メインメニューを開く

短歌人(たんかじん)は、日本短歌結社誌。

歴史編集

  • 1939年(昭和14年)4月二・二六事件で禁錮5年の刑を受け仮出所したばかりの陸軍軍人・斎藤瀏が、当時所属していた「心の花」から独立する形で創刊した。初代発行人は木下立安。この頃は佐佐木治綱も顧問という形で参加していた。
  • 1945年(昭和20年)4月、印刷所の罹災により一旦休刊。翌1946年(昭和21年)4月復刊。
  • 1947年(昭和22年)5月、小宮良太郎が編集・発行人に就任。
  • 1948年(昭和23年)7月9日、第三種郵便物認可。
  • 1953年(昭和28年)5月、斎藤瀏や木下立安の相次ぐ逝去に伴い、従来の結社運営の主流であった主宰者制から編集委員制に移行。メンバーの作品を取捨選択する権限を持つなど指導的な役割を果たす編集委員を、同人および準同人(現在、準同人制は廃止)の選挙で選出する。「短歌人」ではこの制度の発足を創刊・復刊に次ぐ「第三の出発」と呼んでいる。「短歌人」では編集委員を除くすべてのメンバーが、編集委員15人の中から任意の誰かに作品を見てもらう必要があり、この制度は現在まで続いている。初代編集委員は斎藤史潟岡路人伊藤豊太斎藤千代長野章江高瀬一誌蒔田さくら子中森潔清水政雄小宮良太郎の10名。
  • 1962年(昭和37年)4月、斎藤史が退会し、結社誌「原型」を創刊。赤座憲久轟太市百々登美子など、斎藤の選歌を受ける多くの同人・会員が斎藤に従い離脱した。
  • 1966年(昭和41年)、高瀬一誌が編集・発行人に就任。
  • 1985年(昭和60年)3月、高瀬が短歌新聞社の総合誌『短歌現代』編集長に就任することに伴い、編集・発行人を退任。発行人に蒔田さくら子が、編集人に小池光がそれぞれ就任した。
  • 1996年(平成8年)3月、蒔田さくら子に代わり、中地俊夫が発行人に就任。
  • 1997年(平成9年)3月、インターネット上に短歌人公式ホームページを開設。短歌結社としては「塔」、「短歌」(角川書店の総合誌でなく、中部短歌会の結社誌)に次ぐ開設であった。
  • 2004年(平成16年)12月号で通巻750号。
  • 2009年(平成21年)4月号で創刊70周年。
  • 2011年(平成23年)1月、小池光に代わり、藤原龍一郎が編集人に就任。
  • 2014年(平成26年)1月、中地俊夫に代わり、川田由布子が発行人に就任。
  • 2017年(平成29年)6月号で通巻900号。

概要編集

発行人は川田由布子、編集人は藤原龍一郎。編集委員は定数15名前後。うち12名が3年に一度の選挙で選出される。選挙において投票権を持つのは同人1欄・同人2欄所属者のみで、会員1欄および会員2欄所属者は選挙権を有しない。残る数名は補充枠で、選挙で選ばれた編集委員が合議で決定する。これはメンバーの固定化を防ぎ、業務の円滑な遂行を促すためとされている。主な編集委員は藤原龍一郎内山晶太生沼義朗小池光斉藤斎藤本多稜。今期の任期は2019年(平成31年)12月まで。

また顕彰制度として、同人を対象にした短歌人賞(2017年度で第62回)、会員を対象にした高瀬賞(2017年度で第16回、2001年の第46回まで続いた短歌人新人賞が前身)、短歌に関する文章を対象とした評論・エッセイ賞(2017年度で第41回)がある。

その他、小中英之依田仁美永井陽子吉岡生夫仙波龍英西王燦有沢螢らの歌人を輩出したほか、松木秀天野慶など若手歌人を擁している。

かつて所属していた歌人に佐藤通雅辰巳泰子らがいる。

外部リンク編集