石原 謙(いしはら けん、1882年8月1日 - 1976年7月4日)は、日本のキリスト教史学者。

いしはら けん
石原 謙
生誕 (1882-08-01) 1882年8月1日
東京市
洗礼 1900年
死没 (1976-07-04) 1976年7月4日(93歳没)
出身校 東京帝国大学
職業 研究者、教育者
栄誉 文化勲章 勲一等瑞宝章
テンプレートを表示

日本学士院会員。

兄に物理学者で歌人の元東北大教授の石原純がいる[1]

来歴・人物 編集

生い立ち 編集

東京市本郷区本郷4丁目39番地に本郷教会牧師石原量、母ちせの次男として生まれる。「少年の頃既に聖書を教えられ、中学四、五年の頃その研究に少なからず興味を覚えて、その頃受洗」(『石原謙著作全集』11巻214頁)したと、牧師である父の強い影響でキリスト教信仰を持ったことを記している[2]。洗礼は1900年(明治33年)1月7日、18歳の時数寄屋橋教会(現日本基督教団巣鴨教会)の田村直臣牧師から受けた[2]

早稲田中学を経て、1901年(明治34年)7月一高に入学し、1903年に最初の論文「ナザレの聖者を論ず」を書いた[3]。1904年(明治37年)7月東京帝国大学文科大学史学科に入学、1905年(明治38年)哲学科に転じる。文科大学哲学科では石原の学部卒業間際から大学院生の時期、波多野精一が講師もしていたが、学内においてよりは富士見町教会[4]での波多野による日曜講演会において強い影響を受けた。1907年(明治40年)の大学卒業後、大学院に進む。在学中に1909年(明治42年)富士見町教会の会員の実業家渡辺荘[5]の長女貞と結婚[6]

研究活動 編集

石原は結婚後富士見町教会に転入した[3]。 1918年東京大学講師として古代・中世哲学史を担当した[3]。ハイデルベルク大学でハンス・フォン・シューベルト教授から教会史を、マルチン・ディベリウス教授から神学を学んだ[3]。大学院に進むにあたり教父哲学を研究したいと申し出、教授会は専攻題目の改題を要求し、しかし1912年7月大学院に卒業論文「アレクサンドリアのクレメンスの哲学」を提出、これが認められて文学博士となったのは1921年(大正10年)のことであった。

同年4月文部省在外研究員としてドイツに留学。8月東京帝国大学助教授。10月ハイデルベルク大学に入学、翌年10月バーゼル大学に転じ、1923年(大正12年)帰任。

1924年(大正13年)、その3年前に辞職させられた兄、純と入れ替わるように東北帝国大学教授に就任。信仰活動にも積極的で、東北大学内に聖書研究会や東北大学基督教青年会を設立し[7]、1936年には私費を投じて東北大学基督教青年会館寮(現:東北大学YMCA渓水寮)を設立した[8]

1940年(昭和15年)12月には東京女子大学学長に就任し、1948年(昭和23年)同辞任。1952年(昭和27年)4月に青山学院大学文学部教授、10月日本基督教学会理事長(初代)。1953年(昭和28年)中世哲学会委員長(初代)、のち会長。

神学理解 編集

石原は人間の罪の根源である原罪に関心を持ち、原罪はイエスのみが克服できたものであると理解した[9]。教会については、アウグスティヌスのいう「唯一の公同の」「使徒的」「神の聖なる霊の働く所」としての教会概念に異論を唱えないが、社会的存在としての教会は、完全で全く誤謬のないという意味での教会ではないと分析している[10]。また日本的精神風土とキリスト教の異質性を論じ、「日本の教会は日本という地域的風土を離れては成立し発展し得ない」(『石原謙著作全集』10巻379頁)と述べ、「日本にはキリスト教会」がない(『石原謙著作全集』月報1、2頁)とも発言している[11]

晩年 編集

1966年(昭和41年)宮中御講書始に「アウグスティヌスの平和思想」について進講。4月病気のために一切の公職を辞す。1973年(昭和48年)ハイデルベルク大学から名誉神学博士の学位授与。

哲学倫理学宗教学等を幅広く研究し、1962年(昭和37年)には文化功労者顕彰、1973年(昭和48年)には文化勲章受章。1976年(昭和51年)の没時には従三位勲一等瑞宝章が追贈された。

旧石原邸 編集

東北帝大時代の1927年に、遠藤新の設計により建築した住居が仙台市青葉区に現存する(個人宅。非公開)[12]。1931年には同じく遠藤の設計で栃木県那須に別邸を建てている[13]

著書 編集

  • 『宗教哲学』(岩波書店) 1916
  • 『ギリシヤ人の哲学思想』(日本評論社) 1928
  • 『基督教史』(岩波書店、岩波全書) 1934、新版 2005
  • 新約聖書』(岩波書店、大思想文庫) 1935、復刊 1985
  • ロマ書抄解 ロマ書に於けるパウロ』(長崎書店) 1937 
  • マルティン・ルターと宗教改革の精神』(教文館) 1944
  • 『生命の言 新約聖書ヨハネ書翰講解』(春光社) 1947
  • 『キリスト教思想史』(角川書店) 1949
  • 『中世キリスト教研究』(岩波書店) 1952
  • 『学究生活の思い出』(石原謙博士文集刊行会・中央公論社) 1959
  • 『日本キリスト教史論』(新教出版社) 1967
  • 『宗教改革者ルターとその思想』(新教出版社) 1967
  • 『キリスト教の源流 ヨーロッパ・キリスト教史』全2巻(岩波書店) 1972
  • 『キリスト教と日本 回顧と展望』(聞き手:松村克己, 中川秀恭日本基督教団出版局) 1976
  • 石原謙著作集」全11巻(岩波書店) 1978 - 1979
    1. 『初期の著作』
    2. 『旧・新約聖書』
    3. 『初期キリスト教研究』
    4. 『中世キリスト教研究』
    5. 『宗教改革 1』
    6. 『宗教改革 2』
    7. 『キリスト教史』
    8. 『キリスト教の源流』
    9. 『キリスト教の展開』
    10. 『日本キリスト教史』
    11. 『回想・評伝・小論』

翻訳 編集

  • 『克己論』(ウィリアム・ジョーヂ・ジョーダン、内外出版協会) 1909.8
  • 『宗教論』(シュライエルマッヘル、内田老鶴圃) 1914
  • 『原始基督教』(ゲオルグ・ハインリチ、山谷省吾共訳、岩波書店) 1917
  • 『基督教の真髄』(ヴィルヘルム・ヘルマン、郷司慥爾共訳、岩波書店) 1922 
  • 『宗教改革の世界史的意義』(ハンス・フォン・シューベルト、岩波書店) 1931
  • 『基督者の自由』(ルター、岩波文庫) 1933
  • 『信仰要義』(マルティン・ルター、岩波文庫) 1939 
  • 『マリヤの讃歌』(マルティン・ルター、吉村善夫共訳、岩波文庫) 1941 

記念論集 編集

脚注 編集

  1. ^ 上田正昭ほか監修 著、三省堂編修所 編『コンサイス日本人名事典 第5版』三省堂、2009年、105頁。 
  2. ^ a b 野村耕三 1985, pp. 146.
  3. ^ a b c d 野村耕三 1985, pp. 147.
  4. ^ 富士見町教会は、石原の父、量をかつて除名した植村正久が創設し、植村から洗礼を受けた波多野は東大での指導教員ケーベル博士とともに植村に協力してこの時期、ここで講演会を催していた。
  5. ^ 石原の義父の渡辺は波多野が京大にキリスト教学講座を開設するにあたり、私財を投じて援助したとされる。
  6. ^ 媒酌人は波多野夫妻、司式は植村(http://www006.upp.so-net.ne.jp/megmeg/kyoukaireki.htm より)
  7. ^ 石原謙 [1882年-1976年|東北帝国大学における哲学研究]”. tss.sal.tohoku.ac.jp. 2023年3月24日閲覧。
  8. ^ 渓水寮とは | 東北大学YMCA渓水寮”. keisuiryo.jp. 2023年3月24日閲覧。
  9. ^ 野村耕三 1985, pp. 150.
  10. ^ 野村耕三 1985, pp. 153.
  11. ^ 野村耕三 1985, pp. 154.
  12. ^ 至上めざす建築の行者 遠藤新東北電力広報誌「白い国の詩」2000年初夏号
  13. ^ 遠藤新 - INAX Report

参考文献 編集

  • 野村耕三、1985年、「石原謙」、『キリスト教の人間観 - 日本キリスト教人物史研究』、新教出版社 pp. 146-154

関連項目 編集

外部リンク 編集