メインメニューを開く

神奈川県立外語短期大学(かながわけんりつがいごたんきだいがく、英語: Kanagawa Prefectural College of Foreign Studies)は、神奈川県横浜市磯子区岡村4-15-1に本部を置いていた日本公立大学である。1968年に設置され、2011年に廃止された。大学の略称は地元では外語短大と呼ばれていた。学生募集は2009年度まで、2011年廃止。

神奈川県立外語短期大学
正門付近 2009/9/26撮影
正門付近 2009/9/26撮影
大学設置/創立 1968年
廃止 2011年
学校種別 公立
設置者 神奈川県
本部所在地 神奈川県横浜市磯子区岡村4-15-1
学部 英語科
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

  • 神奈川県立外語短期大学は、国際貿易の拠点としての性格を持つ県の特性を活かし、国際経済社会の舞台で活躍しうる人材を育成するには外国語教育に力を入れることが必要であることから、神奈川県により1968年に設置された。英語科のみの単科短大で、男女共学だが、男子学生はごく僅かであった。2007年度以降は、学生募集を停止し、閉学したのち新たに「神奈川県立国際言語文化研究研修センター」として再編される予定であったが、予定の変更により2009年平成21年)度まで学生募集を行い、閉学は2011年(平成23年)度末まで延期された。参考「本学の閉学及び再編時期変更のお知らせ」。2011年4月に神奈川県立外語短期大学は閉学し、後継の教育機関として神奈川県立国際言語文化アカデミア栄区小菅ケ谷に開設された。

教育および研究編集

  • 神奈川県立外語短期大学は、全国でも少数の公立外国語短大であり、実践的な英語教育を中心とした教育が行なわれていた。1990年頃には、日本全国の短大において、69を超える最も高い偏差値を維持しており、高い教育水準を誇っていた。英語の他には、中国語スペイン語フランス語のいずれかを選択することになっていた。カナダでの語学研修も実施されていた。

学風および特色編集

  • 1クラス20人程度の少人数編成であった。

沿革編集

  • 1968年 - 神奈川県立外語短期大学開学。英語科を置く(在学者は80、うち男子6)[1]
  • 2000年 - 社会人入試が導入される。
  • 2010年 - 学生募集を停止。
  • 2011年 - 閉学。

基礎データ編集

所在地編集

  • キャンパスは、神奈川県横浜市磯子区岡村4-15-1にあった。

象徴編集

  • カレッジマークは空を飛ぶ鳥をモチーフとし、その中央に縦書きで「外大」と記されたものであった。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 英語科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

  • 中学校教諭二種免許状英語)が取得できる課程があった。2007年3月卒業生のうち25人が取得している[2]。教育職員として活躍中の卒業生も少なからずいる。

附属機関編集

  • 学内にあった図書館は、関係者の他、神奈川県内に在住・在勤または大学・短大通学する18歳以上の者が利用できるようになっていた。蔵書数は、和書・洋書を含めておよそ44,000冊であった[2]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 学園祭は「石段(きざはし祭)」と呼ばれ、毎年概ね11月中旬に行なわれていた。2006年におけるテーマは「松竹梅」となっていた[2]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 神奈川県立外語短期大学の同窓会として「きざはし会」と呼ばれるものがある。

大学関係者一覧編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

 
校舎は取り壊されて、住宅地となっている

学生食堂編集

  • 学内にあった。

他大学との協定編集

関係校編集

社会との関わり編集

  • 2004年2月には国連大学高等研究所との教育交流に合意し、かつ同研究所スタッフによる地球環境問題や産業開発に関する特別講演会を実施していた。

就職について編集

編入学・進学実績編集

附属学校編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和44年度版『全国学校総覧』28頁より
  2. ^ a b c d e f 2008年度用の入学案内パンフレットより

関連項目編集

公式サイト編集