神奈川県立衛生短期大学

神奈川県立衛生短期大学(かながわけんりつえいせいたんきだいがく、英語: Kanagawa Prefectural College Nursing Medical Technology Public Health)は、神奈川県横浜市旭区中尾1-5-1に本部を置いていた日本公立大学である。1967年に設置。大学の略称は衛短。 学生募集は2002年度まで[2]。2003年度より、神奈川県立保健福祉大学を設置し、短期大学は募集停止され、2004年3月29日廃止[3]。なお、短大は神奈川県立看護専門学校となり今も看護師を目指す学生が多く通う。2015年には新校舎も建築され、募集定員も増加した。

神奈川県立衛生短期大学
大学設置/創立 1967年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 公立
設置者 神奈川県
本部所在地 神奈川県横浜市旭区中尾1-5-1
学部 衛生看護科
衛生技術科[1]
研究科 保健学専攻
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 神奈川県立衛生短期大学は医療技術者の育成に力をいれていた。近隣の神奈川県立がんセンターや県衛生研究所での臨床実習も行われていた。

学風および特色編集

  • 神奈川県立衛生短期大学は、全国に先駆けて2年制の看護系学科を設置していたところに特色があり、開学以来高等学校卒業者で准看護師資格を有する人を対象としていた。
  • 年度にもよるが、衛生技術科の入試競争率は10倍前後であった[4]
  • 男女共学であったが、女子学生の方が圧倒的に多かった。

沿革編集

  • 1967年神奈川県立衛生短期大学開学。衛生看護科を置く:当初の在学者数は女子123人であった[5]
  • 1969年 衛生技術科増設される[6]
  • 1974年 衛生技術科が3年制となる。
  • 1991年 衛生看護科養護コース廃止。
  • 1992年 専攻科保健学専攻設置される。
  • 2002年 最後の学生募集となる。翌年度以後、神奈川県立保健福祉大学へ移行。
  • 2004年3月29日 廃止される[3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 神奈川県横浜市旭区中尾1-5-1

象徴編集

  • 神奈川県立衛生短期大学のカレッジマークには縦に「大学」・横に「衛生」の文字が記されていた[7]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 衛生看護科
  • 衛生技術科[1]

専攻科編集

  • 保健学専攻:看護師資格を有する人が、その基礎資格を活かしてさらに新たな資格をめざすための課程であった。1990年度入学生までは、衛生看護科養護コースで取得できた。

別科編集

  • なし

取得資格について編集

受験資格

教職課程

  • 養護教諭一種免許状:専攻科保健学専攻にて、保健師資格を取得した上で申請により取得でた。なお、1990年度以前は本科である衛生看護科養護コースにて二種が取得できた。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

編集

  • 神奈川県立衛生短期大学には学生寮はなく、遠隔地出身者は短大から斡旋されたアパートを利用していた[7]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 衛生看護科:看護職として病院に就職する人が大半だった。国公立病院や大学病院、総合病院など大手の病院が多かった[7]
  • 衛生技術科:専門職として病院に勤務する人、専門性を活かして企業の研究員として就職する人がいた[7]

編入学・進学実績編集

  • 衛生看護科卒業生は、神奈川県立衛生短期大学専攻科へ進学した人もいた。ほか、衛生看護科は杏林大学、衛生技術科は東京医科歯科大学への編入学実績がある。なお、本短期大学は杏林大学の編入推薦制度に指定されていた。[8]

附属学校編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 募集は2001年度まで。
  2. ^ 但し、衛生技術科は2001年度まで
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』247頁
  4. ^ 『2000年度大学案内・募集要項』より
  5. ^ 昭和43年度版『全国学校総覧』26頁より
  6. ^ 昭和45年度版『全国学校総覧』28頁には、定員(30)のみしるされている。
  7. ^ a b c d e 2000年度用入学案内冊子より
  8. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。1999年5月)432ページより
  9. ^ 1979年度版以前は『短期大学一覧』

関連項目編集

関連サイト編集