メインメニューを開く

座標: 北緯34度43分9.7秒 東経135度14分48.9秒 / 北緯34.719361度 東経135.246917度 / 34.719361; 135.246917 神戸市バス石屋川営業所(こうべしバスいしやがわえいぎょうしょ)は、兵庫県神戸市灘区にある、神戸市バスの営業所である。最寄バス停は石屋川車庫前[注釈 1]である。配置車両に表示されている営業者を表す記号は「石」である。

主として灘区を通る路線を担当している。

目次

現行路線編集

本節では、石屋川営業所が現在運行を担当している路線について記述する。現在、石屋川営業所が担当する路線は17路線(単独管轄5路線、共同管轄12路線)となっている。

かつては、灘南北系統や16系統などの担当から外れ、多くの路線のエリアが重複する魚崎営業所に移管された。特に、2012年4月1日のダイヤ改正にあわせて行われた担当営業所の変更では、単独管轄路線のうち32系統・100系統・102系統・103系統の4路線が魚崎営業所に完全に移管されたほか、26系統も魚崎営業所との共同運行に変更されている(のちに、2013年の改正で26系統も魚崎の単独の担当に変更)。しかし、2015年4月のダイヤ改正で26系統、32系統、松陰女子大学輸送が再び石屋川営業所の単独管轄に変更された。また、2016年6月には36系統が魚崎営業所との共同管轄になり、2017年4月の改正では16系統が魚崎営業所との共同管轄になり、担当に再び戻った。さらに、2018年8月1日より中央南営業所が開設され、これに伴う担当営業所の変更が行われ石屋川営業所は中央南営業所と変わる形で2系統の担当から外れた。この代わりに、2018年8月9日より魚崎営業所の管轄路線である19、30、31、33、34、35、36、38、39、43、45系統の各路線の一部の便を受け持つようになった。このように神戸市バスではダイヤ改正等にあわせて営業所間での運行路線の配分・調整が比較的頻繁に行われている。

  • - 2015年3月 : 2、90、92系統
  • 2015年4月 - 2016年3月 : 2、26、32、90、92系統
  • 2016年4月 - 2016年5月 : 2、26、32、90、92、106系統
  • 2016年6月 - 2017年3月 : 2、26、32、36、90、92、106系統
  • 2017年4月 - 2018年7月 : 2、16、26、32、36、90、92、106系統
  • 2018年8月 - :16、19、30、31、32、33、34、35、36、38、39、43、45、90、92、106系統

26系統編集

運行区間

  • 26:JR六甲道 - 阪急六甲 - 六甲登山口 - 神戸海星病院前 - 炭山橋 - 昭生病院前 - 六甲ケーブル下

概要

  • 26系統は、JR六甲道と六甲ケーブル下を結ぶ路線である。開設以来長らく石屋川営業所が単独で担当してきたが、2012年4月のダイヤ改正に合わせて石屋川営業所と魚崎営業所の共同担当となり、2013年の4月には魚崎営業所の単独担当となった。しかし、2015年4月1日に石屋川営業所の単独担当になった。
  • 始発・終着バス停は魚崎営業所が担当する16系統と同じだが、途中経路が異なり、当路線は専用に導入された小型バス(日野・ポンチョ[注釈 2]を使用して入り組んだ住宅街内を走行するのが特徴である。また、六甲ケーブル下では16系統の転回地とは別の道路上に発着する。
  • 16系統が兵庫県道95号灘三田線を走行し六甲ケーブル・大規模団地・神戸大学 - 鉄道駅といった輸送に重きを置くことから、16系統・36系統・鉄道駅と離れた住宅地の需要を満たす路線として2007年度より新設された。それ以前にも26系統という路線は存在していたが、その時は六甲ケーブル山上駅と摩耶ロープウェー山上駅を結ぶ路線として存在しており、このルートは現在では六甲摩耶鉄道六甲摩耶スカイシャトルバスとして運行している。

沿革

ダイヤおよび停留所

  • 1時間1本の運転で、概ね60分間隔である。

32系統編集

運行区間
  • 32:JR六甲道 - 阪急六甲 - 楠丘町3 - 御影山手 - 山手大通 - 楠丘町3 - 阪急六甲 - JR六甲道
  • 32:JR六甲道 - 阪急六甲 - 楠丘町3 - 御影山手 - 山手大通
  • 32:御影山手 - 山手大通 - 楠丘町3 - 阪急六甲 - JR六甲道
概要
32系統は、JR六甲道と御影山手を結ぶ路線である。御影山手地区からJR駅へ出る最も簡単な手段の1つであり、利用は多い。一部に隘路が存在することから、路線開設当初より中型バスが投入されている。長く石屋川営業所が単独で担当してきたが、2012年4月1日のダイヤ改正にあわせて魚崎営業所に移管された。しかし、2015年4月1日に再び石屋川営業所の担当になった。
沿革
ダイヤおよび停留所
  • 1時間あたり1〜3本の運転。
  • 早朝に1本御影山手始発の出庫便、深夜に1本山手大通止りの入庫便がある。

16系統編集

36系統編集

運行区間
  • 36:阪神御影 - JR六甲道 - 阪急六甲 - 神大正門前 - 鶴甲2丁目 - 鶴甲団地 - 鶴甲3 - 神大正門前 - 阪急六甲 - JR六甲道 - 阪神御影
  • 36:阪神御影 - JR六甲道 - 阪急六甲 - 神大正門前 - 鶴甲2丁目
  • 36:阪神御影 - JR六甲道 - 阪急六甲 - 神大正門前 - 鶴甲2丁目 - 鶴甲団地 - 鶴甲3丁目
  • 36:JR六甲道 - 阪急六甲 - 神大正門前 - 鶴甲2丁目 - 鶴甲団地 - 鶴甲3丁目 - 神大正門前 - 阪急六甲 - JR六甲道
  • 36:JR六甲道 - 阪急六甲 - 神大正門前 - 鶴甲2丁目
  • 36:JR六甲道 - 阪急六甲 - 神大正門前 - 鶴甲2丁目 - 鶴甲団地 - 鶴甲3丁目

概要

  • 36系統は、阪神御影と鶴甲団地を末端一方向循環方式(鶴甲団地側)で結ぶ路線で、現在は魚崎営業所が単独で担当している。
  • 16系統とは阪急六甲まで併走し、また終着停留所も近接している。一方で幹線道路を通る16系統と比較して急カーブの多い生活道路を走行するため、16系統に比べると所要時間が延びるのが特徴。
  • 神戸大学の六甲台地区にあるキャンパスのうち、鶴甲第一キャンパス(国際文化学部)を除く全てのキャンパスの前を通過するため、神戸大学の学生の利用が多い。鶴甲第一キャンパスへも、神大本部工学部前停留所で降りることでアクセスが可能である。
  • 団地住民・大学関係者の鉄道駅への利用が多いが、16系統と同様、JR六甲道で折り返す便が多い。2007年のダイヤ改正では阪神御影までの直通系統が削減され平日昼間時は概ね毎時2〜3本となった。また、特に昼間時のJR六甲道 - 阪神御影の区間では、16系統との続行運転となることが多い。

沿革

  • 36系統は、現在では石屋川・魚崎の両営業所が共同で担当しているが、担当営業所については若干の変遷がある。当初は現在と同じ石屋川・魚崎の共同担当という形で開業し、長らくこの形態で運行されていたが、2005年4月1日に魚崎営業所が担当から外れ、石屋川営業所が単独で担当するようになった。しかしその後、2008年6月1日から再び魚崎営業所が担当に復帰、さらに2010年4月のダイヤ改正の際には魚崎営業所が単独で担当するように改められ、その後、2016年6月に再び石屋川営業所が担当に戻った。
  • 70年代半ばまでは、御影公会堂前(当時は国道石屋川と称した)から石屋川西側道路を北上して石屋川車庫前を経由後、市道神若線を迂回して六甲口に至るルートで運行されており、当該区間の停留所は(阪神御影→)国道石屋川 - 左美也橋 - 石屋川車庫前 - 国鉄六甲道北口 - 六甲口(→鶴甲団地)だった。
ダイヤおよび停留所
  • 阪神御影 - 中御影 - 御影大手筋 - 御影公会堂前 - 徳井 - 桜口 - JR六甲道 - 六甲口 - 阪急六甲 - 六甲登山口 - 六甲台南口 - 神大文理農学部前 - 神大本部工学部前 - 神大正門前 - 六甲団地前 - 六甲台 - 六甲台北 - 神大発達科学部前 - 鶴甲2丁目 - 鶴甲団地 - 鶴甲3丁目 - 阪急六甲 - JR六甲道 - 阪神御影
  • 阪神御影 - JR六甲道の区間では、1時間に2〜6本の運転で、平日の朝ラッシュ時でも20分程度間隔が開くこともある一方、土曜・休日に平日より多くの本数が運行されている。土曜・休日の一部時間帯を除きパターンダイヤにはなっていない。
  • JR六甲道以北では本数が増加し、平日の7〜10時台には1時間当たり10本前後が運行される。平日は20時台・21時台を除いて3分の1から半数程度がJR六甲道始発となっている。土曜・休日は平日と比較してJR六甲道始発便は少ない。
  • 朝ラッシュ時には大学関係者輸送のための鶴甲2丁目止りが[2]、夜間には鶴甲3丁目止り(鶴甲3到着後は回送となり入庫)が設定されている。かつては夜間も鶴甲2丁目で運行を終了していた。

90系統編集

運行区間
  • 90:石屋川 - 桜口 - 灘区役所前 - 王子動物園前 - 布引 - 三宮 - 税関前 - メリケンパーク - 中突堤 - 中突堤中央ターミナル
概要
90系統は、92系統とともに灘区中央区(三宮)とを、山手幹線を経由して結ぶ路線である。92系統との違いは、中突堤中央ターミナル発着であるのと、石屋川車庫前 - 神前町間で、山手幹線からはずれて徳井会館前、徳井、桜口、琵琶町3丁目を経由する点である[注釈 3]。92系統に比べて本数が圧倒的に少なく、92系統の補完路線である。
沿革
90系統は、1995年7月5日(つまり阪神・淡路大震災直後)に運行を開始した。運行開始当初の運行区間は石屋川車庫前 - 中突堤中央ターミナル間で、桜口ではなく山手幹線を経由していた。2004年5月6日に現在のように石屋川発着となり、また灘区役所の六甲道駅南地区への移転に伴い桜口を経由することとなった。そのあと2018年のダイヤ改正で三宮~中突堤中央ターミナル間において大幅な路線変更が行われ、東遊園地前・税関前・新港町経由となり、元町1丁目・三宮神社を通らなくなった他、市役所前も止まらなくなった。
ダイヤおよび停留所
  • 平日は1時間あたり1〜2本、土曜・休日は1時間あたり1本の運行である。また、最終バスは中突堤中央ターミナルが19時台であり、92系統に比べてかなり早い。

92系統編集

運行区間
  • 92:石屋川車庫前 - 六甲口 - 王子動物園前 - 布引 - 三宮 - 市役所前・元町1丁目
  • 92:石屋川車庫前 - 六甲口 - 王子動物園前 - 布引 - 三宮 - 三宮センター街東口
  • 92:石屋川 - 六甲口 - 王子動物園前 - 布引 - 三宮 - 三宮センター街東口

概要

  • 92系統は、90系統とともに灘区中央区三宮)とを、山手幹線を経由して結ぶ路線である。JR東海道本線阪急神戸線との間を東西に貫くため、鉄道駅との接続は少ない。
  • 92系統は、神戸市電(主に石屋川線)の代替機能も併せ持つ。なお、かつては神戸市電の急行線(バス)を前身とする急行1系統(石屋川 - メリケンパーク)が存在し、王子公園-加納町3では92系統が原田線及びフラワーロードを経由するのに対し、急行1系統は山手幹線(阪急春日野道)を経由していた。92系統の一部が石屋川へ延伸されたのは、急行1系統廃止に伴いバスの走らなくなる石屋川・楠丘町2丁目の停留所をカバーする為である[1]。王子公園-加納町3の山手幹線上のバス停は急行1系統廃止時に代替となる系統が設定されず廃止された。
  • 神戸市が公表している2010年度の路線別経営状況によれば、1日あたりの利用者数は9,741人であり、2007年度の1日あたり利用者数12,258人に比べると減少こそしているものの、なお神戸市バス全路線の中では第3位に入る多さである[注釈 4]。また、運行本数も多く確保されており、2010年度の1日あたり運行本数は248本とこちらも全路線の中でも上位に入る[注釈 5]ほか、黒字路線の1つでもある[注釈 6]。特に利用者の多い区間は六甲口 - 三宮センター街東口であり、水道筋・上筒井等で大きく乗客が入れ替わる。
沿革(91系統含む)
かつては91系統とともに、神戸市中心部を循環運転していた。経路は以下のとおりである。
  • 91:石屋川車庫前(石屋川)→加納町3丁目→湊川公園東口→新開地→元町1丁目→加納町3丁目→石屋川車庫前(石屋川)
  • 92:石屋川車庫前(石屋川)→加納町3丁目→元町1丁目→新開地→湊川公園東口→加納町3丁目→石屋川車庫前(石屋川)
つまり、91系統が山手先回り、92系統が海手先回りであった。
2001年7月7日の地下鉄海岸線の開業に伴い、循環運転部分を廃止し、現在の石屋川車庫前(石屋川) - 三宮神社前・元町1丁目の運行となった。系統番号も92系統に統一された。なお、91系統の循環部分については、後に神戸交通振興により山手線として再び運行されるようになっている。

ダイヤおよび停留所

  • 平日・土曜・休日とも、昼間は1時間あたり8〜9本の高頻度の運行を確保している。ただし、石屋川発着便は1日数本のみである。また、早朝と深夜は、三宮センター街東口折り返しとなる。

106系統編集

運行区間

  • 106:JR六甲道 - 阪急六甲 - 高羽町 - 神大国際文化学部前 - 六甲ケーブル下
  • 106:六甲ケーブル下 - 神大国際文化学部前 - 高羽小学校 - 阪急六甲 - JR六甲道

概要

  • 2016年の4月のダイヤ改正で新設された路線で、今まで市バスの通っていなかった高羽線を経由する路線となった。これは、高羽町住民の要望よりこのルートを通る路線となった。
  • 神戸大学の学生や鶴甲地域の住民の利用が元々大変多い地域であるため輸送力の増強も必要であったため、実質的には16系統の増発になっている。
  • 設定当初、「六甲・まやレジャーきっぷ」での六甲ケーブル下発着バス利用は16系統のみ可能で、106系統は対象外だった。現在は両系統とも利用可能に改められている。
沿革
JR六甲道から阪急六甲までは36系統と同じ路線を進み、阪急六甲から高羽町までは市道高羽線を通り、106系統のみが運行されているが北行きは途中の停留所がない。南行きは高羽小学校がある。
その後、16系統と同じ路線を進み、終点六甲ケーブル下までを運行する。なお、阪急六甲では、北行きが16系統、南行きが36系統と同じ乗降場を使用する。

ダイヤおよび停留所

  • 平日・土曜・休日とも、JR六甲道発で、9~12時台、14~16時台に1時間あたり1本の運行を確保している。また、朝ラッシュ時に臨時便を増発している。

撤退路線編集

2系統編集

100系統編集

102系統編集

103系統編集

旧・17系統編集

JR六甲道 - 桜口 - 三宮駅前 - 阪神前 - 三宮神社
阪神・淡路大震災前に存在した。国道2号を経由し、ほぼ全区間に亘って阪神バス尼崎神戸線と経路が重複していた。

車両編集

以前は三菱自動車(現・三菱ふそうトラック・バス)製で統一されていた関係で、石屋川営業所所属の車両の車両番号は三菱自動車製に割り当てられる000〜299を使用している。現在は、日野自動車製、いすゞ自動車製、三菱ふそうトラック・バス製、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)製の4メーカーがそろっている。

不祥事編集

臨時バスの無断増発編集

石屋川営業所が、魚崎営業所のエリア内で、2008年10月から12月にかけて、無断で臨時バスを増発していたことが、2009年2月28日の各種報道で発覚した。他の営業所の路線で臨時バスを運行する際には、担当営業所からの応援要請が必要になるが、石屋川営業所は、これを受けないまま、1日1〜3本程度、阪神御影駅から六甲ケーブル下駅まで臨時バスを走らせていたという。また、これらの臨時バスを運転していた運転手が、総額約27万円の超過勤務手当を受け取っていた。事態を重視した神戸市交通局は、石屋川営業所の所長(53歳)や副所長(54歳)ら4人を減給、同営業所自動車部長(56歳)を訓戒などの懲戒処分とした。ただ、運転手については、運行管理の直接権限が無いとして、処分対象とはなっていないという[3][4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 阪神電車にも同名の「石屋川車庫」があるが、両者の位置は異なる。なお、かつての神戸市電の「石屋川車庫」は、現在の神戸市バス石屋川営業所の場所に所在した。
  2. ^ 本路線の運用に入る日野・ポンチョは本路線開設にあたって導入されたものであるが、当初は、しばしば同じく小型バスを用いて運行される102系統の運用にも入ることがあった(もちろん担当営業所が共通する場合に限られる)。一方、102系統の運用は2012年まで原則として専用塗装(灘区の花であるマリーゴールドや代表的な施設である王子動物園摩耶ケーブルなどをデザインしたもの)をまとった小型バス(三菱ふそうエアロミディMJ)が運用に就いていたが、このバスは廃車まで26系統の運用に入ることはなかった。
  3. ^ また神前町バス停についても、92系統のバス停が山手幹線上に置かれているのに対し、90系統のバス停は山手幹線から若干離れた所に置かれており、100系統と共有している。
  4. ^ 2010年度に92系統よりも1日あたり利用者数が多かった路線は、石屋川営業所と中央営業所が担当する2系統(17,237人、第1位)と、中央営業所と松原営業所が担当する7系統(11,170人、第2位)の2路線である。
  5. ^ 前掲「平成22年度路線別経営状況[2]」によれば、1日あたり248本という本数は、1位の2系統(370本)、2位の16系統(290本)、3位の急行64系統(258本)に次ぐ4位である。
  6. ^ 前掲「平成22年度路線別経営状況[2]」によれば、2010年度の営業係数は94、収支差は3,600万円のプラスであった。

出典編集

  1. ^ これにより石屋川車庫-阪急王子公園で急行1系統が通過していた停留所と両停留所の間を210円(2014年現在の運賃)で利用可能になった。それ以前は石屋川車庫での乗換えが必要で、400円(廃止当時の運賃200円×2乗車分。乗継割引は存在しなかった)であった。
  2. ^ a b 神戸市交通局 平成22年度路線別経営状況 (PDF)
  3. ^ “管轄外路線に無断で臨時市バス、営業所長ら処分 神戸”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年2月28日). オリジナルの2009年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090309061648/http://www.asahi.com/national/update/0228/OSK200902280058.html 2009年2月28日閲覧。 
  4. ^ “超勤手当欲しさ?臨時バス無断増発、客1人でも…神戸市”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年2月28日). オリジナルの2013年8月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/imtRd 2009年2月28日閲覧。