神子栄尊(じんし えいそん)は、鎌倉時代前期の臨済宗聖一派の平康頼の子[3]。母は筑後国三潴荘の住人藤吉種継の娘[1]

神子栄尊
建久6年6月26日 - 文永9年12月28日
1195年8月3日 - 1273年1月18日
□光[1]
生地 筑後国
宗旨 臨済宗聖一派[1]
寺院 肥前万寿寺、肥前報恩寺、筑後朝日寺筑前薦福寺豊前円通寺、同国妙楽寺[1]
釈円栄朝円爾弁円
弟子 徹叟道英亨庵宗元楽山一関祖丘神光了因蔵山順空[1][2]
テンプレートを表示

経歴・人物編集

はじめ筑後永勝寺の元珠法師の室に入り天台宗を学び、13歳で剃髪[1]承久元年(1219年)上洛し建仁寺に入る[1]貞応2年(1223年円爾弁円と共に上野長楽寺釈円栄朝に参じる[1]。天福元年(1233年)長楽寺を辞し、嘉禎元年(1235年円爾弁円と共に渡する[1]。円爾は径山の無準師範に参じ、栄尊は江南の諸刹を巡ったのち円爾と合流する[1]暦仁元年(1238年)帰国する[1]仁治2年(1241年肥前佐賀郡に万寿寺をひらき、ほか肥前報恩寺、筑後朝日寺筑前薦福寺豊前円通寺、同国妙楽寺の開山となった[1]。遺偈に「伝不伝々、何正何偏、途中家舎、両脚蹈天」[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 安田元久編『鎌倉・室町人名事典』新人物往来社、p.304(1985)
  2. ^ 人名規範資料庫、2019年1月28日閲覧。
  3. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『神子栄尊』 - コトバンク