メインメニューを開く

石山 賢吉(いしやま けんきち、1882年(明治15年)1月2日1964年(昭和39年)7月23日)は日本の実業家ジャーナリスト政治家ダイヤモンド社創業者。

いしやま けんきち
石山 賢吉
Ishiyama Kenkichi.jpg
生誕 (1882-01-02) 1882年1月2日
日本の旗 日本 新潟県西蒲原郡曽根村
死没 (1964-07-23) 1964年7月23日(82歳没)
出身校 慶應義塾商業学校(夜学)
職業 実業家

目次

生涯編集

新潟県西蒲原郡曽根村(現在の新潟市西蒲区)生まれ。出生直後に父と死別し、同県中蒲原郡白根町(後の白根市、現在の新潟市南区)にあった母方の実家にて幼年期~青少年期を過ごした。白根尋常高等小学校卒業後、白根郵便局加茂郵便局勤務を経て 22歳の時上京。日本大学別科中退後、慶應義塾商業学校慶大の夜間商業学校)を卒業した。

『三田商業界』『実業之世界』などの記者を経て、1913年(大正2年)5月、経済誌『ダイヤモンド』を創刊。株式経済に関する独自の分野を開拓すると共に経営関係図書の出版にも進出した。生涯をダイヤモンド社の経営に注ぎ、社長・会長を務めたほか、記者としても第一線で活動した。

また、1937年(昭和12年)から1943年(昭和18年)まで東京市会議員を務めたほか、東宝劇場および理研電線の役員、日本雑誌協会会長を歴任した。芦田均と親交が深く、1947年(昭和22年)の第23回衆議院議員総選挙では芦田の属する民主党から新潟県第1区に出馬して衆議院議員に当選したものの、同年公職追放となり失職した。

賞歴編集

著作編集

  • 『回顧七十年』
  • 『雑誌経営五十年』
  • 『決算報告の見方』など30数冊。

関連項目編集

外部リンク編集