メインメニューを開く

石渡 美奈(いしわたり みな、1968年- )は、日本実業家。飲料の製造、販売を行うホッピービバレッジの3代目代表取締役社長[1]

いしわたり みな
石渡 美奈
生誕 1968年
日本の旗 日本 東京都
出身校 立教大学卒業
職業 実業家

経歴編集

ホッピーの開発者であり、コクカ飲料株式会社(現ホッピービバレッジ株式会社)創業者である石渡秀の孫として、1968年に東京都で生まれる[2]

田園調布雙葉中学校・高等学校を経て立教大学文学部へ進学する[3]。大学卒業後は日清製粉[4]に入社し人事部へ勤務するが[2]、この頃は仕事に邁進することもなく、25歳で寿退社する[3]。主婦となるもすぐに主婦業に飽きて、広告会社の営業アシスタントとして再び働き始めるが、夜遅くまでの勤務が続き、夫婦間での意見の食い違いから、結婚半年で離婚することになる[3]。広告会社の営業として働くうちに仕事の面白さに目覚める[3]

1994年の規制緩和によって、ビール醸造免許の取得が容易になると、父・石渡光一が祖父の夢でもあったビール醸造免許を取得する[3]。そんな父を見て跡を継ぐことを決意するが、父は反対[3]。1年をかけて説得し、1997年にコクカ飲料に入社するも、当時の社内は父方のいとこを次期社長に担ごうとする派閥との間で派閥争いが起きており、社内は退廃的な雰囲気があった[3]。広報宣伝を担当するが[2]、会社の業績はじりじりと下がり、2001年にはいとこをはじめ、派閥に連なる古参の幹部社員がごっそり辞める。2002年の売上高は8億円にまで落ち込んだ[3]

しかし、結果的には、過去のしがらみを振り切って、大ナタを振るうことができた[3]。2003年5月、副社長に就任[2]すると、工場の不透明な取り引きや、古い慣習を断ち切り、「低カロリー・低糖質、そしてプリン体ゼロ」という宣伝を打った[3]。副社長の施策に賛同しない社員は次々と辞めてゆき、管理、営業担当者はほとんど入れ替わるような大幅人事刷新となった[5]。創業以来初めて新卒社員を採用したのもこの時である[5]

こういった組織改革の成功と、自らを広告塔としたイメージ戦略と地道な営業活動[2]が市場に浸透し、売上高も約40億円と回復する[3]。2010年、父に替わって代表取締役社長に就任する。就任後、2015年までで年商約3倍を達成する。[要出典]

2006年から ラジオ番組『看板娘ホッピー・ミーナの HOPPY HAPPY BAR』パーソナリティーを務める。

2009年5月14日には『経済ドキュメンタリードラマ ルビコンの決断』で「ホッピー3代目お嬢様の挑戦」がテレビ放送された。石渡美奈を島崎和歌子が演じた。

2016年時点では、慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科にも在籍中[4]

問題編集

ホッピービバレッジの採用ページに、素手でトイレ掃除をしている様に見える写真が掲載されていたことと、石渡美奈のブログに素手でトイレを磨いた、という記事が記されていたことが物議を醸した。この件について同社ないし石渡からは、特に説明は無かった。 この件について著名人は、

ジャーナリストの津田大介は、自身のTwitterで「今後(ホッピーを)飲むのやめようと思う」などと批判のコメントを投稿した。

作家の冷泉彰彦は、自身のメルマガで「全くの勘違い」と否定するコメントをしている。

著書編集

  • 『社長が変われば会社は変わる!』
  • 『社長が変われば社員は変わる』
  • 『ホッピーの教科書』
  • 『技術は真似できても、育てた社員は真似できない』
出典:NDLのOPAC検索結果

出典編集

  1. ^ ごあいさつ”. ホッピービバレッジ. 2018年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e ホッピー三代目「お騒がせ看板娘」が挑んだ温故創新による経営改革”. 日立ソリューションズ (2009年4月16日). 2018年3月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 娘の入社で派閥争い勃発 ホッピーの3代目が社を改革”. AERA dot. (2014年6月4日). 2018年3月13日閲覧。
  4. ^ a b 企業にとって大切なこと(後編)――石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)”. 経済界 (2016年4月3日). 2018年3月13日閲覧。
  5. ^ a b 【第2回】ホッピービバレッジ3代目 石渡美奈さん【後編】”. 日経ビジネス (2006年11月30日). 2018年3月13日閲覧。