神屋 宗湛(かみや そうたん、天文20年1月1日1551年2月6日) - 寛永12年10月28日1635年12月7日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての博多商人茶人神屋氏の第6代当主。出家前のは貞清。島井宗室大賀宗九とともに「博多の三傑」と呼ばれる。

生涯編集

天文20年(1551年)、博多の豪商神屋家5代当主・神屋紹策の子として誕生。 神屋氏は代々博多の貿易商人の家であった。曽祖父の神屋寿貞は劣化していた石見銀山を再開発、灰吹法の本格導入によって、その再生に携わった。

天正10年(1582年)5月、同じ博多の豪商島井宗室と共に上洛し、時の天下人・織田信長近江国安土城にて謁見した。信長の保護を得ることで、当時九州で日の出の勢いで勢力を拡大していた島津氏を抑えるとともに、豪商としての地位をさらに極めようと考えたのである。

続いて二人は上洛すると本能寺で再び信長と謁見し、そのまま本能寺に宿泊して本能寺の変に巻き込まれてしまった。その際、宗湛は燃える本能寺から脱出する際に信長愛蔵の牧谿・『遠浦帰帆図』(現・重要文化財)を、宗室は空海直筆の『千字文』を持ち出している。現在『遠浦帰帆図』は京都国立博物館に『千字文』は博多の東長寺に収められている。

天正14年(1586年)、再度上洛して今度は畿内の諸大名の大商人・津田宗及らと親交を深めた。同年、大徳寺にて出家し、宗湛と号した。

天正15年(1587年)、信長死後に天下人となった豊臣秀吉に謁見した時には居並ぶ堺や大和の豪商らの中で最上席に座り、「筑紫の坊主」と呼ばれ、秀吉に気に入られ、豪商としての特権を与えられて以後は、博多商人の第一人者として栄華を極めた。「太閤町割」と呼ばれる博多復興事業では、大きな役割を果たし、また秀吉の九州平定においても資金面で援助している。文禄元年(1592年)から始まった朝鮮出兵においても後方兵站の補給役を務め、晩年の秀吉の側近として活躍し、莫大な富を蓄積した。

ところが慶長3年(1598年)に秀吉が病死し、その後に天下人となった徳川家康からは冷遇された。そして関ヶ原の戦いの後に、豊前の領主であった黒田長政が筑前に入府すると、宗湛は黒田氏御用商人を務める。長政が居城として福岡城を築城する際には、その財力において金銀や米、渡来品などを献上し貢献している。長政の父・黒田孝高とは以前より茶の湯を通じて深い交流があり、黒田家が無事に筑前移封(筑前御打ち入りとも言われた)ができた裏には、宗湛の力があったと言われる。

寛永12年(1635年)10月28日、病死。墓所は福岡市の妙楽寺。

大正5年(1916年)、従五位を追贈された[1]

人物編集

  • 著作として『宗湛日記』がある。これは宗湛が秀吉時代に活躍したことをまとめた茶会記であり、その中には茶人・古田織部が開いた茶会にて、織部のことを「ヘウゲモノ也」と評している。
この日記は当時の豊臣政権の内部を知る上では貴重な史書の一つともされ、また堺の豪商・津田宗及の『天王寺屋会記』、今井宗久の『今井宗久茶湯書抜』、奈良の商人松屋久政の『松屋会記』と並ぶ、四大茶会記である。
  • 福岡市博多区千代の黒田家菩提寺、崇福寺塔頭に茶室『宗湛庵』を建立。戦前は国宝に指定されていた茶室であるが、福岡大空襲で焼失。(戦後、方丈、書院とともに再建された)
  • 宗湛も島井宗室同様、数多くの名物茶器を所持していたが、中でも日本半国の価値と謳われた『博多文琳』という茶器を家宝として所持し、豊臣秀吉、黒田長政など諸将からの再三の頼みにもこれを譲らなかった。しかし、福岡藩2代藩主・黒田忠之により、長政の遺言ということで、文書で茶器の差し出しを命じられ、ついに召し上げられる。徳川家光にこの茶器を披露した時の小堀遠州による記録『文琳記』(福岡市美術館所蔵)が残る。[2]なお、福岡県福岡市博多区奈良屋町の、神屋宗湛の屋敷址には現在、豊臣秀吉を祀る豊国神社が建立されている。

文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.41
  2. ^ 井上精三 『博多郷土史事典』葦書房、2000年、P43