矢野 利裕(やの としひろ、1983年11月11日 - )は、日本文芸評論家批評家ライターDJイラストレーター

経歴 編集

東京都北区出身。中央大学文学部卒業。東京学芸大学大学院修士課程修了[1]

2014年「自分ならざる者を精一杯に生きる:町田康論」で第57回群像新人文学賞評論部門優秀作。

文芸批評音楽批評をともに手がける。文學界「新人小説月評」を2017年に担当した。

2023年10月現在は中央大学附属中学校・高等学校で教員をしている。

著書 編集

単著 編集

  • SMAPは終わらない――国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」』(垣内出版、2016年8月)
  • ジャニーズと日本』(講談社現代新書、2016年12月)
  • コミックソングJ-POPを作った 軽薄の音楽史』(Pヴァイン、2019年4月)
  • 『今日よりもマシな明日 文学芸能論』(講談社、2022年2月)
  • 『学校するからだ』(晶文社、2022年12月)

共著 編集

脚注 編集

外部リンク 編集