メインメニューを開く

矢野 進(やの すすむ、旧姓:青木1937年11月26日 - )は日本中央競馬会 (NCK/JRA) に所属した騎手調教師。調教師時代の所属場は中山競馬場、次いで美浦トレーニングセンター北栃木県出身。矢野幸夫

来歴編集

1953年、中山競馬場・矢野幸夫厩舎に騎手見習いとして入門し、1957年、騎手免許を取得し正騎手となった。同年7月12日に福島競馬場でのデビュー戦で、史上4人目となる初騎乗初勝利を挙げた。しかしその後は顕著な成績を挙げることなく、1971年に騎手を引退、同厩舎所属のまま調教助手となった。騎手成績は通算943戦103勝・重賞勝利なし。

1973年に調教師免許を取得。1975年に独立し、中山競馬場で矢野進厩舎を開業した。開業初年度は15勝を挙げ、1年目から厩舎関係者表彰の一部門である調教技術賞(関東)を受賞。1977年春にバローネターフ東京障害特別を制し重賞を初勝利、1984年にはスクラムダイナ朝日杯3歳ステークスを制し、GI競走初勝利を挙げた。

調教師としては開業当初から1990年代前半まで、社台グループ生産馬の関東における主戦厩舎の一を担い、障害競走の名馬である前述のバローネターフ、希代の穴馬として知られたGI競走2勝のギャロップダイナ、1980年代を代表する牝馬に数えられるダイナアクトレスなど、同グループ生産の名馬を数々管理した。1986年にはギャロップダイナでヨーロッパ遠征も行っている。

しかし2000年代からは華々しい活躍を示すことはなくなり、2008年2月に定年により調教師を引退した。引退当日には、2000年代唯一で最後の重賞優勝管理馬となったエフティマイアクイーンカップに出走し6着となっている。その後所属馬は鹿戸雄一厩舎(のちにジャパンカップを勝つスクリーンヒーローを含む)、松山将樹厩舎などに分散して引き継がれた。

通算成績編集

※調教師としての成績のみ記載する。

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対率
平地 466 453 431 3,893 5,243 .089 .175
障害 66 54 48 194 362 .182 .331
532 507 479 4,087 5,605 .095 .185
  • 初出走 1975年3月4日ダイトバロン(8着)
  • 初勝利 1975年3月21日マッケンレー(のべ5頭目)
  • 全国最高2位(1984年・36勝)
  • 重賞競走36勝・うちGI級競走9勝(中山大障害含む)

表彰編集

  • 調教技術賞(関東)
    • 1975年、1977年、1978年、1979年
  • 優秀調教師賞(関東)
    • 1983年、1984年

おもな管理馬編集

関連項目編集