装備した車両は導入されていなかったが、2012年度の新車より採用された。ただし、高速バスには2004年の新車より採用している。また、子会社の加越能鉄道では1999年に導入された新車よりLED式方向幕を採用している。

高速路線車編集

長らく日産ディーゼルに統一されていたが、2008年以降は日野・セレガや2012年以降からは三菱ふそう・エアロエースも導入されている。

貸切車編集

いすゞを除く3メーカーを保有しており、日産ディーゼルを中心とした構成となっている。また、1985年にネオプラン・スカイライナーを富山地鉄観光と各1台[76]、1992年から1999年にかけてボルボ・アステローペも大量に保有していたが2012年3月をもって全廃となった。子会社の富山観光バスではいすゞ車も保有していて、2008年には新型ガーラSHDも導入している。

三菱車は1992年式まで呉羽自動車製ボディーで導入されていた。エアロバスKとキュービックスタイルのサンシャインデッカーも活躍していたが、全車引退している。子会社の加越能鉄道でもエアロバスKやキュービックスタイルのサンシャインデッカーを導入していたが、後者は富山地鉄とほぼ同じ頃に全車引退している。

日産ディーゼル車は長年、富士重工業または西日本車体工業製ボディーで導入されていた。車種はスペースアローをメインに同ショートタイプおよびスペースウイングを導入している。特に、2003年に富士重工がバス事業撤退のときに高速路線車とともに最終生産分を導入している。2009年には三菱ふそうからのOEM車種であるスペースアローA・同ショートタイプが導入されている。同時に三菱ふそう・エアロエース1台も導入され、外観での区別は困難であるが、ステアリングのマークで区別できる。

貸切バスの塗装はブラウンとオレンジの帯が配されたカラーリングが、若干の意匠変更がありながらも、1982年から採用され続けてきた。車両側面のロゴは当初「TOYAMA CHITETSU KANKO」になっていたが、1993年の新車より子会社の加越能鉄道と同じ筆記体表記となるとともにラインの細部が変更された。さらに、1997年の新車より大文字の「TOYAMA」のロゴに変更され現在の新グループ共通カラーにも採用されている。

2008年4月にグループ会社の加越能鉄道、富山観光バスと共に貸切バス受注部門を統合したことを契機に、同時期に新規納入された貸切バス(車両は三菱ふそう・エアロクイーン2台)からは、白色と桃色を基調とした新グループ共通カラーが採用された[77]。車両後部のロゴも「富山地鉄観光」から「TOYAMA」に変更されている。このような塗装変更は約28年ぶりである。同時に富山(旧東部)自動車営業所内に富山地鉄グループ観光バスセンターが設けられた。

今後、既存の車両も順次塗り替えを進め、2011年をめどにすべての車両の塗り替えを完了させる予定である。なお、高速バス車両はこれまでの塗装を引き続き採用している。

このほか、「富山ぶりかにバス」や「ぐるっとBUS」などで運用されるトヨタ・ハイエースを保有する[78]

企画乗車券編集

2020年3月21日現在。詳細は、公式サイトの「乗車券一覧(鉄道・バス)」を参照。

自社で発売する乗車券編集

鉄道線・市内電車1日フリーきっぷ
地鉄電車全線(富山軌道線も含む)が1日乗り放題になる乗車券で、乗車期間によって夏季(4月1日から11月30日まで)と冬季(12月1日から3月31日まで)の2種類がある(販売価格が期間により異なる)。これとは別に地鉄電車が2日間乗り放題になる鉄道線・市内電車2日フリーきっぷもある。このフリーきっぷには自由席特急料金も販売価格に含まれる。
地鉄観光列車フリーきっぷ
富山地方鉄道が運行する観光列車の乗車を目的にした乗車券。富山軌道線・富山港線全線と本線の電鉄富山駅 - 上市駅間、立山線寺田駅 - 岩峅寺駅間、不二越上滝線稲荷町駅 - 岩峅寺駅間が1日乗り放題になる。自由席特急料金が販売価格に含まれる。
富山軌道線が1日乗り放題になるフリーきっぷ
富山軌道線・富山港線と富山駅前からのバス280円区間が乗り放題になる市内電車・バス1日ふりーきっぷがある。2020年3月20日までは市内電車・バス1日ふりーきっぷでは富山港線は利用不可で、富山港線も乗り放題になる富山まちなか岩瀬1日ふりーきっぷが別途発売されていた[79]。またこれら以外にも、富山軌道線・富山港線全線が1日乗り放題で、ます寿し(8分の1切れ)・富山名物の和菓子(一部)と交換できるクーポン2枚が付いたぐるっとグルメぐりクーポン、クーポン5枚が付いたぐるっとグルメぐりクーポンプラスも販売されている。
年末年始ふりーきっぷ
富山地方鉄道・アルペンルート5日間フリー乗車券
地鉄電車全線と立山黒部アルペンルート立山駅 - 黒部湖駅間が5日間乗り放題になる乗車券で、立山黒部アルペンルートの運行期間に限って販売される。
くろワンきっぷ[80]
黒部市内区間の利用促進を目的とした乗車券で、2007年から毎年春期と秋期に発売されている[81]。1枚500円(大人)で、実施期間の土日祝日1日に限り黒部市内の電鉄石田駅 - 宇奈月温泉駅間と市内を走る一部の路線バスが乗り放題になる(利用できる路線バスは実施時期によって変動あり)。なお、2016年の秋期から実施日以外の平日のみ[82]電鉄黒部駅と宇奈月温泉駅などで前売り販売する方式に変更している。

他社が販売する乗車券編集

立山黒部アルペンきっぷ[83]
西日本旅客鉄道(JR西日本)[84]東海旅客鉄道(JR東海)[85]が販売する乗車券で、いずれも立山黒部アルペンルートの運行期間に限って販売される。かつては東日本旅客鉄道(JR東日本)でも発売されていた。
発売箇所・経由路線・販売価格に違いはあるが、利用開始日から8日間乗り放題となる(ゴールデンウィークお盆期間は利用不可)。富山地方鉄道での適用区間は、アルペンルートの一部となっている電鉄富山駅 - 立山駅[注 5]の区間が対象となる。以前は寺田駅 - 宇奈月温泉駅間もフリー区間であったが、現在は電鉄富山・寺田・立山・宇奈月温泉の各駅でのアルペンきっぷ提示で同区間の往復乗車券の2割引販売となっている。

富山地鉄グループ編集

富山地方鉄道を中心とした富山地鉄グループ(地鉄グループ)各社で、『おでかけ』『遊ぶ・楽しむ』『暮らしと安心』『泊まる』『グルメ・ショッピング』の5領域において交通事業やレジャー・観光事業、不動産事業などを網羅している。

以下を除き、全て富山地方鉄道の連結子会社である。

おでかけ編集

  • 鉄道・市内電車・バス - 富山地方鉄道

遊ぶ・楽しむ編集

暮らしと安心編集

泊まる編集

  • 電鉄富山駅前 - 富山地鉄ホテル
  • 立山黒部アルペンルート - 立山黒部貫光(弥陀ヶ原ホテル・ホテル立山)
  • 黒部峡谷 - 黒部観光開発(黒薙温泉)

グルメ・ショッピング編集

  • グルメ - 富山地鉄サービス(居酒屋『炉端長屋 一一(いちいち)』『旬和席 いちいち つう』)
  • ショッピング - 富山地方鉄道(電鉄富山駅ビル『エスタ』)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 公式サイト下部には「TOYAMA CHIHOU TETSUDOU.INC」、英語版公式サイト冒頭には「TOYAMA CHIHOU RAILWAY」、西武から譲渡を受けた特急型車両には「TOYAMA REGIONAL RAILWAY」とそれぞれ表記されている。
  2. ^ ただし正式なサハは10020形のサハ220形のみ。16010形の付随車クハ110形は形式上は制御車に分類されているが、実態は付随車であった。また10030形のうち唯一の付随車サハ31は、百位の数字を省略した2桁の形式番号を称している。
  3. ^ 運行主体が富山ライトレール[70]から富山地方鉄道[71]に変更されている。
  4. ^ 参考画像
  5. ^ 途中の稲荷町駅 - 岩峅寺駅間は寺田駅経由(本線・立山線)と南富山駅経由(不二越・上滝線)の2ルートがあるが、双方とも利用可能。

出典編集

  1. ^ a b 企業情報 - 沿革”. 富山地方鉄道. 2020年3月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 富山地方鉄道株式会社 (2019-06-26). 第136期(平成30年4月1日 - 平成31年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  3. ^ 『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』178ページより。
  4. ^ 『富山市史 第四巻』(1969年12月20日、富山市発行)855頁。
  5. ^ a b “ICカード「ecomyca」(えこまいか)の鉄道線でのサービス開始について” (PDF) (プレスリリース), 富山地方鉄道, (2012年2月24日), オリジナルの2012年3月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120322142437/http://www.chitetsu.co.jp/ic/ic-pres-224.pdf 2016年2月6日閲覧。 
  6. ^ “10月10日からの市内電車での全国交通系ICカードのご利用について” (プレスリリース), 富山地方鉄道, (2021年9月24日), https://www.chitetsu.co.jp/?p=58195 2021年10月11日閲覧。 
  7. ^ “市内電車でICOCA等の全国交通系ICカードが利用できるようになります” (PDF) (プレスリリース), 富山地方鉄道/富山市/西日本旅客鉄道, (2021年9月10日), オリジナルの2021年9月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210910033442/https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210910_08_icoca_toyama.pdf 2021年10月11日閲覧。 
  8. ^ a b 富山地鉄が駅・停留場ナンバリングを導入…鉄道線はT、軌道線はCの頭文字 2-3月”. レスポンス. イード (2019年2月18日). 2019年3月16日閲覧。
  9. ^ 『路線別に色分け 富山地鉄ナンバリング』北日本新聞 2019年2月9日33面
  10. ^ “富山ライトレール、2月22日に富山地鉄が吸収合併”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2020年2月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55944650R20C20A2LB0000/ 2020年2月23日閲覧。 
  11. ^ a b “富山地鉄とライトレールが合併 路面電車を一体運行”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2019年4月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44203960V20C19A4LB0000/ 2019年5月28日閲覧。 
  12. ^ a b 富山地方鉄道・富山ライトレール合併、富山港線が77年ぶり地鉄に”. マイナビニュース. マイナビ (2019年5月2日). 2019年5月28日閲覧。
  13. ^ “ライトレールを吸収し富山地鉄 合併初日を迎える”. NNNニュース (日テレニュース24) (NNN). (2020年2月22日). オリジナルの2020年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/HYhK9 
  14. ^ a b 『富山地方鉄道70年史 -この20年のあゆみ-』(2000年9月、富山地方鉄道発行)10ページ
  15. ^ 『富山地方鉄道五十年史』(1983年3月28日、富山地方鉄道株式会社発行)231頁。
  16. ^ 『富山地方鉄道五十年史』(1983年3月28日、富山地方鉄道株式会社発行)365頁。
  17. ^ 『富山地方鉄道五十年史』(1983年3月28日、富山地方鉄道株式会社発行)365 - 366頁。
  18. ^ 『富山地方鉄道五十年史』(1983年3月28日、富山地方鉄道株式会社発行)367頁。
  19. ^ 『富山地方鉄道50年史』(昭和58年3月28日、富山地方鉄道株式会社発行)533ページ
  20. ^ 富山地鉄31年ぶり 自動改札機復活へ 17日からICカード導入[リンク切れ] - 中日新聞、2012年3月1日
  21. ^ 富山地方鉄道株式会社 本線中加積駅構内 列車脱線事故 (PDF)”. 運輸安全委員会 (2009年4月24日). 2019年5月28日閲覧。
  22. ^ 「枕木腐りクギ折れて脱線?…富山地方鉄道、ずさん管理」読売新聞 2009年4月24日
  23. ^ 富山地鉄 特急が全廃へ 最後の1本「宇奈月→立山」運転取りやめ コロナ影響”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ (2022年4月1日). 2022年4月17日閲覧。
  24. ^ 京阪特急「テレビカー」時代の姿に戻った富山地方鉄道100030形”. マイナビニュース (2012年11月13日). 2021年12月1日閲覧。
  25. ^ 「だいこん電車」古参4両引退へ 富山地鉄、親しまれ60年”. 北陸・信越観光ナビ (2019年9月7日). 2021年12月1日閲覧。
  26. ^ 大山町の歴史編集委員会 「大山町の歴史」p534 大山町 1990年
  27. ^ a b 高速バス東京線の運行改編について”. 富山地方鉄道. 2017年4月18日閲覧。
  28. ^ “高速バス時代が本格到来”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1989年4月20日) 
  29. ^ 高速乗合バス 運賃改定のお知らせ”. 西武バス (2019年6月19日). 2019年6月30日閲覧。
  30. ^ 高速バス「東京線」運賃改定について”. 富山地方鉄道 (2019年5月15日). 2019年6月30日閲覧。
  31. ^ 高速バス東京線の運賃改定について”. 加越能バス (2019年5月16日). 2019年6月30日閲覧。
  32. ^ 高速バス東京線の全便運休について”. 富山地方鉄道 (2020年4月7日). 2020年4月23日閲覧。
  33. ^ 高速バス新潟線の一部運休について”. 富山地方鉄道 (2020年4月7日). 2020年4月23日閲覧。
  34. ^ 高速バス「金沢線」に停留所の追加!”. 富山地方鉄道 (2013年11月12日). 2018年7月28日閲覧。
  35. ^ 高速バス金沢線の一部運休について”. 富山地方鉄道 (2020年4月15日). 2020年4月23日閲覧。
  36. ^ 北國新聞2020年3月4日号朝刊
  37. ^ 高速バス高山線の増便と富山空港経由について”. 富山地方鉄道 (2020年2月28日). 2020年4月23日閲覧。
  38. ^ 高速バス高山線の全便運休について”. 富山地方鉄道 (2020年4月15日). 2020年4月23日閲覧。
  39. ^ 高速バス「富山-仙台線」の通常運行再開について (PDF) (富山地方鉄道プレスリリース 2011年4月1日)
  40. ^ a b 高速バス「金沢・富山-山形・仙台線」運行開始のご案内”. 富山地方鉄道 (2017年3月2日). 2018年7月28日閲覧。
  41. ^ 高速バス「仙台・山形線」バス停留所の増設について”. 富山地方鉄道 (2020年2月14日). 2020年3月14日閲覧。
  42. ^ 高速バス仙台線の全便運休について”. 富山地方鉄道 (2020年4月16日). 2020年4月23日閲覧。
  43. ^ 高速バス仙台・山形線の運行再開について”. 富山地方鉄道 (2020年7月3日). 2020年7月22日閲覧。
  44. ^ 【富山・金沢線】1月18日以降の運行について”. 宮城交通 (2021年1月13日). 2021年4月4日閲覧。
  45. ^ a b 高速バス「仙台・山形線」の全便運休について”. 富山地方鉄道 (2021年3月15日). 2021年4月4日閲覧。
  46. ^ 高速バス「仙台・山形線」の路線廃止について”. 富山地方鉄道 (2021年8月10日). 2021-08ー10閲覧。
  47. ^ 北陸の高速バス快走 「直通」武器に集客、訪日客にも人気”. 日本経済新聞社 (2019年6月13日). 2020年3月9日閲覧。
  48. ^ 路線バスの運行系統廃止について (PDF)”. 富山地方鉄道 (2012年3月1日). 2012年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月9日閲覧。
  49. ^ 令和3年4月1日(木)乗合バスダイヤ改正【3/23追記】 | 富山地方鉄道株式会社”. www.chitetsu.co.jp. 2022年2月2日閲覧。
  50. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 路線バス:運賃の検索”. 富山地方鉄道. 2022年7月7日閲覧。
  51. ^ a b c d e f g h i j k l 令和4年4月1日(金)乗合バスダイヤ改正”. 富山地方鉄道. 2022年7月7日閲覧。
  52. ^ 令和元年10月1日(火)路線バスのダイヤ改正について”. 富山地方鉄道. 2022年7月7日閲覧。
  53. ^ a b 2020年4月1日(水)乗合バスダイヤ改正について”. 富山地方鉄道. 2022年7月7日閲覧。
  54. ^ 観光路線バス「富山ぶりかにバス」「世界遺産バス」の運行について (PDF)”. 富山県観光課 (2013年8月21日). 2019年7月3日閲覧。
  55. ^ 空港発着「富山ぶりかにバス」運行~富山湾の冬の味覚を味わおう!”. 富山空港ターミナルビル (2015年9月24日). 2019年7月3日閲覧。
  56. ^ “オープンバス富山湾体感 富山地鉄、12日から運行”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年10月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36133940U8A001C1LB0000/ 2019年8月11日閲覧。 
  57. ^ “地鉄が5、6月にオープンバス 富山市内を周遊”. 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ. 北日本新聞. (2019年4月28日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000019316 2019年8月11日閲覧。 
  58. ^ “普段と違う富山の風景満喫「スカイバス富山」運行開始”. 北日本新聞. (2020年9月18日). https://webun.jp/item/7695150 2020年9月18日閲覧。 
  59. ^ “スカイバス 眺め最高 富山市中心部で運行開始”. 北日本新聞. (2021年4月23日). https://webun.jp/item/7750651 2021年5月22日閲覧。 
  60. ^ スカイバス富山「富山市内コース」 (PDF)”. 富山地方鉄道 (2022年4月14日). 202-04-16閲覧。
  61. ^ スカイバス富山「アルペンルートコース」 (PDF)”. 富山地方鉄道. 2021年5月22日閲覧。
  62. ^ “雪の大谷見上げる 富山地鉄、21日から屋根のないバス運行”. 北日本新聞. (2021年5月13日). https://webun.jp/item/7755664 2021年5月22日閲覧。 
  63. ^ スカイバス富山「富山-室堂直通バス」の運行について”. 富山地方鉄道 (2021年5月10日). 2021年5月22日閲覧。
  64. ^ スカイバス富山「アルペンルートコース」 (PDF)”. 富山地方鉄道 (2022年4月15日). 2022年4月16日閲覧。
  65. ^ スカイバス富山「アルペンルートコース」 (PDF)”. 富山地方鉄道 (2022年7月21日). 2022年7月27日閲覧。
  66. ^ 夕涼みスカイバス”. 富山地方鉄道 (2019年6月21日). 2019年7月2日閲覧。
  67. ^ ハイウェイ☆スカイバス”. 富山地方鉄道. 2019年8月5日閲覧。
  68. ^ スカイバスde富山新港花火大会”. 富山地方鉄道. 2019年8月5日閲覧。
  69. ^ スカイバスdeしんきろうロード”. 富山地方鉄道. 2019年8月5日閲覧。
  70. ^ 地域自主運行バス”. 富山市. 2019年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月12日閲覧。
  71. ^ 地域自主運行バス”. 富山市. 2020年8月12日閲覧。
  72. ^ 堀川南地域コミュニティバス - 富山市活力都市創造部交通政策課
  73. ^ 婦中コミュニティバス - 富山市活力都市創造部交通政策課
  74. ^ 『バスマガジン vol.96』講談社・講談社ビーシー、2019年7月29日、68頁。 
  75. ^ a b 『バスマガジン vol.96』講談社・講談社ビーシー、2019年7月29日、46頁。 
  76. ^ 『富山地方鉄道70年史-この20年のあゆみ-』富山地方鉄道、21頁。 
  77. ^ 貸切バス 車両紹介”. 富山地方鉄道. 2008年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月6日閲覧。
  78. ^ 『バスマガジン vol.96』講談社・講談社ビーシー、2019年7月29日、47頁。 
  79. ^ 一部のフリーきっぷのデザインが新しくなります - 富山地鉄の鉄道アテンダント日誌、2020年3月18日
  80. ^ くろワンきっぷ(黒部ワンコイン フリー切符)
  81. ^ “「くろワン」で黒部満喫 地鉄電車500円乗り放題”. 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ(北日本新聞). (2016年3月13日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000006346 2018年10月8日閲覧。 
  82. ^ “500円で一日乗り放題 黒部市の地鉄電車やバス”. 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ(北日本新聞). (2016年9月30日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000008445 2018年10月8日閲覧。 
  83. ^ 立山黒部アルペンルート アルペンきっぷ
  84. ^ “「立山黒部アルペンきっぷ」の発売について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2019年3月13日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/03/page_13984.html 2019年8月11日閲覧。 
  85. ^ 立山黒部アルペンきっぷ - 東海旅客鉄道

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集