メインメニューを開く

真辺 将之(まなべ まさゆき、1973年11月22日 - )は、日本歴史学者早稲田大学文学学術院教授。専門は日本近現代史。博士(文学)。

目次

人物編集

1973年11月22日、栃木県宇都宮市に生まれ、千葉市美浜区にて育つ。1996年、早稲田大学政治経済学部卒業。1998年、早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻修士課程修了。2003年、早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程満期退学。大学院では安在邦夫に師事。また鹿野政直由井正臣大日方純夫鶴見太郎の指導を受ける。2009年、博士論文「西村茂樹研究 明治啓蒙思想と国民道徳論」にて博士(文学)の学位を取得。

2003年、日本学術振興会特別研究員。2009年、早稲田大学大学史資料センター助手。2011年、早稲田大学文学学術院准教授。2016年、同教授。また2010年より2015年まで跡見学園女子大学兼任講師を務める。

研究テーマは「日本近代国家形成期における「欧化」と「反欧化」」「近現代日本における政党認識」「近現代日本の高等教育と学風形成」「大隈重信研究」「渡辺幾治郎・深谷博治の明治史研究および旧蔵史料の研究」「近現代日本の動物と人間」など多岐にわたる[1]

単著編集

  • 『大隈重信 民意と統治の相克』(中央公論新社、2017年)
  • 『東京専門学校の研究』(早稲田大学出版部、2010年)
  • 『西村茂樹研究』(思文閣出版、2009年)

共編著等編集

  • 『明治期の天皇と宮廷』(安在邦夫・真辺将之・荒船俊太郎編、梓出版社、2016年)
  • 『大隈重信関係文書』4~7(早稲田大学大学史資料センター編、みすず書房、2008年~2011年)
  • 『近代日本の政党と社会』(安在邦夫・真辺将之・荒船俊太郎編、日本経済評論社、2009年)
  • 『高田早苗の総合的研究』(早稲田大学大学史資料センター編刊、2002年)

外部リンク編集

脚注編集