石井信忠 (四郎左衛門)

日本の戦国時代の武将、石井四郎左衛門家の初代当主

石井 信忠(いしい のぶただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将肥前国戦国大名龍造寺氏の重臣。

 
石井 信忠
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 弘治2年(1555年
死没 天正12年3月24日1584年5月4日
別名 四郎左衛門尉
戒名 法善院殿妙祝
墓所 佐賀県佐賀市 常照院
主君 龍造寺隆信
氏族 肥前石井氏藤原氏
父母 父:石井常忠、母:石井忠次の娘
兄弟 信易信忠常永石井正国室、
石井忠正室、石井四郎兵衛
正室:石井賢次の娘
石井茂明室、執行種吉
養子:茂明石井忠正次男)
テンプレートを表示

通称は四郎左衛門。佐嘉郡飯盛城主で、龍造寺隆信の御馬廻衆をつとめた石井刑部少輔常忠の次男。母は石井石見守忠次の娘。

同じ石井安芸守信忠は母方のおじ。佐賀藩鍋島直茂陽泰院夫妻の甥で、初代藩主勝茂の従兄にあたる。

来歴編集

石井刑部少輔常忠は、龍造寺隆信の御馬廻衆の勇将として知られ、「無双の荒武者」四将の一人に数えられている。

長じて、隆信より偏諱を授けられて、「信忠」と名乗る。隆信の隠居後の側衆である「須古御側衆」に名を連ねていることから、隆信の側近として文武にわたり活躍したものと推察される。

信忠も、父譲りで武勇の誉れ高く、かつ慈悲心にも富み、聡明な人物であったと伝わる。

天正11年(1583年)、隆信が筑後国柳川城主で、娘婿でもあった蒲池鎮漣を謀殺したとき、義理の叔父鍋島直茂とともに、信忠も一隊を率いて蒲池一行を襲撃した。このとき、鎮漣を護衛する側近大木忠五郎と一騎討ちとなり、忠五郎の放った短刀が大腿部に命中した。信忠は忠五郎を討ち取ったものの、重傷を負い、片足が不自由になった。

翌年の沖田畷の戦いでは、信忠は隆信の有馬攻めに懸念を感じており、厳しい戦いになることを予測した。昨年の蒲池鎮漣謀殺の頃から、龍造寺氏の家運に衰亡の兆しを覚え、加えて、みずからも片足が不自由であったため、自身の最期を予感する。信忠は、出陣に先立ち、叔父鍋島直茂・叔母陽泰院夫妻を訪ねて、みずから亡き後の遺児たちの養育を夫妻に託したという。

沖田畷の戦いでは、旗本隊の将として、本陣近くで隆信の警護についていたが、島津軍の猛攻により本陣が壊滅。主君隆信と共に戦死した。享年30。

家督は、鍋島直茂・陽泰院夫妻の取り成しにより、長女の婿である石井右京亮茂明石井左衛門尉忠俊の嫡男兵部少輔忠正の次男)が継いだ。子孫は家禄260石を食んで、11代目の権弥忠模のとき明治維新を迎えた。次女は執行種兼の嫡孫種吉に嫁いだ。

系譜編集

石井信忠(四郎左衛門)=②茂明石井忠正次男、右京亮)-③資長(四郎左衛門)-④忠尭(九左衛門)-⑤忠恒(杢左衛門)=⑥忠真(中野氏、九左衛門)-⑦忠豊(九左衛門)-⑧忠昆(杢之允)-⑨忠益(九左衛門)=⑩忠侃(忠益実弟、四郎左衛門)-⑪忠模(権弥)

参考文献編集