メインメニューを開く

富士見町教会(ふじみちょうきょうかい)は、東京都千代田区富士見二丁目にあるキリスト教プロテスタント)の教会日本基督教団に所属している。植村正久によって設立されたプロテスタント教会を代表する教会である。

目次

歴史編集

植村正久が東京一致神学校を卒業すると、開拓伝道を始めた。1887年3月に千代田区三番町日本基督一致教会 番町教会を設立した。同年末には麹町区一番町48番地に教会堂を建て移転し、1890年に教団名が日本基督一致教会から日本基督教会に名称が変更されるとともに、同年、当教会も一番町教会に改称した。

1906年には富士見町6丁目3番地に建設した新会堂に移り、富士見町教会と改称する。大正期には植村正久の存在と共に日本基督教会の中核的な存在になる[1]

1923年関東大震災で教会堂は全焼したため、新しい土地の払下げを受け、1929年7月15日に新会堂を建設する。その後1985年に建て替えられ、市街地再開発に伴い(飯田橋グラン・ブルーム2013年8月に再度建て替えを行った。これが現在の会堂である[2][3]。現在は、千代田区富士見二丁目10-1に位置する。

1941年6月24日、25日に富士見町教会で日本基督教団の創立総会が行われた。

歴代牧師編集

主な教会員編集

所在地編集

  • 東京都千代田区富士見町2-10-1

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集