真桑人形浄瑠璃(まくわにんぎょうじょうるり)は、岐阜県本巣市上真桑に伝わる重要無形民俗文化財人形浄瑠璃

真桑人形浄瑠璃より三番叟の一場面

元禄年間に真桑用水の開発に尽力した福田源七郎の遺徳をたたえて上演したのが始まりといわれ、300年の歴史を誇る人形芝居であり、『伽羅先代萩』『真桑誉義農源七郎』をはじめレパートリーは約20ある。なお、上演会場の「真桑の人形舞台」は重要有形民俗文化財である。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度26分46.95秒 東経136度39分47.19秒 / 北緯35.4463750度 東経136.6631083度 / 35.4463750; 136.6631083