メインメニューを開く

真田駅(さなだえき)は、長野県小県郡真田町(現:上田市)に1928年5月1日から1972年2月19日まで設置されていた上田交通真田傍陽線の終着駅。廃線と同時に廃駅となった。

概要編集

上田交通の前身のひとつ・上田温泉電軌(略称:温電)が真田傍陽線の前身である北東線を開業させたのは、小県郡東北五ヶ村(神科村豊里村本原村傍陽村長村。いずれも現在は上田市)が猛運動を展開したことと、菅平高原の開発という目的があったためである。温電が設立された当時、小県郡長村北部と上高井郡仁礼村(現:須坂市、須坂市の分は峰の原高原と称される。)にまたがる菅平高原は大正時代に入りスキー場として最適の地として知られるようになったが、温電は上記線建設を機に菅平高原開発を進めるようになった。当駅から直通のバスを設定して上田駅からの交通の便を図ったり、菅平に直営のホテル・スキー場を建設。さらには通年のリゾート地とするためラグビーの練習場も建設。現在の隆盛の土台を作った。当駅は、菅平の開発と切っても切り離せない歴史を持つ駅であった。

駅は長いホームをもった終着駅で、貨物側線を設けており、菅平高原で栽培されたキャベツレタスといった高原野菜が貨車に積まれて上田駅まで運ばれ、そこから東京・名古屋・大阪方面に輸送されていた。駅舎はバスターミナル機能を持った駅で、地味な作りながら広く、当駅から菅平高原行きの自社バス・群馬県長野原駅鹿沢温泉行きの国鉄バスが発着していたが、丸子町駅とは違い最初からバスの大型化に対応したものであったため、後年まで改築されずに使用されたという。

駅の廃止後はバスターミナルとして駅舎がそのまま利用されていたが、老朽化が進んだため、2003年頃解体された。現在は国道144号の本線の脇にあるホームの名残が、駅跡を示すポイントとなっている。駅廃止後は、上田交通上電バスのバス停留所・停車所となっている。

真田傍陽線とバス編集

真田傍陽線は、バスと切っても切り離せない歴史を持つ。前身の上田温泉電軌は、真田傍陽線が建設される以前から経営が不安定で、電車路線だけでは経営が成り立たないと自覚していた。そのため、建設直前に電車とバスの併営を決断、鉄道省(のち運輸通信省運輸省。現在は国土交通省)に併営を申請し、認可されるとバス路線を充実させていった。真田傍陽線の歴史はバス路線充実の歴史でもあり、全通時には当駅から直営の菅平ホテル前までの自社路線が設定され、1935年には省営自動車(現在のJRバス)が真田-渋川間のバスを設定した[1]

一時、戦時中の燃料統制でバス路線を千曲自動車(現:千曲バス)(※ 省営は廃止)に売却して姿を消すが、1951年に菅平線を千曲自動車から返還されるとバス営業を再開。当駅から菅平高原・峰の原高原行きの自社バス、長野原駅行きの国鉄バスが発着されるようになり、上田駅からは菅平高原・峰の原高原行きの自社直通バスや草津行きの特急バス(※ 当初は自社・国鉄共同、後に自社のみ)も運行されるようになった。また、傍陽駅からは地蔵峠内の集落松井新田行きや大倉行きのバスが発着していた。

真田傍陽線の廃止後は、真田行き・菅平高原行き・渋沢温泉行き・傍陽→入軽井沢行き・傍陽→横道・大倉行きのバス路線が残っている。菅平線が売却された当時、上田から青木・室賀行きも運行していたが、こちらは売却されたまま現在の千曲バス青木線・室賀線となっている。また、上田丸子電鉄丸子線が廃止された時、自社バスの丸子線が設定されたが、合理化により千曲バスに売却したため姿を消している。ただし、上田丸子電鉄西丸子線は、末期にダイヤの半分を代替するための運行バスとしてスタートしていたため、廃止後も運行され続けている。

隣の駅編集

上田交通
真田傍陽線
長村駅 - 真田駅 - (大日向駅)※実現せず

脚注編集